平塚エリア Feed

2018年7月13日 (金)

映画『日本と再生』上映会を開催しました

6月29日(金)にひらつか市民活動センターにて、映画『日本と再生』の上映会を開催しましたsun

映画『日本と再生 光と風のギガワット作戦』は、弁護士である河合弘之氏が監督を、

環境学者である飯田哲也氏が企画・監修をつとめる100分のドキュメンタリー映画です。

私たち西湘・県西エリアメンバーは、自然エネルギーをめぐる世界と日本の動きを知り、

脱原発・再生可能エネルギーへの転換のため何ができるのかを考えるために今回の上映会を企画しました。

 

Img_6001_2

『日本と再生』の中で弁護士の河合氏と、環境学者の飯田氏が、世界の自然エネルギーの実情を探る旅に出ます。

デンマーク、ドイツ、南アフリカ、アメリカ、アラブ首長国連邦、アイスランド、中国の7ヵ国を訪ね、

様々な立場で自然エネルギーに携わっている人たちの話を聞いています。

国内でも、北は北海道から南は九州まで飛び回って、

自然エネルギーの発電所をつくってエネルギーの地産地消を目指している「ご当地電力」の人たちを取材しています。

多くの国で従来の発電方法よりも自然エネルギーの方が安価になっていること、

従来のエネルギーよりも自然エネルギーの方が雇用を増やしていること、

世界では原発を自然エネルギーが凌駕していること、

さまざまな国・地域でさまざまな立場の方とインタビューする中で「自然エネルギーは安全・儲かる・安定している」ということがわかります。

世界は既に再生可能エネルギーへとシフトしています。

日本は再生可能エネルギーで世界と共に歩むか、原発や火力発電で取り残されるか?

私たちがきちんと考えてエネルギーを選んでいく必要があると思いました。

Img_6002

上映会の後はパルシステムでんきの学習会を開催しました。

Img_4193_2

世界の再生可能エネルギー比率(2017年3月)は、1位カナダ63.8%、2位イタリア39.8%、3位スペイン35.3%ですが、

日本の再生可能エネルギー比率はまだとても低いです。

ちなみに家庭から排出される二酸化炭素の割合は、1位電気から(約51%)、2位車のガソリンから(約21%)、3位調理のガスから(約13%)となっています。

電気からの排出が多いのは、発電に化石燃料を使用しているためです。

環境に良いイメージの電気自動車ですが、確かに車からは二酸化炭素が出ません。

しかし発電は主に石油・石炭で行われています。

発電方法を見直さないと変わっていきません。

Img_6004

パルシステムでんきの発電方法には、バイオマス発電・太陽光発電・地熱発電・ソーラーシェアリングがあります。

バイオマス発電は資源循環型の発電で、(株)十文字チキンカンパニーから1日400t出る鶏糞を燃やして発電しています。

福島県で太陽光発電をしている飯舘電力(株)の専務の言葉「電気は汚染されていない。安全安心な農作物はお届けできなくても、

電気ならクリーンな再生可能エネルギーをお届けできる」が印象的でした。

Img_6005

パルシステムでんきの検針票について、「電源構成や発電産地のことがわかるので毎月楽しみにしている」という利用者の声もありました。

Img_6008

6月は環境月間ということもあり、西湘・県西エリア担当の理事から「やっぱり石けん!洗濯用粉せっけん」の使い方の説明がありました。

肌にも環境にも優しい石けんをパルシステムではおすすめしています。

Img_6009

企画終了後には、環境キャンペーン大使による参加者インタビューも行いました。

ご協力いただいた参加者のみなさま、どうもありがとうございました!

Img_4201

Img_6015

 

Img_5996

Img_5998

 

上映会に参加した方からたくさんの感想をいただいたので、紹介します。

 ribbon参加者の声ribbon

・日本国内や世界各国の再生可能エネルギーへの取り組みを知ることが出来て本当に良かった。

日本は原発に恩恵を受けている一部の人の力が強いせいで報道にもかたよりがあると感じた。

その為自分で判断し、再生できる喜びと共に自然(動・植物)と人を大切にしたいと思う。

・はじめて知ることばかりでした。節電に加えて「どの様に電気を作るか」を考えていきたいです。

・わかりやすくテンポの良い内容でした。

この映画を観てエネルギーを選ぶ根本的な意味を考えるきっかけになりました。

・政治家、公務員、企業TOPなどなど日本を動かす中心の人たち全ての人にこの作品を見て欲しい。学生全てにも。

IOTの前に「その電気は必要か」立ち止まって不要な電気をOFFにすれば自然エネルギー100%は可能だと思う。自分の無力さを痛感します。

・社会正義の確立を推進するパルシステムを応援します。

なかなか政府の政策変換までは今日的状況ではとても難しいですが。

・自然エネルギーの発電が重要なことが良く分かった。

・以前から観たかったので今回観れて良かったです。

・先進国で次々に原発をやめているのに日本は再稼働したり他国に売ったりしている事は良くないと思う。

この頃自然災害がひどくなっているように思う。温暖化は問題だ。

・未来に夢が持てました。動き出さなければと思いました。

 

 3.11の後、「コンセントの向こう側がある」ということを考えるようになりました。

私達が何気なく使っている電気はどうやって発電されているのか?どこから来るのか?

それまではそんなことを考えたことはありませんでした。

スイッチをオンにする、オフにするというひとつひとつの選択を私たちは毎日しています。

なぜ再生可能エネルギーを選択することが未来につながるのかなど、

今回の企画は普段気にしなかったことを考えるきっかけになったと思います。

(もっちー)

2017年7月14日 (金)

パルシステムまつりin 小田原(平塚センターまつり)準備中♪

みなさまこんにちは!

8/27(日)にパルシステムまつりin 小田原を開催します❗

通常センターまつりは配送センターで開催されるのですが、平塚センターまつりは初の外部会場での開催となります★

現在実行委員会のメンバーみんなで準備中です🍀

場所は小田原駅から歩いてすぐの「おだわら市民交流センターUMECO 」です。

Kimg0237

会場の近くからは小田原城も見えます★

Kimg0238

パルシステムまつりには、こんせんくんも遊びに来てくれます。

こんせんくんがお部屋に入れるかどうか、お部屋の入り口のサイズもはかって確かめました。


Kimg0236

ちゃんと入れることがわかりました。

これでこんせんくんが来てくれても安心です♪

どんなおまつりになるかお楽しみに❗

(もっちー)

2017年7月 1日 (土)

梅干し作り進捗状況報告①

6月21日に地区くらぶなんてんのメンバーが梅干し作りをしました。
平塚センターの分も合わせて作りました。

仕込みが終わったものは平塚センターにお預けして、
干すまでの期間は日々ひっくり返していただき、
7月下旬頃に天日干しを平塚センターで行ってもらいます。

・休憩室で保管
・”重し”は何もしていません
・土日はひっくり返すことができません

tulip中山センター長の感想tulip

本日ひっくり返した時にフルーティーな香りが・・・たまりません!
1日でこんなにやわらかくなるんだなぁ、と感じました。

・1日目の画像です。まだ変化は見えにくいですね。

Img_1440

その翌日、梅干し作り経験者にアドバイスをもらったのでさっそく中山センター長が実行してくれましたsun
 

・できるかぎり空気を抜いて、袋を二重にして液漏れ対策もしました
・重しとしてカタログを束にして梅と同じ位の重さにして(1㎏位)乗せてみました。
・3パックあるので、それを日々反転・上下入替をしています。

水滴のようなものはありましたが、まだそれほど水分はでてきていません。
まだ塩が残っている部分もあります。
梅自体はかなりやわらかくなってきました。
色も緑色から赤茶色になってきているものが目立ってきています。


 次週どうなっているのか楽しみです!

報告はもっちーでしたchick

今後も梅干しの状況を報告していきますhappy01

2017年6月14日 (水)

「圧搾一番しぼり菜種油を知ろう」(菜種油学習会)を開催しました!

5月31日(水)に平塚市中央公民館にて、「圧搾一番しぼり菜種油を知ろう」を開催しましたsun

福岡県の平田産業(有)より講師をお招きし、圧搾一番搾り菜種油と市販油の比較を行いました。

ちなみにパルシステムの人気商品である『圧搾一番しぼり菜種油』は、1,250g、600g、180gの3つの大きさがありますclover

Img_5533

まずパルシステムの『菜種油』の商品DVDを鑑賞しましたshineImg_5507

短いDVDですが、『圧搾一番しぼり菜種油』の製造方法や商品づくりのこだわりがわかりやすくまとまっていますeye

「生協の宅配パルシステム公式YouTubeチャンネル」でご覧いただけますので、

ご興味がおありでしたらどうぞ下記のリンクからご覧くださいhappy01

https://www.youtube.com/watch?v=vJAzleNkOhM

Img_5508

講話では製造過程や遺伝子組み換え問題についてもお話がありました。

遺伝子組み換えとは生物の細胞から有用な性質を持つ遺伝子を取り出し、植物などの細胞の遺伝子に組み込み、新しい性質を持たせること言います。科学の力で直接遺伝子をいじるため、自然界に本来存在しないものを作り出すことになります(例:味の良い品種+乾燥に強くなる遺伝子→味が良くて乾燥に強い品種)。菜種の場合は、特定の除草剤で枯れないという遺伝子組み換えなたねがあります。

組み換えで効率的な改良が行えるのですが、「本当に大丈夫?」と安全性を気にする声が高まっています。

遺伝子組み換えは従来の品種改良(掛け合わせ)とは、似ているようで全く違います

品種改良(掛け合わせ)は、育種目的にかなった個体を選択し、さらに交配を繰り返して安定した種として確立させるものです(例:味のよい品種×乾燥に強い品種→味が良くて乾燥に強い品種)。交配でよい性質同士が結びつくとは限らず、何代も交配が必要なため時間がかかります。

「パルシステムの圧搾一番しぼり菜種油はどうして市販品よりも値段が高いの?」とよく聞かれるので、なぜ圧搾一番搾り菜種油がこの価格なのかを分かりやすく説明していただきましたgood

1.原料が違います。
原料へのこだわり:原料は南オーストラリア・カンガルー島産のNON-GMO(遺伝子組み換えしていない)菜種のみを使用しています。カンガルー島は南極からの南風が常に吹いているので、よそからの種子が飛散してくる心配がありません。平田産業の菜種油はNON-GMOだけの工場で製造しているため、安心してご利用いただけます。
※日本国内で流通している菜種の多くは、遺伝子組み換えが不分別の状態で製造されています。


2.搾油方法が違います。
しぼり方のこだわり:搾油方法は圧力を加えて絞る「圧搾一番搾り」。
タオルを手でしぼるような、昔ながらの製法です。
※一般的なサラダ油は、ヘキサン(抽出溶剤)をかけて油を根こそぎ抽出します。


3.精製方法が違います。
精製のこだわり:しぼった原油を食酢とお湯で洗います。薬剤を一切使いません!
油がきれいになるまで何度もていねいに繰り返すので、出来あがるまで最短で1週間かかります。
※一般的なサラダ油は、薬品を使用して不純物を取り除くので、短時間で出来あがります。

Img_5512

参加者からの「繰り返し使えると聞きましたが、何回くらい使えるのですか?」という質問に対し、

「回数ではなく、泡を見て判断してください」という回答をいただきましたyacht

ブクブク~と泡が出てきてはじけるようならあと3回くらい使えるそうです。

泡の状態が、カニが口から出すようなはじけない泡になったら炒め油として使うのが良いそうです。

揚げ物をした後の油はきちんと濾してカスを取り、ふたをして保管するのがよいとのことでしたscissors

おすすめとして、平田産業のメープルシロップと菜種油を使った大学芋のレシピ紹介がありましたsagittarius

圧搾一番しぼり菜種油:メープルシロップ=1:1の割合でフライパンに入れ、一口大に切った生のさつまいもを炒めるだけscissors

とっても簡単で大学芋みたいになるそうですtaurus

ごまをかけてもおいしいとのことmoon3

Img_5518_2

写真:左は新品の市販油なのですが、すでに酸化が始まっているそうで泡がはじけません。

写真:右は新品の圧搾一番しぼり菜種油ですが、泡がはじけています。

フライパンの大きさ・火加減・加熱した時間はどちらも同じにして揚げ比べしました。

市販油と圧搾一番しぼり菜種油を使って揚げたてを食べ比べるのもよいのですが、

鶏のから揚げを作って翌日冷めたものを食べ比べると油の違いがよくわかるそうですscissors

Img_5494_2

このとき揚げたのは、ジョイファーム小田原で生産された玉ねぎですconfident

甘くておいしい玉ねぎでしたhappy01

玉ねぎの揚げ比べ&食べ比べをした後は、グループに分かれて調理ですsign03

にんじんを揚げたり…capricornus

Img_5523

ちくわを揚げたり…fish

Img_5526

おしゃべりをしながら楽しく調理しましたwink

Img_5527

みなさん手際がとっても良かったですnote

「普段こんなに揚げることないよねcoldsweats02」などと話しながら、たくさんの天ぷらを揚げましたsmile

Img_5535

平塚エリア経営会議が作ったエリアみそを使ってみそ汁も作りましたshine

具は油揚げと葉ネギと玉ねぎですdog

Img_5538

おいしそうな天ぷらのできあがりheart04あじとちくわ、大葉、にんじん、玉ねぎeye

ごはんとみそ汁とあわせて天ぷら定食にして食べましたchick

Img_5542

試食しながら交流note

今回は平塚センターから1名の配送員さんがお手伝いとして参加してくれました。

このような組合員活動に参加するのは初めてだったそうで、参加者とともに有意義な時間を過ごすことができたそうです。Img_5545

普段食べている商品や、住んでいる地域の話、学習会の内容についての話などいろいろおしゃべりしましたriceball

Img_5547

講師の方も各テーブルを回って下さいましたclub

「大勢の人の前では聞けなかったことも、テーブルでなら気軽に聞ける」ということで、みなさんはさまざまな質問をしていましたapple

Img_5548

banana参加者の感想(一部紹介)banana

・菜種油の良さ・こだわりが分かって良かったです。

・菜種油の良さを教えていただき使い続けていきたいと思いました。

・油はやはり揚げ物等で試食してみなければ分からないことが沢山あった。

・平田産業(有)中村様に直に聞けていろいろと考えさせられた。食の裏側を考えます。

・平田産業さんの菜種油のこだわりを知れて良かった。高くても買いたいと思った。

・油の事が良く分かりました。主人が外で揚物を食べると気分が悪くなることが多いのですが、家のは大丈夫と言っていたのが納得です。

参加者のみなさまにも「ほんもの実感」していただけた企画となりましたheart

学習会に参加して商品づくりへのこだわりや遺伝子組み換えなどについて学び、食には裏側があること、怖い一面もあるということも知りました。

世の中に安いものはたくさんあります。なぜ安いのか?高いものはなぜ高いのか?その理由や背景も考えなければならないのだなと感じました。

安いものには安いだけの理由があり、高いものには高くなる理由があるからです。

値段の安いものをみんなが選択していくと、こだわりをもって手間暇かけて作った商品が売れなくなり、「売れないから作らない」という状況を招いてしまいます。

安全・安心できる「ほんもの」の商品が消えてしまわないように、私たちが買い続けていく必要があると思います。

安いのがいい、安全性の高いものがいい、国産のものがいいなど、商品を購入する時に消費者は都度選びます。

私は値段が少し高くても、安全性が高いものを自分と家族のために選びたいです。

今まで自分は「なんとなく」圧搾一番しぼり菜種油を購入していたのですが、これからは「きちんと選んで」圧搾一番しぼり菜種油を購入したいと思いました。

(もっちー)

2016年6月21日 (火)

平塚・秦野地区くらぶ合同ミーティングを開催しました!

6月17日(金)に平塚市中央公民館調理室にて、平塚・秦野地区くらぶ合同ミーティングを開催しました。
平塚エリアには現在2つの地区くらぶがあります。

平塚地区くらぶ【ママの休日】と秦野地区くらぶ【なんてん】です。


ママの休日】は、ワーキングママが主なメンバーで、活動は土日が中心です。
なんてん】は、主に小田急沿線に住んでいるメンバーで、活動は平日です。
どちらも月に1回ミーティングを開催し、パルシステム商品の試食をしたり、情報交換をしたりしています。

今回合同ミーティングを開催することにしたのは、1月の企画で仕込んだ手作りみその天地返しをするためです。
また、たくさんの人数が集まるということで「素材がいきる白だし」のプレゼンと、交流産地ジョイファーム小田原の梅を使った梅仕事も行うことにしました。

①白だし、②みそ天地返し、③梅仕事の順に行いましたsun


①2015年度商品開発チーム提案協力商品「素材がいきる白だし」おすすめ!

もともとあった白だしをパルシステムのオリジナル商品へリニューアルしました。
特長
化学調味料不使用

たん白加水分解物不使用

遺伝子組み換え原料不使用

だしの原料は国産原料のみ

この商品は、家庭でだしをとるのと同じようにしてだしをとっているそうですhouse

昆布をひきあげてからかつおを入れる、ふたをしないでだしを取る…など、ひとつひとつの作業を丁寧にやっているとのことですpresent

香りとかが逃げてしまうため、開けてから3~4か月で使い切るのが目安だそうですhappy01

最後までおいしく使ってもらうために、150mlの少量びん・360ml900mlとご家庭の状況に合わせてサイズを選んでもらえるようになっているそうですeye

「まだ頼んだことがない」という方は、ぜひ一度少量のものをお試しくださいsign03

Img_1010

Img_1015

Img_1022

Img_1017

Img_1013

 「素材がいきる白だし」にちょっと調味料を加えるだけで、風味が変化しますheart04

胡椒を加えると…コンソメスープのような洋風の味にsign03

ごま油を加えると…中華スープの味にsign03

まるでマジックのようですshine

Img_1018

Img_1023_2

試飲してみて、この「白だしマジック」にみんな驚きましたcoldsweats02

以下、メンバーの感想ですpresent

白だしが和洋中と使えることを知り、ぜひ使ってみたいと思いました。
今まで白だしを買っても使い切ることがなかったので、使い方を教えていただきよかったです。においもよく、おいしかったです。ぜひ使いたいです。
白だしの使い方が知れて良かったです。裏ワザ的なもの大好き!!自分でももう一度買って色々ためしてみたいと思います。
白だしというとしょっぱいイメージがあったのですが、こんなに風味豊かで、それだけでもおいしいことにびっくりしました。
和風だけかと思いきや、オールラウンドにききぜひ使ってみたいと思いました。
メーカーさんの製法へのこだわりも知ることができてよかったです。すごく便利に使っています。
だしをていねいに取って作っているこだわりなどが聞けて良かったです。レシピ集楽しみにしています!
白だしがこんなに活用できるとは知らなかったです。天然のダシだと安心できます。

「素材がいきる白だし」のレシピ集は秋に発売予定だそうですmaple

 みなさまお楽しみにscissors

②1月に仕込んだ平塚エリアみその天地返しnote

表面に生えたカビを取ってみそ玉を作り、きれいに消毒した容器に戻しましたsun

ちょっと試食してみましたが、味がまだ若いもののだいぶみそっぽい感じでしたhappy01

完成が楽しみですcherry

Img_1029

Img_1031

Img_1033

Img_1034

Img_1040

Img_1041

Img_1042

Img_1045

③平塚エリアと産地交流をしているジョイファーム小田原の梅を使って梅仕事heart

Img_1038

Img_1046 まるっとした大きな梅は表面がとてもすべすべしていてなめらかで、すもものような感じの甘くてさわやかでよい香りがしましたcherryblossom

今回使用した十郎梅は、梅干しにするととってもおいしいそうですclover

メンバーは、梅干し班と梅酒・梅サワー班に分かれて作業をしましたcute

梅をきれいに洗い水気をふいて、なり口を取るのは一人だと淡々とした作業になりますが、誰かと一緒に話しながらやるととても楽しく、あっという間に終わりますgood

Img_1049

Img_1052

Img_1054

Img_1057

Img_1058_2 こちらは梅サワーづくりwine

梅と花見糖の入った容器にドバドバと純米酢を注ぎますtyphoon

梅サワーは出来上がるととてもさわやかな風味で、夏の疲れも吹っ飛ぶそうですhappy02

Img_1062

 

その後は、パルシステム商品の調理&試食ですdelicious

ミーティングでは1人につき200円の試食代補助があり、毎回試食をしていますsun

今回は簡単に調理できる冷凍品&冷蔵品の調理をしましたdiamond

試食品は、北海道産秋鮭ムニエル(香味野菜入り)、までっこ鶏チキンナゲット(徳用)、産直豚ロースの味噌漬、じゃがいもとマカロニのサラダ、サラダベースはるさめ中華、大きな肉だんご、サラダデリ・玉子ポテマカサラダと品数豊富happy02

Img_1068_2 調理中はとても良い香りが漂ってきて、「早く食べたいねup」などと話しながらどんどん手をすすめましたpaper

皆さん主婦なので、手際がとても良かったですtulip

Img_1074

Img_1069

Img_1070

Img_1071

Img_1073

Img_1080 

Img_1079

Img_1081

Img_1082

白だしに乾燥わかめとごま油を入れた、即席わかめスープも飲みましたwink

どの商品もおいしかったですclub

調理の後は、くらぶごとに試食&ミーティングpresent

情報交換や次回のミーティング日の決定などを行いましたbread

くらぶが合同で集まる機会はなかなかないので、今回のように交流できると活動の幅も広がってよいなと思いましたlovely

みそが完成するのもぜひみんなで見たいと思いますhappy01

以上もっちーでしたchick

2016年6月18日 (土)

小田原果樹の学校~バレンシアオレンジの収穫~

6月12日(日)に、小田原果樹の学校(みかん)の2回目、バレンシアオレンジの収穫が行われました。平塚エリアから2人が参加したので、レポートします。

☆☆☆☆☆

お天気にも恵まれ清々しい梅雨の晴れ間にお邪魔した石井さんのお宅では、 パルシステム宮城への十郎梅の出荷準備で梅の選定・袋詰めとお忙しい中、バレンシアオレンジの収穫体験をさせて頂きました。

P6122526_small

P6122534

たわわに実ったバレンシアオレンジを、石井さんの説明を受けながら、参加した4家族(大人6人子供5人)で収穫開始。 約1時間で10ケース(約220kg)のバレンシアオレンジが収穫できました。

P6122525_small

収穫後は選定をして、傷みや虫がついてしまい残念ながら出荷できないバレンシアオレンジを試食させて頂きました。 見た目は少し悪くても中身は程よい酸味と甘みでとても美味しく、子どもたちも石井さんの奥様が切ってくれるオレンジを「美味しい、美味しい」と次から次へとたくさん食べていました。

糖度計でオレンジの糖度を測って糖度を確認したり、お土産用のオレンジを箱へ分けたりと、子どもたちも仲良く楽しそうに作業をしていたのがとても印象的でした。

P6122551

オレンジをたくさん頂いた後に、石井さんの奥様が作った真竹の煮物をご馳走になりました。こちらもとても美味しく 皆でパクパク食べてしまいあっという間になくなってしまいました。もう少し食べたかったです(笑)

最後に集合写真を撮り活動を終了しました。

お忙しい中、石井さんご夫妻には私達を温かく迎えて下さり農業についての貴重なお話を聞かせて頂けたこと、そして 短い時間でしたが親子でバレンシアオレンジの収穫体験ができたこと、本当に楽しい時間を過ごせました。 またぜひ参加させて頂きます。ありがとうございました。(陽)

☆☆☆☆☆

バレンシアオレンジ収穫に、初参加しました。とても天気が良くて、収穫日和でした。

4家族ではさみと収穫かごを持ち、高い所から奥まで、全部収穫です。くもの巣の奥にオレンジあったり、高い所は脚立に乗っての作業です(脚立に乗りたくて、子どもたちが、順番待ちでした)。高い所から低い所まで、全部収穫するのに、汗だくになりながら、大変でした。収穫の大変さが良くわかりました。オレンジを食べるときは、収穫してくださった生産者さんに、感謝しながらいただきます。(水)

P6122567_small

小田原果樹の学校~果樹栽培について学びました~

5月27日(金)に、「小田原果樹の学校(みかん)」を体験してきました。

今年もエリアを受け入れてくださる生産者は石井毅さん。

第1回の今回は、みかんの花見の予定でしたが・・・実施の確認のため事前に電話連絡すると「今年は花が早くて、もうだいたい散ってしまったんだよね」と少し困った様子。「でも、他のこと考えておくから大丈夫!」と言ってくださり、安心していたのですが、なんと当日は雨。

石井さんのお宅に着くと、作業場に出てあれこれ農機具を並べながら、石井さんが出迎えてくださいました。「こんな天気だからね、今日は道具の話でもしようかと思って。」

Dscf2281

一緒に行った私の主人は林業現場作業員なので、石井さんが使っているチェーンソーに真っ先に気づいて、集合前のしばらく、二人はチェーンソーの目立て(刃を研ぐこと)の上手な方法について熱心に話していました(笑)。

Dscf2282

チェーンソーや刈り払い機は何種類も使っておられます。例えば、円盤型の刃で草を刈る刈り払い機は、金属製の刃のほうが切れ味は良いけれど、みかんなどの木の幹の近くや石があるような場所では、木の幹を傷つけたり石にあたって刃が欠けてしまったりするので、ナイロンコードがついていてからめて切るタイプの刃を使うなど、同じ道具でも状況によって使い分けしているそうです。

機械や道具は、刃物が多いですが、なかでも果樹栽培では、倒木や老木を切り倒して処分するなどのため、大きな枝や幹を処理するための移動式の「チッパー」という機械を使っています。これは、木の枝や幹を粉砕する(チップにする)機械で、木のシュレッダーというイメージ。木を粉砕してしまうのですから、相当なパワーと強力な刃(裁断機)をもつ機械です。なんと石井さんは5年ほど前に、作業ミスでこのチッパーに片手を巻き込まれ、ドクターヘリで搬送される大怪我を負ってしまったそうです。そのときのお話を聞かせてくださり、農作業の危険、大変さを学びました。

Dscf2284

キウイの授粉に使う花粉の噴射機、なるほど、そういう道具もあるんですね。これがなければひとつひとつ手で花粉をつけていかなければならず、噴射機はとても便利だそうです。

Dscf2287

そうこうするうち、幸い雨も止んできたので、後半は果樹園を見学しました。みかんの花はほとんど終わっていましたが、そこに小さい実が育ち始めている様子がわかりました。

Dscf2290

Dscf2288

キウイ、みかん、バレンシアオレンジ、レモンなど様々な柑橘があり、また、みかんも何種類もの品種を栽培しておられます。みかんは接ぎ木で育てることについて、実際に木のどのあたりでどのように接ぎ木しているのかを見せていただきました。ひとつの台木に違う2種類を接ぎ木してあるものもあり、驚きました。

Dscf2302

無農薬や低農薬で栽培していると、除草剤が使えないため、下草刈りの作業が非常にたいへんで負担になるわけですが、とくに夏場に草が高く茂ってしまうと、育て始めていた小さく細い苗をうっかり雑草と一緒に刈り払い機で切ってしまうといったミスもよくあるそうです。

イノシシ、猿、うさぎ、ハクビシンといった害獣やカミキリムシなどの害虫、台風や気候変動、病気など様々な障害と日々闘うことは大変なご苦労と思います。また、私たち消費者からは安心・安全のみならず糖度保証など品質面でもいろいろな要求が厳しくなる一方です。そんななか、果樹栽培を愛し、楽しく前向きに取り組んでおられる様子に敬服いたしました。

Dscf2296

Dscf2297

Dscf2303

見学を終えると、石井さんの奥様がとても美味しい自家製の梅ジュースを用意してくださっていました。6月に平塚エリアの地区くらぶ合同ミーティングで行う「梅しごと」の梅も、石井さんの農園から出荷してくださると知り、嬉しかったなあ。石井さんの奥様が、昨年私たちが「できれば梅しごとをエリアの企画でやりたいけれど、エリア経営会議の人数も少ないし、やることが多くてできるかどうか」とぼやいていたのを覚えていて下さり、「「梅しごと」できることになったんだ、と嬉しかった」と言ってくださったことが、こちらもますます嬉しかったです。

Dscf2293

梅ジュースの作り方や無駄なく使う方法などをうかがったり、果樹農家に嫁いできて何もわからないところから農業に携わってきたお話をうかがったり。あっという間の二時間でした。(木こりの女房)

2016年6月 8日 (水)

知ろう食べよう☆ヨーグルト開催報告

5月25日(水)に平塚市中央公民館調理室にて、「知ろう食べよう☆ヨーグルト」企画を開催しましたsun報告が遅くなりお詫び申し上げます。

はじめにPLA(パルシステムライフアシスタント)講師によるこんせんプレーンヨーグルトの学習会を行いましたpenguin

Img_0950

ヨーグルトに関するクイズをしてから、ヨーグルトの食べ比べ(①こんせんプレーンヨーグルト・②市販の生乳100%ヨーグルト・③と④市販のヨーグルト)を行いました。

Img_0948


「これはすっぱい」「これはまろやか」「水っぽい」「見た目がまとまっている」などなど、4種類のヨーグルトを試食した参加者からはさまざまな感想があがりました。

Img_0956

試食をした後に4つのヨーグルトの商品パッケージの原材料名表示を見ました。
すると生乳のみで作られたもの(①と②)と、乳製品と生乳などで作られたもの(③と④)に分かれることがわかりました。

Img_0959

Img_0960

Img_0961

Img_0962 


原材料名は多いもの順に書かれています。
市販のプレーンヨーグルトの多くは、脱脂粉乳や脱脂濃縮乳といった乳製品を多く使用しています。
乳製品を使うと、濃度を一定にしやすいため効率よく安く同じ味のヨーグルトを作ることができるからです。
一方生乳は、繊細なため取り扱いが難しく発酵管理が重要なので、生乳のみで一定の品質のヨーグルトを作るには技術力がいるそうです。
こんせんプレーンヨーグルトの特徴は、①生乳100%②根釧地区指定③生きて腸まで届くBB-12菌の3つです。
①生乳100%で作っているので、自然な風味が特長です。
なめらかな口当たりで、酸味を抑えたマイルドな味わいになっています。

②生乳の産地を明らかにし、指定しているのはとても珍しいそうです。
北海道の根釧地区は、夏は冷涼で牛にも牧草にもよい環境であり、良質な生乳の産地です。
牧草主体のえさを食べさせる「草地型酪農」を行っているため、生乳本来のおいしさをひきだしています。
生乳は夏は乳脂肪分が少なく冬は乳脂肪分が多くなります。
乳製品とは異なり、生乳は季節や日によって成分が均一ではないため、発酵管理が非常に難しいそうです。
③BB-12菌は、世界でもっとも研究されている乳酸菌の一つです。
胃酸に耐えることができるため生きて腸に届きます。
生きて腸まで届くので、免疫力をUPさせるなどの効果を最大限に発揮できます。

学習会の後は、こんせんプレーンヨーグルトを使ったランチを作りました。

Img_0965

Img_0967

Img_0968

appleメニューapple
ヨーグルトでラッシー
サラダ(ヨーグルト風味シーザードレッシング)
ヨーグルトソースのパスタサラダ
天然酵母パン
ヨーグルト(みかんorいちごの手作りジャムを添えて)

Img_0995


レシピの中でも大変好評だったものを2つ紹介します。

tulipヨーグルト風味シーザードレッシング(作りやすい量)tulip
こんせんプレーンヨーグルト大さじ4
マヨネーズ大さじ2
酢大さじ1
粉チーズ大さじ3
塩こしょう少々
これらの材料を混ぜ合わせるだけで完成です!

Img_0970 簡単にまろやかな風味のドレッシングができあがります。

お好みの野菜にかけてどうぞrestaurant

Img_0984


bananaヨーグルトソースのマカロニサラダbanana
〈ソース〉
こんせんプレーンヨーグルト大さじ2
マヨネーズ50g
牛乳大さじ3

マカロニ100gを茹で、お好みの具材とソースを混ぜ合わせ、塩こしょうで調節してできあがり。

Img_0974

Img_0975

Img_0976

Img_0977

Img_0969 企画ではマカロニではなくパスタを使用しましたが、パスタサラダもおいしかったです。パスタとあえるために他の具材も細くしました。


現在酪農家の方は、エサの高騰などの影響を受けコスト削減できず、生乳価格も採算がとれるぎりぎりで、経営ができなくなってしまうかもしれないという状況に置かれています。
TPPのこともあり、牛乳は国産のままかもしれませんが、バターやチーズは安い外国産に置き換えられてしまうのではないかという心配もされています。
アメリカでは牛に成長ホルモンを投与しているそうです。
「私達が商品を選んで食べ続けて健康でいること、それが日本の酪農を守ることにつながれば嬉しい」という講師の言葉が印象的でした。

自分のできる範囲で、長く食べ支えていきたいなと思いました。

(もっちー)

2016年3月27日 (日)

2015年度 果樹の学校修了式

2016年3月13日(日)に、曽我みのり館にて2015年度果樹の学校修了式が行われましたsun

果樹の学校にはキウイコース・みかんコース・梅コースがあり、参加者は農家の畑で生産者とともに一年間収穫に至るまでの一連の作業を体験することができますbud

今回は修了式だったので、各コースの参加者が出席していました。

私たち平塚エリアは、川崎エリア・横浜北エリアと一緒に果樹の学校のみかんコースに参加し、一年間みかん畑で生産者の石井さんと交流をしてきました。

石井さんの畑でみかんの花見・摘果・収穫、ネーブルやバレンシアの収穫を体験させてもらいましたnote

体が溶けてしまいそうなくらい暑い夏の畑での草取りの話や、

もう少しで収穫というところで全部カラスの集団に食べられてしまった話など、

産地交流をする中でいろいろなお話も聞かせてもらいました。

お世話になった石井さんに感謝の手紙を読みましたmail

Img_0741

生産者への手紙の後は、一年間の交流の総まとめですpresent

生産者が修了試験として一問クイズを出し、参加者が正解ならば卒業できますcherryblossom

「キウイは平均で1個何グラムくらいでしょう?(答:90~100グラム)」、

「セミノールにかける二重の袋は何のためでしょう?(答:鳥の被害を防ぐ、寒さを防ぐ、色あせを防ぐ)」、「ネーブル・デコポン・はるみ、この中で兄弟はどれでしょう?(答:デコポンとはるみ)」など生産者によって問題はさまざまでした。

参加者のみなさんは次々に修了試験に合格していきましたribbon

Img_0755 

そしていよいよ平塚エリアの番ですheart02

石井さんから私たちに出された問題は…

「みかんは挿し木で育てるでしょうか?」

川崎エリアと相談した結果みんなで「○」を出しましたが、残念ながら不正解wobbly

「あれ?教えなかったっけ?みかんは接ぎ木で育てるんだよbud」と石井さんに言われ、

平塚エリア・川崎エリアの一同は「教わったのに間違えちゃったsweat01」とオロオロsweat02

「落第だからもう一年!(笑)」と石井さんから言われましたが、卒業できるように追試という救いの手を差し伸べてくれましたpaper

修了試験で間違えて追試というのは果樹の学校で今回が初めてだったそうですcoldsweats01

Img_0757

追試の問題は「みかんの花は赤いでしょうか?」で、みんなすぐに「×」を出しましたscissors

みかんの花は白いので「×」で正解し、どうにか追試に合格し卒業が決まりましたlovely

Img_0760_2 修了証書を授与されましたshine

Img_0761

Img_0764

 

修了試験の後は、ジョイファーム小田原のお母さんたちが作ってくれた昼食を食べながらの交流タイムですheart02

梅干しおにぎりriceball塩分濃度が高くて酸味も強く、昔ながらの疲れが取れる梅干し入りですup

Img_0767_2 菜の花のポタージュdiamondまろやかな味で、菜の花を浮かべているのがおしゃれですheart01

Img_0768

菜の花とハムのサラダclover菜の花が全然苦くなくておいしかったですdelicious

Img_0769_2 手作りこんにゃくのみかんジャムみそおでんhappy02プルプルのおいしいこんにゃくにみかんジャムを使った香り豊かなみそだれがかかっていて絶品lovely

Img_0770

その他にも摘果みかんを使用して作った青みかんシロップや、ブルーベリージャム、梅ジャムなどもみんなで食べましたshine青みかんシロップはさわやかな風味で、梅ジャムは甘いけど酸味が強く、のし梅のようなおいしさでしたappleブルーベリージャムは私が食べる前に瓶が空になってしまうくらい子どもたちに人気でしたhappy01

私たちは石井さんを中心に交流しましたgeminiエリアのテーブルには全部で11人もいたので、まるでお誕生会のようなにぎやかさでしたbirthday

Img_0771_2

Img_0772

昼食交流で石井さんと話す中で「小田原の産地交流により一層興味がわいた」と話している人もいましたclover

石井さんは「農業がどんな感じか・果物がどうやってできるのか・草がどうやって生えるのかを多くの参加者に見てほしい」とおっしゃっていました。

次年度は平塚エリアから小田原に行けるメンバーが増えたので、たくさんの人に小田原の産地交流に参加してもらい、多くのことを体験してもらいたいと思っています。

私はこの一年間でみかんが花から実になるまでを見ることができました。

はじめは花だったのに緑色の実そしてオレンジ色の実へとぐんぐん成長していって、まるで小さな子どもの成長を見ているようでしたchick

小田原のみかんは甘みと酸味のバランスがとれたみかんです。

大きく育った実を組合員さんにおいしく食べてもらえたらいいなと思います。

昨年は早生系のみかんの生り年だったそうで、今年は青島系のみかんの生り年だそうです。みかん畑の様子が昨年とどのように違うのかを見るのも楽しみです。

平塚エリアは次年度も引き続きジョイファーム小田原との産地交流を行いますので、これからもよろしくお願いします。

以上、もっちーでしたpenguin

2016年2月 3日 (水)

開催しました!平塚エリアの「みそ作り」

2016年1月26日(火)に平塚市中央公民館調理室にて、平塚エリアの「みそ作り」の企画を開催しましたsign01

今までは平塚センターに平塚エリア経営会議のメンバーが集まってみそ作りをしていましたが、今回は初めて企画にしてみましたlovely

みそ作りをするときは、前日から大豆を水につけて吸水させておきますaquarius

みそ作りで使う大豆と米こうじは宮城県のJAみどりの産のものですclover

大豆を鍋でコトコトと柔らかくなるまで煮るととても時間がかかるのですが、

手軽に短時間で作るために圧力鍋とブレンダーを使いましたspade

clubみそ作りの材料(みそ約4キロ分)club

大豆1キロ 米こうじ1キロ 塩430グラム 種みそ250グラム アルコール大さじ2~3

apple作り方apple

ゆでこぼしてアクを取り除いてから圧力鍋で大豆を煮る(約30分)

 圧を抜くところに大豆の皮などが詰まると危険なので、要注意sign03

 指先でつぶれるくらいの柔らかさに煮るscissors

 ※普通に鍋で煮る場合は、3~5時間煮るそうですclock

 ゆであがりはこんな感じですspa

Img_0533

やわらかく煮えたら、熱いうちに煮汁をきる

 煮汁を全部捨てずに種水用として300mlとりおき、熱いうちに塩43gを加え、種水を作るaquarius

豆のゆで汁を試飲してみましたが、ほんのり甘くて大豆の風味が感じられましたhappy01

熱いうちに大豆をつぶす

 消毒したボウルに先ほどの大豆を入れ、マッシャーやブレンダーなどでペースト状につぶすgood

 冷めるとつぶしにくくなるので、熱いうちにsign03

Img_0537

Img_0538

容器を消毒し、塩を底にふり入れる

 消毒のため、容器の内側をアルコールでふいておくshine

 次に、容器の底に塩1~2つまみ(分量外)をまんべんなくふり入れるdog

こうじと塩を混ぜる

 ボウルに、米こうじと塩430gを入れ、両手で下からすくい上げながら、よく混ぜるpaper

Img_0553  JAみどりのの真空パックされた米こうじをバラバラに崩しているところですpaper

 バラバラにほぐすと下の写真のようになりますclover

Img_0555

Img_0556  すり合わせるようにして混ぜるといいそうですwink

塩とこうじのボウルに大豆と種みそを入れて混ぜる

 塩とこうじが入っているボウルにつぶした大豆と種みそを入れて、小指がスッと入るくらいのやわらかさになるまで、よく混ぜ合わせるtyphoon

もし、かたい場合は、とっておいた種水を大さじ3~6ぐらい入れるtulip

Img_0566  去年仕込んだみそを種みそにしますnote

Img_0567  つぶしてペースト状になった大豆を入れますribbon

Img_0571  ボウルにすべての材料が入ったら、あとは混ぜますpaper

Img_0572  こうじをつぶさないように注意しますchick

みそ玉を握り、容器に詰める

 おにぎり大に丸め、だんご状のみそ玉にするriceball

 次に、みそ玉を容器に3~4個ずつ詰めて上から手のひらや甲で押してしっかり空気を抜くdash

これを繰り返し、最後は表面を平らにして、1~2つまみ程度ふり塩(分量外)をするrock

Img_0576

Img_0581

Img_0586

表面をラップで覆い、均等に重石をする

 容器の内側と縁をアルコールできれいにふき、空気にふれないようにラップをはりつけ、重さが均一にかかるよう重石をするcatface

 今回は重石に塩袋を使いましたrock

重さが均等にかけられるうえ、塩は腐敗しないので、破れてこぼれたりしても大丈夫だそうですribbon

Img_0591

Img_0592

新聞紙をかぶせてひもでしばり、冷暗所へ

 容器を新聞紙などで覆い、ひもでしばる。

 直射日光の当たらない、涼しい場所におく。湿度や温度の高い場所は避ける。

 今回作ったみそは、平塚センターの冷暗所へ保管をお願いしましたcherry

 みそ作りをした後は、去年仕込んだみそを使った豚汁とごはん(新潟こしひかり)を試食しましたdelicious

 「もったいない」ということで、豚汁調理の際には大豆の煮汁を水の代わりに使いましたhappy01

 大豆の成分を余すところなくいただきました♪

Img_0561

Img_0600 2015年8月25日台風15号によるフェーン現象の影響により強風が吹き荒れ、稲の倒伏、脱粒、白穂が発生しパルシステムの米産地であるJAささかみとJA北蒲みなみは大きな被害を受けました。

今回食べた新潟こしひかりは、台風の被害で白田米(しらたまい)が多く発生したお米です。

 ※白田米(しらたまい)とは…

 白い粒のお米で、通常のお米と食味自体はほとんど変わらないおいしいお米です。

 typhoon白田米になる理由typhoon

 強風にさらされている厳しい状況の中で、米自体がなんとか熟そうとした結果、デンプン質が低下して白濁を起こした状態ですcloud

 デンプン質の蓄積される量がわずかに少なかったり、蓄積されるタイミングが悪かっただけですaries

 生米の段階では白いことが見てわかりますが、実際炊いてみると普通の米と白田米はまったく区別がつきません。

 試食した感想は、「とてもおいしかった」「ふっくらもちもち」「食べやすい」「すごく甘くておいしかった」というものでしたriceball

豚汁とごはんを食べながらグループで交流しましたgemini

みそ作りや商品の話、住んでいる地域の話などをして盛り上がりましたtulip

Img_0605 

皆さんの手際が良かったため、予定していた時間より30分早く企画は終了しましたnote

「今回作ったみその天地返しも完成も一緒に見たいheart04」ということで、みそ作りの節目で集まろうということになりました。

平塚エリアでは2年連続天地返しをうっかり忘れていたので、今年は絶対に忘れず天地返しができそうですshine

おいしいみそができますように!

(もっちー)

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart