Feed

2017年2月 8日 (水)

「みそ作り&パルシステム商品試食会」を開催しました!

1月24日(火)に平塚市中央公民館調理室にて、秦野地区くらぶなんてん主催「みそ作り&パルシステム商品試食会」を開催しましたcherry

参加者にはみそ作りの一連の流れを体験してもらいました。

Img_5393

まず、前日から吸水させていた大豆を、圧力鍋でやわらかく煮ましたtulip

使用した大豆とこうじは、JAみどりの(宮城県)のものですclover

鍋で3時間~5時間くらいコトコト煮てもよいのですが、

今回は時短のために圧力鍋を使用しましたapple

※圧力鍋で煮る場合は、圧を抜くところに大豆の皮などが詰まると危険なので要注意thunder

こちらは吸水させた大豆(煮る前)ですdown

Img_5397_2 

寒い日だったので、圧力鍋から出る蒸気がとても白いですcloud

Img_5403

大豆が冷めるとつぶしにくくなるので、熱いうちにつぶしますrock

Img_5398_2

ブレンダーやフードプロセッサーでつぶしたり、

Img_5408

マッシャーなどでつぶしたりして、ペースト状にしますpaper

Img_5409_2

次にこうじと塩を混ぜますpaper

両手で下からすくい上げながら、かたまりがなくなるまですり合わせるようにしてよく混ぜますribbon

Img_5415

Img_5422

塩とこうじがよく混ざりましたnote

こうじの香りが独特なので、「ちょっと苦手…」という方もいらっしゃいました。

それから先ほどのこうじと塩に大豆と種みそを混ぜますtyphoon

Img_5428_2 今回の種みそには、昨年平塚エリア経営会議の企画で作ったみそを使用しましたpresent

小指がスッと入るくらいのやわらかさになるまで、よく混ぜ合わせます。

「手ざわりがいい」「みそのいい香り」との声がcherry

Img_5429

手分けしてよく混ぜますheart02

こうじだけだと「この香りはちょっと…crying」という方が数人いましたが、

大豆と混ざるとあら不思議!こうじの香りが全然気にならなくなりますheart04

色も香りもこの段階で結構みそっぽいですhappy01

混ぜたものをおにぎり大に丸めてだんご状のみそ玉にし、

容器に詰めて上から手のひらや甲で押してしっかり空気を抜きますrock

Img_5435_2

グッ!グッ!グッ!shine

Img_5438

Img_5441

表面を平らにして塩を1~2つまみ程度ふり、

容器の内側とふちをアルコールでキレイに拭いてから、

空気に触れないようぴったりとラップを密着させますpisces

Img_5444_2

重石の塩袋をのせて、封をしますsleepy

新聞紙などで上から覆い、ひもでしばり、冷暗所で保管しますmist

今回作ったみそは、平塚センターで保管してもらいますconfident

Img_5445

 

みそ作りのあとは、昨年作ったみそを使ってけんちん汁を作り、

簡単調理やそのままで食べられるパルシステムのPB商品を試食しましたhappy01

Img_5423_2 

Img_5424

Img_5447

Img_5448

「楽しかった」「とても楽しくおいしくいただきました」

「今まで食べたことがなかった商品が試食できて良かった」

と参加者からは好評でしたribbon

また、雑談をしながらお口の健口(けんこう)体操である「あいうべ体操」も行いましたheart

「顔が筋肉痛になりそう」「小顔効果があるなら子どもとやってみようかな」とこちらも盛り上がりましたhappy01

お口を動かしながら、楽しく歯やだ液の大切さも学ぶことができましたdelicious

「みそ作りをやってみたいけど難しそう」「なかなか作る機会がない」という方にも

楽しくみそ作りを体験してもらうことができてよかったです。

今回仕込んだので、次は梅雨あけの天地返しですrainおいしいみそができるといいなnote

以上もっちーでした。

2016年6月18日 (土)

小田原果樹の学校~バレンシアオレンジの収穫~

6月12日(日)に、小田原果樹の学校(みかん)の2回目、バレンシアオレンジの収穫が行われました。平塚エリアから2人が参加したので、レポートします。

☆☆☆☆☆

お天気にも恵まれ清々しい梅雨の晴れ間にお邪魔した石井さんのお宅では、 パルシステム宮城への十郎梅の出荷準備で梅の選定・袋詰めとお忙しい中、バレンシアオレンジの収穫体験をさせて頂きました。

P6122526_small

P6122534

たわわに実ったバレンシアオレンジを、石井さんの説明を受けながら、参加した4家族(大人6人子供5人)で収穫開始。 約1時間で10ケース(約220kg)のバレンシアオレンジが収穫できました。

P6122525_small

収穫後は選定をして、傷みや虫がついてしまい残念ながら出荷できないバレンシアオレンジを試食させて頂きました。 見た目は少し悪くても中身は程よい酸味と甘みでとても美味しく、子どもたちも石井さんの奥様が切ってくれるオレンジを「美味しい、美味しい」と次から次へとたくさん食べていました。

糖度計でオレンジの糖度を測って糖度を確認したり、お土産用のオレンジを箱へ分けたりと、子どもたちも仲良く楽しそうに作業をしていたのがとても印象的でした。

P6122551

オレンジをたくさん頂いた後に、石井さんの奥様が作った真竹の煮物をご馳走になりました。こちらもとても美味しく 皆でパクパク食べてしまいあっという間になくなってしまいました。もう少し食べたかったです(笑)

最後に集合写真を撮り活動を終了しました。

お忙しい中、石井さんご夫妻には私達を温かく迎えて下さり農業についての貴重なお話を聞かせて頂けたこと、そして 短い時間でしたが親子でバレンシアオレンジの収穫体験ができたこと、本当に楽しい時間を過ごせました。 またぜひ参加させて頂きます。ありがとうございました。(陽)

☆☆☆☆☆

バレンシアオレンジ収穫に、初参加しました。とても天気が良くて、収穫日和でした。

4家族ではさみと収穫かごを持ち、高い所から奥まで、全部収穫です。くもの巣の奥にオレンジあったり、高い所は脚立に乗っての作業です(脚立に乗りたくて、子どもたちが、順番待ちでした)。高い所から低い所まで、全部収穫するのに、汗だくになりながら、大変でした。収穫の大変さが良くわかりました。オレンジを食べるときは、収穫してくださった生産者さんに、感謝しながらいただきます。(水)

P6122567_small

小田原果樹の学校~果樹栽培について学びました~

5月27日(金)に、「小田原果樹の学校(みかん)」を体験してきました。

今年もエリアを受け入れてくださる生産者は石井毅さん。

第1回の今回は、みかんの花見の予定でしたが・・・実施の確認のため事前に電話連絡すると「今年は花が早くて、もうだいたい散ってしまったんだよね」と少し困った様子。「でも、他のこと考えておくから大丈夫!」と言ってくださり、安心していたのですが、なんと当日は雨。

石井さんのお宅に着くと、作業場に出てあれこれ農機具を並べながら、石井さんが出迎えてくださいました。「こんな天気だからね、今日は道具の話でもしようかと思って。」

Dscf2281

一緒に行った私の主人は林業現場作業員なので、石井さんが使っているチェーンソーに真っ先に気づいて、集合前のしばらく、二人はチェーンソーの目立て(刃を研ぐこと)の上手な方法について熱心に話していました(笑)。

Dscf2282

チェーンソーや刈り払い機は何種類も使っておられます。例えば、円盤型の刃で草を刈る刈り払い機は、金属製の刃のほうが切れ味は良いけれど、みかんなどの木の幹の近くや石があるような場所では、木の幹を傷つけたり石にあたって刃が欠けてしまったりするので、ナイロンコードがついていてからめて切るタイプの刃を使うなど、同じ道具でも状況によって使い分けしているそうです。

機械や道具は、刃物が多いですが、なかでも果樹栽培では、倒木や老木を切り倒して処分するなどのため、大きな枝や幹を処理するための移動式の「チッパー」という機械を使っています。これは、木の枝や幹を粉砕する(チップにする)機械で、木のシュレッダーというイメージ。木を粉砕してしまうのですから、相当なパワーと強力な刃(裁断機)をもつ機械です。なんと石井さんは5年ほど前に、作業ミスでこのチッパーに片手を巻き込まれ、ドクターヘリで搬送される大怪我を負ってしまったそうです。そのときのお話を聞かせてくださり、農作業の危険、大変さを学びました。

Dscf2284

キウイの授粉に使う花粉の噴射機、なるほど、そういう道具もあるんですね。これがなければひとつひとつ手で花粉をつけていかなければならず、噴射機はとても便利だそうです。

Dscf2287

そうこうするうち、幸い雨も止んできたので、後半は果樹園を見学しました。みかんの花はほとんど終わっていましたが、そこに小さい実が育ち始めている様子がわかりました。

Dscf2290

Dscf2288

キウイ、みかん、バレンシアオレンジ、レモンなど様々な柑橘があり、また、みかんも何種類もの品種を栽培しておられます。みかんは接ぎ木で育てることについて、実際に木のどのあたりでどのように接ぎ木しているのかを見せていただきました。ひとつの台木に違う2種類を接ぎ木してあるものもあり、驚きました。

Dscf2302

無農薬や低農薬で栽培していると、除草剤が使えないため、下草刈りの作業が非常にたいへんで負担になるわけですが、とくに夏場に草が高く茂ってしまうと、育て始めていた小さく細い苗をうっかり雑草と一緒に刈り払い機で切ってしまうといったミスもよくあるそうです。

イノシシ、猿、うさぎ、ハクビシンといった害獣やカミキリムシなどの害虫、台風や気候変動、病気など様々な障害と日々闘うことは大変なご苦労と思います。また、私たち消費者からは安心・安全のみならず糖度保証など品質面でもいろいろな要求が厳しくなる一方です。そんななか、果樹栽培を愛し、楽しく前向きに取り組んでおられる様子に敬服いたしました。

Dscf2296

Dscf2297

Dscf2303

見学を終えると、石井さんの奥様がとても美味しい自家製の梅ジュースを用意してくださっていました。6月に平塚エリアの地区くらぶ合同ミーティングで行う「梅しごと」の梅も、石井さんの農園から出荷してくださると知り、嬉しかったなあ。石井さんの奥様が、昨年私たちが「できれば梅しごとをエリアの企画でやりたいけれど、エリア経営会議の人数も少ないし、やることが多くてできるかどうか」とぼやいていたのを覚えていて下さり、「「梅しごと」できることになったんだ、と嬉しかった」と言ってくださったことが、こちらもますます嬉しかったです。

Dscf2293

梅ジュースの作り方や無駄なく使う方法などをうかがったり、果樹農家に嫁いできて何もわからないところから農業に携わってきたお話をうかがったり。あっという間の二時間でした。(木こりの女房)

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart