« 2013年11月 | メイン | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月23日 (月)

湘南カフェテリア 12月23日発行

462hujisawa

2013年12月16日 (月)

『藤沢のすくすくパン豚』でBBQ 藤沢からおいしいを発信!

こんにちはhappy01ぽんたですheart04

11月14日 藤沢のすくすくパン豚でおなじみ平川農場さんにて
『藤沢のすくすくパン豚』でBBQ  heart04happy01heart04藤沢からおいしいを発信!heart04happy01heart04
を開催しました。

藤沢のすくすくパン豚を予約して下さっている組合員さんもまだの組合員さんも参加して下さいました。
参加動機は牧場などで見るのは牛が多いので豚pigの育っているところが見たかったとか
是非食べてみたかったrestaurantという方も

平川さんのお宅に到着し、始めのあいさつが終わるといつもの定番「白装束」に着替えて豚舎見学dash

Pb140009 
ひなたは暖かい日だったのですが、ちょうど防寒になって良かった見たいですねnote

Pb140015Pb140017 
これがパン。以前はパンのまま搬入されていて、こちらでパン粉にしていたのですが、
今ではこの状態で来るようになったそうです。
細かいパン粉状態だと他の餌と一緒に管理できるそうですnote

何度かぽんたはお邪魔しているのですが、いつもいつも思うのは
「こんな町中で養豚をやっているなんてすごいsign03」と思います。
臭い対策もとても努力されています。
どうしても生き物なので排泄物は出るもの。それを堆肥に変え、乾燥させる。
びっくりするくらい臭いが軽減されるんですよshine

Pb140024 
そして来るたびに感じるのが平川さんご夫婦のお人柄lovely
正直、豚舎に大人数入ること、ご自宅でBBQをさせていただくことは少なからず大変なことだと思います。
にもかかわらずいつもにこやかに迎え入れていただいて、色々な質問にも答えていただいていますhappy01
豚に対する熱意もお話の端々にあふれていますheart04
人もそうですが、愛情たっぷりheart04で育つことがどれだけ健康な状態を維持するのに重要かということですねflair

Pb140027 
今回は藤沢エリア経営会議主催ということで、にゃんた議長率いる私たちが頑張らなきゃup
だったのですが、参加者の方々とお話が盛り上がってしまって
すっかり参加者のように楽しんでしまいましたshine

Pb140067 
平川さんの奥さまもどこにいるのかがわからないくらい参加者の皆さんに溶け込んでいらっしゃいましたshine
差し入れして下さったお庭の柿もとってもおいしかったですnote

Pb140054

Pb140062お肉はシンプルに塩コショウsign03焼肉のたれも用意しておきましたが、そのままで食べられる方も多かったですねhappy01
やわらかく、脂があっさりとしているのが人気なんでしょうねsign01

参加者の皆さんにはお腹いっぱいになるまで召し上がっていただきました。
もちろん我々もheart04
その日の夕飯を作るのがおっくうになるくらいでしたsmile

藤沢のすくすくパン豚をさらにおいしく味わおう!調理交流会

こんにちはhappy01 ぽんたですsign01
来年の馬がもうそこまで来ていますねhorse
子どもたちには冬休み・クリスマスxmas・お正月と楽しいイベントが続きますね

さてさてブログがかなりご無沙汰sweat01でしたが、その間いろいろなイベントがありましたhappy01

10月9日(水)大和センター調理室にて「藤沢のすくすくパン豚をさらにおいしく味わおう!調理交流会」が開催されました。
ぽんたは参加していないので、にゃんた議長からの報告です。

 

今回は藤沢エリア主催の企画ではありませんが、藤沢エリアおすすめ商品である「藤沢のすくすくパン豚」の企画なので、エリアからもお手伝いで参加いたしました。

みなさんは普段どんな風に「藤沢のすくすくパン豚」を食べていますか?
藤沢エリアでは、試食に出す時はいつも「しゃぶしゃぶ」です。
毎回同じになってしまうので、今回新しいレシピを覚えたらいいなと思いました。

調理の前に、まず「藤沢すくすくパン豚」の取り組みについて、説明がありました。
以前の記事参照
はじめは、パンではなくおからを食べていたブタさんたち。
おからを日持ちするために入れる乳酸が苦手のようで、あまり食べてはくれなかったそうです。
そのあとは、ピラフ。食べてはくれるけど、高くついてしまう…そしてたどり着いたのは、パンだったそうです。
エサのパンは、一般的なパン粉ではなく小麦粉のようにさらさらしていて、なめるとほんのり甘いパンの味がするそうです。
*以前エリアメンバーが豚舎見学に行ったときに、なめてました!!(ぽんたですcoldsweats01)

次に、解凍方法についてのお話がありました。
藤沢のすくすくパン豚は、月に一度冷凍で届きます。なぜ冷蔵ではなく、冷凍なのか。
それは、生産者である平川農場は家族で生産しているため、出荷数も限られるので、冷凍でのお届けになります。
解凍のポイントは、冷蔵庫でゆっくりすること。もし時間がない場合は、流水解凍がおすすめだそうです。
常温で解凍すると、肉汁(うまみ)がでておいしさが損なわれるそうです。
もう一つのポイントは、冷蔵庫から出してすぐ焼かず、しばらく常温でおいておくことだそうです。
以前、藤沢エリアの企画でも解凍方法による食べ比べを行いました。
食べ比べてみて、肉の柔らかさ、臭みなどの違いにみんなびっくりしていました。
商品には自信を持っているので、上手に解凍して美味しく食べてほしいとのお話がありました。
参加者みなさんは、とても熱心にお話を聞いていました。

Pa090580 
身支度を整え、調理に移ります。
今回のメニューは、豚ロース肉の餃子風ロール、豚肉と野菜たっぷり おかずピザ風、キャベツと豚バラの重ね蒸しの3品です。

Pa090592 
皆さんさすがは主婦。とても手際が良く、積極的に参加してくれたので、私たちも楽しく参加させてもらいました。

Pa090594

料理が完成し、皆さんで楽しく交流しながらいただきました。どのお料理も野菜と組み合わせたりと、とてもおいしかったです。特に「豚肉と野菜たっぷり おかずピザ風」は今まで思いつかなかった!と、とても評判が良かったです。
藤沢エリアでも、試食のレパートリーに加えたいと思います。

 

にゃんた議長ありがとうございましたsign03
どの産直豚もおいしいですが、地産の藤沢のすくすくパン豚は脂身までおいしいですよねnote

 

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart