« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月29日 (火)

産直ごはんがおいしい!みんなの梅干し交流会

11月23日(月)パルシステム連合会 東新宿事務所にて開催された、みんなの梅干し、産直ごはんといっしょに味わおう!「梅干し交流会」に遊びに行ってきました。

梅干し好きなら、手作りしていない方でも大歓迎!ということで、梅干しをつけて数十年の大ベテランから、初心者、そして未経験者まで参加しており、さらに、パルシステムの配送センターで梅干し作りにチャレンジしている職員も参加していました。

Dscf4417_4 配送センターの職員の方々の梅干し&エピソードですnote

グループに分かれて手作り梅干しの紹介eye

Dscf4419_2 中) JAささかみ(新潟)の高橋さん 

右) NPO法人小田原食と緑の交流推進協議会の齋藤さん

    5年前までパルシステム神奈川ゆめコープの理事長をされていました

自分で漬けた梅干しを持ち寄り、味見をしながら、手作り梅干しへの思いを語り合い、より良い梅干しを作るために工夫をしていることなどをお聞きしたり、生産者からのアドバイスを頂いたりしました。

Dscf4420_2 昼食を兼ねて、産直ごはん(JAささかみの「新潟こしひかり」)とともに、参加者の手作り梅干し、豚汁、ジョイファーム小田原のみかんを味わいましたriceball

Dscf4422_2 平成27年産のささかみのこしひかりは台風15号typhoonの影響により、心白粒(しんぱくりゅう)・シラタが多く混入し著しく品質が低下し、平年であれば1等米比率が90%を超える地域ですが、今年産は3等米が7割を占める見込みで、収量も6割程度と大幅に減りましたdownwardright

しかし、食味自体は26年産米とほとんど変わりません。官能検査では昨年より美味しいという結果も出ていますupwardright

Dscf4423_2

Dscf4424 ささかみの農家が1年間手塩にかけ、夏の暑さと強風に耐えて育ったこしひかりは、本当に美味しかったですsign03

Dscf4427_2 産地賞を受賞されたパルシステム神奈川ゆめコープ組合員の 林弘之さん

きれいな赤い色を出すために工夫・努力されています。

そのためには、梅としそをサンドイッチのように交互にして漬け込むと良いそうです。

Dscf4428_2 産地賞を受賞されたパルシステム埼玉の方の梅干しです。

真っ赤ではなく、淡い色ですが、とてもふっくらとツヤツヤしていますheart01

私もこのようにふっくらとした梅干しができると良いのですが・・・・・・catface

なかなか思うようにはできませんwobbly

Dscf4425 最後は全員で記念撮影です。

来年は、時期を逃さないように梅仕事頑張りま~すsweat01

 

2015年12月25日 (金)

石けんってすごい!!

2015.12.21に『今からでも間に合うエコ大掃除』の企画をPLAの講師の方をお呼びして行いましたwink年の瀬の忙しい時期にもかかわらず、多くの方が応募してくださりり、企画側としてはとっっても嬉しかったです。

みなさんも私も、石けんをはじめ、環境にもお財布にも身体にも優しい商品を使ったお掃除術にくぎ付けsign01

2015jpg

笑顔が素敵なPLAの谷口 彩さんheart01↓素晴らしいお話をありがとうございました

201512

茶渋落とし↓

20151221 茶渋のこびりついたコップに酸素系漂白剤と熱いお湯を入れると、泡がブクブクと・・・しばらく待つと、あらまあ!ビックリ!綺麗になってる~~up

そして、お土産用に作った『とろとろ石けん』を家に帰って早速使ってみましたよ。けっこう油汚れがついていた魚焼きグリルや焼肉をした後のホットプレートにとろとろ石けんを入れてしばらく置いて・・・するとすると、そんなに必死にこすらなくても綺麗に!!これまたビックリ嬉しいupもちろん、ふつうに食器洗いにも使っています。汚れはきちんと落ちて洗いあがりもさっぱり!今まで、石けんでは汚れが落ちないと勝手に思い込んでいましたが、正しい使い方を知って実践すると、間違ってたなあと・・・思い込みってこわい(笑)

お風呂やキッチンの水あかには、クエン酸水、匂い消しに重層・・・と、エコなお掃除が楽しくって楽しくって、はまってしまいましたhappy02

もっといろいろ学んで使いこなせるようになりたいなheart04

試食のクリスマス商品↓

20151221_2

2015年12月21日 (月)

かもめ 1月号

Yokohamaminami

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart

アクセスランキング