« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月28日 (土)

米産地・交流事業検討会

Photo_3

こんにちはsun ぽんたですhappy01

みどりの料理教室の翌日2月21日新横浜の本部で
「米産地・交流事業検討会」が開催されましたsign01

参加者は・・・
料理教室で講師をして下さった「JAみどりの」の女性生産者heart04
早朝古川からいらしていただいた生産者・職員の方々note
そして「JAいわて花巻」の生産者・職員happy01
パルシステム神奈川ゆめコープからは
各産地に交流で行ったことのある組合員・職員heart04

56

さて「米産地・交流事業検討会」って難しい名前ですよねwobbly
どんなに難しい会議なの?と思いますよねflair

中身は・・・
米産地との今後の交流のあり方、米の消費を伸ばすためのアイディアをざっくばらんに話す会happy02
産地交流に参加してよかったこと、こうだったらもっといいのに…などなどsign03
どうしたら各産地の米の良さを伝えられるかな?とランチをしながら話し合いました。

せっかく産地に来て経験しても残念ながら予約登録米につながらないなどの話も…bearing
予約登録をなぜするか?きっとそこがわからない所なんでしょうねsweat01
正直私も始めはわかりませんでしたcoldsweats01
産地交流で産地の良さが分かれば紙面で買って応援すればいいんじゃない?なんてcoldsweats01
でも産地にとっては継続して買ってもらえるって保証があることが大事なんですよねsign03

パルシステムのお米の基準はとても厳しいものです。
その基準に沿って作るということは、なみなみならない苦労だと思います。

昨今、お米の消費がとても減っているとのことdown
夕飯にパlンという方は割合では少ないでしょうが、
朝ごはん、昼ごはんパン・うどん・ラーメンといった方が多いのではないでしょうか。
また炭水化物ダイエットでお米を減らしたり…
年配の方でも朝シリアルなんて方が増えているそうですsign01

お米の消費が減れば、作り手がいなくなる。当然農家さんも自分の子どもに継がせないsign03
日本みたいに島国&自給率の低い国は輸入がとだえるとすぐに食糧難です。
記憶に新しいところでは・・・
カリフォルニアでの港湾労働者のストライキで、船が来なくなり、外食産業のじゃがいもが少なくなったcrying とか。
東日本大震災時のように、畜産の肥料が入ってこなければ、国内の畜産業にとっては大打撃。
パルシステムでは飼料米があったから、畜産が生き残ったという農場もあったんですよ。

しっかり米を食べ、消費を増やすことが農地を元気にすることなんです。
農地が元気になるということはその周りで生きている生き物も元気になるということです。
そして購入の約束をする「予約登録米」というシステムが
産地に「いいものを作ろう」というやる気につながるんです。

これからの未来のためにお茶碗1杯多く食べてみませんか?
1人では少ない量ですが、みんなで取組むことでとても大きな力になります。

まずは朝1杯のご飯からスタートしませんか?



2015年3月23日 (月)

湘南カフェテリア 3月23日発行

520fujisawa

2015年3月19日 (木)

「宮城の味をいっしょに~JAみどりの料理教室~」

Photo_2こんにちはhappy01ぽんたですsign01

2月20日辻堂駅徒歩5分にある明治公民館にて
宮城の味をいっしょにJAみどりの料理教室~」を開催いたしました。

予約登録米「宮城ひとめぼれ」、「まなむすめ」などでおなじみ「JAみどりの」から
女性生産者の方をお招きし、郷土料理を教えていただきましたnote

Dsc_00271
笑顔がとても素敵な奥様たちですhappy01そのうえ料理も上手sign01
ご主人たちは幸せですねheart04

メニューは
体の温まる「すっぽこ汁」
使い道はたくさん「万能みそ」
ずっしり食べ応えのある「がんづき」
万能みそをつかった「わかめと小ねぎの酢みそ和え」「しゃぶしゃぶサラダ」

Dsc_0006

万能みそはとっても簡単sign03
材料はみそ・花見糖・たまご・酒だけshine
ひたすらこげないようにまぜるだけtyphoon
ポイントはあまり固くならないところで火を止めることflair
冷めると思いのほか固くなりますcoldsweats01

00050002

万能みそに酢を合わせて、小ねぎ・わかめと和えれば「酢みそ和え」
ポン酢と合わせれば「みそドレッシング」
今回はしゃぶしゃぶサラダにかけていただきましたsmile

他にもくるみやゴマを混ぜて田楽につけたり、焼きおにぎりにつけたり・・・
アレンジできますねnote

Dsc_00081

がんづきは去年の料理教室でも触れましたが、黒糖が入っていないのにまるで「黒糖蒸しパン」
始めはこんなに白いんですよ。

Dsc_00111

蒸しあがりはほらsign03
でも全く材料には黒糖入らないんですよsign01
米粉を使うのでもちもちしていて腹もちバツグンですheart04

00110001

料理を作った後は料理をいただきながら交流タイムhappy01
楽しい話、アレンジ方法、みそ作りについてなど話が盛り上がりました。

なかなかみそ汁以外での使い道が思いつかないみそですが、今回の作った万能みそは本当に万能sign03
ご自身でみそを作られるが、実はみそが苦手coldsweats01という参加者さんも
「これはおいしいhappy01」といって喜ばれていました。

3月12日藤沢エリア経営会議で「がんづき」
3月18日ぽんたの所属する城南地区くらぶMOWMOWで「万能みそ」「がんづき」を復習してみました。
エリア経営会議で作った「がんづき」は炊飯器で挑戦sign01
圧力IHだったためかなかなかうまくいかず、IHでない炊飯器に替えたところ、上手に出来ました。
くらぶで作った「がんづき」は、ぽんたの家の炊飯器が5合炊き・IHということで半量は蒸し器で作りました。
ぽんたの家の炊飯器では2回炊飯モードを繰り返したところ上手にできあがりflair
蒸し器で蒸したものよりは全体的に黒くなっていました。

49これは蒸し器バージョン

51こちらは炊飯器バージョン

同じ生地なのにこんなに色が違いました。

50

家庭でも簡単に作れる料理です。

料理教室は毎年2月に開催されるのでご興味をもたれた方はぜひご応募くださいねhappy01

2015年3月10日 (火)

第1回「いいね!かながわ食べよう会」

Photoこんにちはsun ぽんたですhappy01

温かい日と寒い日が繰り返し、だんだんと春になっていきますねheart04
それに伴い、嫌~な花粉症も・・・down

まだ花粉がさほど飛んでいなかった頃、
2月11日オークラフロンティアホテル海老名にて
第1回「いいね!かながわ食べよう会」が開催されました。

45

パルシステム神奈川ゆめコープではたくさんの産地と繋がっています。
産地やメーカーはパルシステムの理念に賛同し、農薬削減、添加物削減などの努力をしてくださっています。
商業施設の多い神奈川県ですが、生産地、メーカーが結構あるんですよ。

44

今回は下記7産地・メーカーさんが参加して下さいました。
・産直大豆の豆腐・産直小麦のうどんでおなじみ「共生食品」
・産直大豆の小粒納豆などでおなじみ「カジノヤ」
・柑橘類・梅干し・オニオン祭りでおなじみ「ジョイファーム小田原」
・たまごと言えば「小川養鶏」「神奈川中央養鶏農協」
・EM(Effective  Microorganisms=有用微生物群)を活用して、健康で安全な野菜づくりをしている「三浦半島EM研究会」
・夏のとうもろこし狩りなど産地交流の盛んな「岩崎農園」


お申し込みいただいた組合員さん誰ひとりキャンセルがなかったんですよ~
だいたい、各企画直前や当日お一人お二人キャンセルが出るものなのですが、それがsign03sign03
それだけ皆さん神奈川産直に興味があったということなんですねhappy01


各産地・メーカーさんの商品を使って「おでん」ランチrestaurant
まずは各商品をとりながらお話タイム

43

46

おいしい青島ミカンの見分け方、ゆでたまごの殻がきれいにむけない理由などsign01
なるほど~と思うことばかり。

試食品を食べながらテーブルでさらに深くお話を聞きました。
最近三浦大根ってあまり見ませんね~なんてお話も。
昔話に出てくる大根の絵って、今主流の青首大根じゃないのお気づきでしたか?

検討事項もありましたが、第1回目としては大成功の「いいね!かながわ食べよう会」でした。
次年度も楽しみですね。
地産地消で支えあえればいいですね。

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart