« 2018年12月 | メイン | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月29日 (火)

「その時の自分に合った生きがい」を見つけてみませんか

1月28日(火)中央林間のポラリスで、「熟年時代をいきいき過ごすには」講座を開催しました。

P1291574_3

講師は神奈川ゆめコープが行う子どもの甲状腺エコー検診にも協力されている、

さがみ医療生協内科部長の牛山元美先生です。

医療生協がお勧めする健康的な生活習慣を教えていただきました。

4

加齢とともに心配が増す動脈硬化やガン、そして認知症まで・・down

でも怖がっていても仕方がないので自分の身体の声を聴きながら、無理はせず、

「人生は必ず死亡率100%」と割り切って

生きがいを見つけて毎日を過ごした方が免疫力も上がってきそうですョup

食・運動・心のもち方がいきいき生活のポイントなんですね。

Photo_5

3日坊主にならず、私にもできそうな健康体操もいくつか教えていただきました。

「アー・イー・ウー・ベー」と口の形を変えてゆき、ベーで舌を突き出して下に伸ばしますbleah

これならテレビを見ながらできそうtv

そしてロコモ予防になりそうなのは、両足を肩幅くらいに開いて立ち

爪先立ちをして、かかとをストンとおろす、これを20~30回ぐらい。

キッチンでお魚を焼いたり、お鍋を温めている一寸の間にできそうです。

notes「生きがいがある」ということは、人生を楽しんでいることnotes

高齢者になる前から生きがいをみつけ、趣味をいくつかもつことがおススメだそうです。

県央エリアとくらぶでは、楽しく、、日々の生活に役立つ企画を催しています。

関心をもたれたらぜひ参加して、新しいことを始める一歩にしてみませんか。

生きがいの一つが見つかるかもしれませんshine

2019年1月24日 (木)

「1月くらぶミーティング」大和地区くらぶ にこにこキッチン


年が明けて、2019年最初のくらぶミーティングを大和センターにて行いました😃


今日は色画用紙での工作となります✂️


製作したのは
*ハートのバッグ
*ランチョンマット
です。


くらぶメンバーの子どもが幼稚園でモンテッソーリ教育を学んでいて、毎日のように折り紙や紙工作の持ち帰りが とても多く、こんなに子どもがハマるくらい面白いのだったら親も作ってみたら?と思いたち実践してみました〜😊



まずは「ハートのバッグ」❤️




こちらは将棋の藤井聡太さんが幼少の頃に夢中になって作られていたそうです。

配色を考えたり、編み込む細かい作業を指先で組み合わせたり、集中力や感覚が鍛えられるそうです✨


そして、作り上げた時の達成感!
自信にもつながります✨





私たちも頑張ってみました❗️

ランチョンマット〜🍽





うん、なかなか難しい…😅
でも、面白い〜!ハマる〜!


実践してみると、子供たちの気持ちがわかってきました😃



普段仕事や家事におわれ、なかなか話を聞き流しちゃうって事が多くなった我が家…。
作品を見てあげてるつもりでも、流し見していたかもなぁと振り返り反省する機会でした😢


子ども目線って大切ですね🍀


製作途中のまま 紙の材料は持ち帰り、家に帰ってから早速子どもと一緒にランチョンマット仕上げました🎵
幼稚園の思い出話や、学校の出来事など、たくさん おしゃべりしながら🎵


製作を提案してくれた くらぶメンバーありがとう💕



1月くらぶミーティングの風景でした🍀












2019年1月 7日 (月)

yyわーるど 1月号

Kenou PDF版はこちらyyworld_201901.pdf

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart