« はまきた夢通信 2月号 | メイン | 🍊梅の里センターにて🍊 みかんジャム作り »

2017年1月24日 (火)

『フェアトレードって?「ノクシカタ刺しゅうカフェ」』開催しました。

1月24日(火)横浜北センターにおいて、青葉地区くらぶ「まんぷく」主催、
NGO法人シャプラニールより講師をお招きし、「ノクシカタ刺しゅうカフェ」を開催しました。
応募もたくさんいただき、落選の方もでるほど、当日は10名の参加で、みんなで輪になり、
ちくちく、たのしいひとときを過ごしました。

Img_2429

シャプラニールは「睡蓮の家」を意味する日本の中でも歴史ある、NGO団体です。
バングラデシュでは、児童労働のない社会づくり、子どもたちのための支援センターの開設・運営。
ネパールでは、災害に強い地域づくり、
フェアトレードを通じた「共生」できる社会づくりを目指す「クラフトリンク」を中心に活動されています。
現地の画像を交えながらのバングラデシュの児童労働の問題(東アジアでは2位、約500万人)や、
女性の貧困、就労への課題などについて学び、深く考えせられました。

Img_2434

「ノクシカタ」はバングラデシュの伝統工芸。
母から娘へ受け継がれる大切な文化です。
ほんものは、ほんとうに美しく、一針、一針、思いが伝わってくるようでした。

Img_2435

当日は、「魚」か「花」の二種類から選べるように。
わたしは、子孫繁栄の意味がある「魚」を選びました。(ノクシカタのモチーフにはすべて意味があるんですって!)
シャプラニールの「ノクシカタ刺しゅう体験キット コースター」を使って、糸も、日本の刺しゅう糸とはまた
違って、細くて光沢があり、長い1本を2本取りで使用していきます。
へたくそだけれど、ちくちく針を刺す時間は、子育て真っ最中の私にとっては、貴重な時間!ww
無心で取り組みました。・・・といっても、ちいさなお花のモチーフを刺すのに20分・・・
完成するのか・・・この先途方もなく時間がかかりそうですが、自宅に持ち帰り、
続きを楽しみながら、完成させようと思っています。

Img_2433_2

試食は、パルシステムのカタログから、すべてフェアトレードの商品で。
オーガニック&フェアトレード ダージリンティ、フェアトレードのクッキー3種類、
「こだわり酵母パン」と「蒸しエコじゃがいも」に、パレスチナのエキストラバージンオリーブオイル&
ゲランドの塩を混ぜたものをつけていただきました。
とってもおいしく、大好評でした。

Img_2438

参加者の方からは「ファストファッションも安くて魅力的だけど、値段が高くても心を込めて作られたものを
身に着けていきたい」「いままで意識したことがなかったけれど、生活の中にも、フェアトレードのものを
とりいれたい」など、うれしい声をいただきました。

パルシステムでも、ネット注文されている方は「フェアトレード」のコーナーから、
毎週いろいろな商品を買い求めることができます。
現地の女性の「想い」がぎゅっと、詰まった、かわいらしい小物もたくさん。
わたしも毎週必ずチェックして、毎週とってもとっても楽しみにしてほど。
ぜひぜひ、皆さんもご覧になってみてください。

エシカルなくらし、わたしたちにできること、ちいさなことからはじめてみませんか?


【青葉地区くらぶ まんぷく 大平奈々】

Img_2437

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/496203/34031760

『フェアトレードって?「ノクシカタ刺しゅうカフェ」』開催しました。を参照しているブログ:

コメント

ノクシカタ の模様や色づかいからバングラデシュの空気感が伝わってきます🇧🇩 またいい企画、楽しみにしています。

コメントを投稿

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart