« 2015年7月 | メイン | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月24日 (月)

はあと to はあと 8月24日発行

544hiratuka

2015年8月 9日 (日)

小田原交流☆ブルーベリー収穫体験!

8月8日(土)に、ジョイファーム小田原交流企画のブルーベリー収穫体験に行ってきましたhappy01

ブルーベリー大好きheart04virgoを連れて、初めての収穫体験ですshine

当日はお天気に恵まれて?ちょうど良い曇り空cloud。でも気温は高くムシムシして暑い!sweat01

始めに、ジョイファーム小田原の集荷センターで説明などを聞きました。

この時初めて知ったのですが、ブルーベリーにも種類があるということcoldsweats01

ブルーベリー畑には、ちょっと黒っぽい「ホームベル」と、

ブルームと呼ばれる白い粉が付いている「ティフブルー」の2種類が植えてあるそうです。

P1030952 畑に移動して、最初の15分間は”援農”として摘み取り作業をします。

収穫したブルーベリーはジャムになるとのこと。頑張りますheart01

P1030938 白い実や赤い実も混じっています。これはまだ熟していないので、木に残します。

ばっちり青くなっているもののみ収穫しますnote

P1030939 木の背丈が高く、子供の背よりもずっと高いですup

完璧に隠れてしまってますdownwardright「かくれんぼできそう~」と言ってはしゃいでましたcoldsweats01

P1030946 2種類のブルーベリーの樹はランダムに植えてあり、種類が違っても受粉するそうです。

植えて2年目くらいから収穫できるようで、約10年ほどは実がなるそうです。

P1030942 ティフブルーの実。甘酸っぱくてとても美味しかったですlovely

さて、15分の援農で収穫できた実は、これだけ・・・downwardleftsweat02

P1030943 大体300グラム位でしょうか。

木が生い茂っているのと、実を選別してつぶさないように収穫する作業は

意外と時間がかかりました。畑の周りに鳥よけネットが張られているのですが、

虫は入ってくるので蚊もいるし、暑いし、結構大変でしたsweat01

普段の収穫作業は1日約八時間、7月から8月くらいまで毎日行うそうです。

1日に一人当たり15㎏ほど収穫し、4~5人で作業します。

この日は曇り空だったので、暑さはまだマシでしたが、ピカピカの晴天だと倒れそうですwobbly

農薬を削減しているため、虫との戦いでもあります。

ネットでは虫対策にならないため、春先に幼虫を目視確認して手で捕殺していくそうです。

安心安全な食べ物には、地道に努力してくださる生産者の方々がいるのですねshine

本当にありがたいですshine

小田原交流の回数を重ねるたびに、生産者のこだわりや努力を知ることが出来て

とっても勉強になりますhappy01

畑から出荷センターに帰ると、ジョイファーム小田原の長谷川社長の奥様からの

”ブルーベリーババロア”の差し入れが!happy02とっても美味しかったですnote

レシピをいただいたので、家でも作ってみようと思います。

P1030951 この後、クイズなどのイベントがあり、子どもも楽しんで参加することができました。

(残念ながらクイズの景品は当たりませんでしたがsweat02

お持ち帰り用のブルーベリーを収穫して、特別価格にて購入することもできるので、

大量に収穫して持ち帰っている方もいらっしゃいました。

観光農園の収穫体験とは少し違いますが、生産者の大変さも実感することができるので

子どもの夏休みの宿題にも良いな~と思いましたflair

また来年も参加したいと思いますhappy01

2015年8月 8日 (土)

みかんの摘果に参加しました~小田原交流果樹の学校~

8月2日(日)に「小田原果樹の学校みかんコース」のみかんの摘果・ジュース作り体験に参加してきましたhappy01

みかんはいっぱい実がつくので、ある程度の実を落とす(摘果する)必要があるそうですapple

摘果で実を落としすぎると実が大玉になりすぎてしまい、

残す実が多すぎると実1個当たりにいく養分が少なくなってしまうそうです。

疲れている木は余計にもぐなど、木の状態を見ながら摘果するそうです。

Img_0256 絞りたてのジュースを参加者全員で味見しました。

Img_0262 味見の感想は、「にがい」「すっぱい」「香りがいい」「なんとか飲める」などでした。
緑色のみかんだからやはり酸味が強かったですclover

体験に入る前にハチや蚊が多いから気をつけるようにと注意がありました。

蚊が本当に多かったので、蚊取り線香は必須ですsign03

携行したり木にかけたり地面に置いたりして使うようです。

木をゆすると、ハチがいた場合よけていくから

摘果前に木をゆするようにと教わりました。

Img_0266

5月にはまだ花が咲いていた畑の入口付近のキウイがなんとこんなに大きくなっていました!

出荷できる大きさの8割程度まで育っているようです。

Img_0267

同じく前回は白くてかわいい花が咲いていたレモンにも緑色の実がなっていましたclover 

Img_0299

小さなオレンジ色の実が地面にいくつも落ちていたのですが、これは自然落下したものだそうです。

Img_0268

Img_0269 みかんの木が自分で実を落とすというのがなんか不思議です。

摘果体験の場所に到着後、摘果作業についてのやり方を教えてもらいました。

早生みかんは葉っぱ25枚に対し1個ならせるそうです。

ribbonポイントribbon

①小さいのを落として大きいのを残す

②傷のあるのを落として枯れ枝も落とす

枯れ枝は黒点病のもとになるためとってくださいと言われました。

下の画像が黒点病のみかんです。

黒い点がたくさんあるのが見えますか?

Img_0271
エカキムシという虫が食べた葉っぱもありましたart

Img_0273 エカキムシは葉の中を通るそうで、通った後はまるで絵を描いたみたいですcoldsweats01

アゲハチョウがひらひらと飛んでいて「わあ!ちょうちょだ!」と子どもたちは喜んだのですが、
「アゲハの幼虫がみかんの葉っぱを食べるんだよ」と言われて、

「きれいだけどみかんにとっては害虫なんだねdespair」という言葉が出ました。

また、みかんの木がクモの巣だらけだったので、「なんでこんなにクモの巣が多いんですか?」

と生産者の石井さんに聞いてみました。

「害虫が多いからクモの巣も多い。害虫がいなければきっとクモもいない畑になるよ」と言われ、

 石井さん宅では農薬をほとんど使用しないため、害虫も含めて生き物が多いのかなと思いました。


摘果前のみかんはこんな風に鈴なりになっています。

Img_0280 摘果する際のコツですが、みかんの実はてこの原理を使うとぽこっととれるそうです。
てこの原理の話を聞く前は必死に引っ張って取っていたのですがなかなかとれず、

てこの原理を使ったら面白いようにぽこっととれたので驚きましたcoldsweats02

Img_0283
低いところの実を取ったり…

Img_0284 脚立にのぼって高いところの実を取ったり…

Img_0285 みんなで頑張って摘果しました。
協力して2本分の摘果作業をしましたが、みんな蚊に狙われながら汗だくになりましたsweat01

Img_0286

 入れ物にたくさんの摘果みかんが取れました!

Img_0289

 

生産者の石井さんが摘果した木はこちらですeye

さすがプロの技sign03すっきりとしていますflair

Img_0293 摘果前の木はこれです↓

実がた~くさんなっていますcherry

今年はみかんのなり年だそうです。

Img_0295 落とした実はこのくらいでした↓

Img_0294 地面にはころころとたくさんの実が落ちていました。


摘果したみかんを冷たい井戸水で洗いましたtyphoon

小さくてまるくてスーパーボールみたいです。

Img_0301 

Img_0302 洗った摘果みかんをカットします。
半分にカットするよりも十字に切れ込みを入れた方が果汁を搾りやすいそうですrock

Img_0306

Img_0323 ジューサーにカットした摘果みかんを入れて搾ります。

皮と一緒に絞るから香りがよくておいしくなるそうです。
写真のジューサーはなんと40年もの!長く大切に使われてきたんですね。

Img_0305

Img_0316 小さい子も体重をかけて頑張りますdownwardright

Img_0319 緑色のみかんから出てくる果汁はきれいな黄色でしたfullmoon

Img_0322
摘果みかん1キロで約500mlのジュースができるそうですwine

Img_0337

石井さんの奥様が摘果みかんジュースを使って作ったシャーベットを振舞ってくれましたpresent

子どもたちは「おいしいsign03おいしいhappy01」と大喜びで、あっという間に平らげてしまいましたdelicious

Img_0326 大好評だったので、奥様からおかわりをもらいましたheart01

Img_0327
摘果みかんジュースを牛乳で割ると、ラッシーや飲むヨーグルトのようになりますcapricornus

こちらも子どもたちには好評でしたhappy02

Img_0340

 

糖度計で摘果みかんの糖度もはかってみましたsun

オレンジ色っぽい方は7%、黄色っぽい方は6%でした。

Img_0321

Img_0343 

摘果みかんを搾り続けていたら手がすべすべになりましたshine

Img_0338
しぼったみかんは畑にまいて肥料にするそうです。

大きなバケツで1.5杯分の搾りかすが出ました。

Img_0328

Img_0329

 9月いっぱいまで暑いと甘みが蓄積されてみかんはおいしくなるそうですdelicious

 このままの天気ならおいしいみかんになりそうですね!

 収穫前に雨が降ると、木が水分を吸ってしまって薄い味のみかんになるそうです。

 

摘果・ジュース作り体験はあわせて2時間の体験でしたが、

暑い中での摘果作業はとても大変でした。

石井さんのところでは摘果したみかんが1トン位になることもあるようです。

手作業で広大なみかん畑の摘果作業を行うのは、果てしない作業に思えます。

おいしいみかんができるまでには生産者の方の絶え間ない努力があるのだと改めて感じました。

 

 

ジョイファーム小田原では、摘果みかんをしぼってジュースにしていますwine

ちなみに数量限定ですが、オンラインパルの産直いきいきショップで、

「緑(あお)みかんシロップ」という名前で販売していますheart04

みなさまも機会があればぜひご賞味くださいhappy02

摘果みかんジュースの作り方とポン酢の作り方を載せておきますheart01

摘果みかんが手に入った方はぜひ作ってみて下さいね。

Img_0252 

 今後もみかんの収穫など、ジョイファーム小田原との産地交流は続きます。

産地の魅力や生産者のお話などを伝えていこうと思っていますので、よろしくお願いします。

以上、もっちーでしたnote

 

 

小田原の総会に参加しました

2015年6月21日(日)に梅の里センター2F大会議室にて、

第14回小田原食と緑の交流推進協議会 総会

ならびに第11回NPO法人小田原食とみどり総会が開催されましたclub

報告が遅くなりすみませんsweat01

 

今年度平塚エリアはジョイファーム小田原と産地交流をしているということで、

小田原食と緑の交流推進協議会総会にもっちーとひまわりが参加してきました。

Img_0203 

Img_0205 

小田原食と緑の交流推進協議会総会とNPO法人小田原食とみどり総会のあとに

東京大学大学院農学生命科学研究科教授である鈴木宣弘(すずきのぶひろ)氏による講演会

「TPPと農協改革」も開催されました。

Img_0208
会場後方に[果樹の学校][たんぼの学校][はたけの学校][ハーブの学校]の報告書が展示してありましたhappy01

個性豊かでどれも読み応えがありましたlovely

Img_0191 

Img_0192

Img_0194

Img_0196

Img_0197


ジョイファーム小田原とパルシステム神奈川ゆめコープのつながりを感じられました。

小田原も平塚エリアですし、これからも深くかかわっていきたいと思っています。

今後の果樹の学校の参加報告もお楽しみに!

以上もっちーでした。

 


             

総代会に出席しました

6月16日(火)に横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズにて第16回通常総代会が開催されました。

議案は第1号議案から第9号議案まであり、全議案が承認されました。

2015年度は戦後70年であり、パルシステム神奈川ゆめコープの平和についての取組みが紹介されました。

総代になるとパルシステム神奈川ゆめコープがどのようなことに取り組んでいるのかがよりわかるようになります。

もし総代についてご興味をお持ちいただけたなら、ぜひ立候補してみて下さい。

8月31日まで立候補を受付中です!

以上もっちーでした。

Img_0178

Img_0179

Img_0180

Img_0181

                 

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart