« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

今年も挑戦!平塚エリア手作り味噌は、もうすぐ天地返し…

こんにちは 木こりの女房です。

今年も平塚エリア経営会議は手作り味噌に挑戦しています。もうすぐ梅雨入り、天地返しの時期が迫ってきました。そんな今頃になっての、冬の仕込みのレポートです。遅くなってすみませんbearing

平塚エリアでは、今年1月30日に手作り味噌の仕込みをしました。昨年に引き続き、2年目の挑戦です。材料の大豆は、昨年と同じ、交流産地である宮城県「JAみどりの」の大豆(1kg)を使いました。今年は、「種みそ」に昨年のエリア手作り味噌を使って、ますます手作り感がアップ!

今年もパルシステムのレシピの通りに作っていきます。

1.大豆を戻して煮る

実は、いちばん時間がかかるのは、前の晩から大豆を水に浸して戻してから、柔らかくなるまで煮るところ。ここは、平塚センター長・センターの職員さんにお願いしました。メンバーが平塚センターに到着した頃には、調理場からは、朝から茹で始めた大豆のいい匂いが漂っていました。もう少し柔らかくなるまで、エリア活動の打合せを済ませて…さて、いよいよ仕込み作業です。

2.大豆をつぶす

前回かなり時間がかかってしまった、茹でた大豆をつぶす作業。今回は、フードプロセッサーに加えてブレンダーも使い、機械化が進みました。かなり時間短縮になりましたよ(^^)。機械でつぶしきれなかったところはマッシャーで仕上げました。

201312201401_018_240x180

3.まぜて丸めて詰める

塩と麹を混ぜあわせたところへ、大豆と種みそを加えてよく混ぜ合わせます。材料を混ぜていくうちに、「煮大豆」の匂いが次第に「味噌」の匂いに変わっていくんですね。ああ、美味しそう♪

201312201401_019_240x180

201312201401_021_240x180

空気がしっかり抜けるよう、これを丸めて「味噌玉」にして、容器に詰めてしっかりと空気を抜いていきます。味噌のおにぎりを丸めてはつぶし、丸めてはつぶし…この作業はなんだか楽しい(^^)

201312201401_022_240x180

 201312201401_024_240x180

201312201401_027_240x180

2年目でもあり、今年すでに家で手作り味噌を仕込んだメンバーもいて、迷わずサクサク作業はすすみました。気持ちにも時間にも余裕があるせいか、おしゃべりもはずみ、楽しく仕込みをすることができましたよ。

201312201401_031_240x180

味噌の上に重しの塩袋をのせ、容器を密閉して仕込み完了。ここからは、平塚センターの倉庫の片隅で麹くんが頑張って発酵をすすめてくれるはずです。

201312201401_032_240x180

201312201401_033_240x180

まもなく、天地返し。どうなっているのか、ドキドキわくわくです。

201312201401_038_240x180

仕込んだ味噌は、エリアの調理企画で皆さんにもご紹介したいと思います。秋の仕上がりを、お楽しみに(^^)

201312201401_040_240x180

2014年5月26日 (月)

はあと to はあと 5月26日発行

Hiratukajpg

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart