« 2015年7月 | メイン | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月24日 (月)

湘南カフェテリア 8月24日発行

544hujisawa_3

2015年8月17日 (月)

広島平和スタディーツアー

Photo

こんにちはhappy01 ぽんたです。
今年の8月15日は戦後70年ということもあり、TVでは様々な特集をしていましたね。

娘2号も8月4~6日広島スタディーツアーに行ってきました。
娘1号も3年前、スタディーツアーに参加し、色々思うところがあったようです。
(リンク先の記事は娘1号が素直に感じたことそのまま記載しています。
事実と違う事が書いてあるかもしれませんが個人の感想なので訂正していません。)

娘2号が出発前に「ねぇ、戦争って悪いことなんだよね。」と聞いてきました。
当然悪いことですが、悪いことって魅力的に思えて思わずやってしまいたくなるもの…
戦争は「いい」「悪い」なんて言葉すら付けてはいけない、
絶対に繰り返してはいけないこと

アメリカの人も、日本の人も同じように傷つき、大切な人を失い、
尊い時間も失ったんですよねcrying

戦争について、私は当時を知っているわけではありません。
でも、これからを担う子どもたち、まだ見ぬ子々孫々まで事実は伝えなくてはsign01
その機会を持たせなければsign03と思います。

それぞれどのように見聞きし、感じるかはわかりませんが、
今ある平和に感謝し、後世まで伝えてほしいな~

ぽんたの祖父は特攻隊員でした。
昭和20年8月17日に飛ぶ予定だったそうです。
終戦があと数日遅ければ、母は生まれず、ぽんたも娘たちもこの世にはいなかったです。
その話を娘2号にしたところ「もっと早く終われば広島・長崎に原爆は落ちなかったね。
もっともっと早く終われば東京の人たちも悲しい思いしなくて済んだのに…」と。

広島に行くので、戦争について小学6年生なりに調べたようです。
そう感じてくれているだけでも広島へ行かせてよかったな~shine

あの時、もしも…はもう取り返しがつきませんが、日本を守るため、
残された家族の幸せを願って飛んで行った人々の想いを胸に
祖父はその後の人生を生きていました。とても長い年月だっただろうな。


祖父の部隊の慰霊碑は鎌倉の建長寺の中にあります。
その碑の名前をなぞりながら涙する祖父の姿が今でも目に焼き付いています。
15年前に亡くなったので娘1号と対面は出来たものの、自身の体験談は伝えることはできませんでした。
私自身、聞く機会もあまりなく、祖父もその話題は避けていたように感じます。
もっともっと聞いておくべきだったし、祖父は伝えるべきだったんだろうな・・・

戦争を体験された方々はみなさん高齢になり、直接話を聞く機会も減っていきます。
広島平和スタディーツアーは被曝された方の生の声を聞くことのできる貴重な体験です。
毎年行われている事業なので興味のある小中学生はぜひ参加してみてください。

今年は戦後70年という節目で高校・大学生向けの鹿児島平和スタディーツアーも開催されます。
娘1号も参加予定なので、自分たちと同じような若者が知覧・万世から飛び立った、
その現実をどう受け止めて帰って来てくれるか…。
娘1号が鹿児島に行くので、ぽんたも改めて特攻隊について調べてみましたが
息子を"逝かせる母"の気持ちを思い、涙が止まりませんでした。

大人向けの広島平和スタディツアーを募集中です。
ぜひこの機会にもう一度考えてみませんか。

世界の人々が明日という日を笑顔で迎えられますように。

2015年8月10日 (月)

果樹の学校レポート2

Photo

ぽんたですhappy01
毎日溶けるくらいの暑さですね。そろそろ盆休みの始まるご家庭も多いのではsign02

暑~い8月2日、太陽がさんさんと降り注ぐ中、中井さんのみかん畑に行ってきましたhappy01
今日の作業は「摘果」作業です。
大きな木やこれから大きく育てる木など、どの木にも鈴なりに青い小さな「早生みかん」がなっていましたshine
摘果の基準はあるようですが、そんなこと考えていたら仕事にならないそうです。

Photo_8

小さいもの、傷が付いているものを摘果。
これから育てる木は、ついている実すべて摘果・・・
と、ここまでは素人の私でも簡単にお手伝いできました。

Photo_10

でも…実が大きく育てるための摘果は、どれを残してよいのかわからないsad
どの「みかん」も美味しい実になりそう…など考えながら、たくさん付いている枝のみかんを摘果。

Photo_2

摘果が上手に出来たかは、11月の収穫の時にわかりますねheart04
これから来る台風に負けないでね。


炎天下の作業の合間に飲んだお茶、美味しかった~lovely

中井さんのご自宅に戻ってからいただいたレモンはちみつジュースは最高のご馳走でした。
みかんの花のはちみつにレモンの搾り汁を混ぜたものです。
どちらも中井さんの畑の自家製ですhappy01
養蜂家さんがいらして、みかんの花のはちみつを採取するそうです。
本物の「はちみつ」の味がすごく濃く、レモンのさわやかさと合わさって、汗だくの体にしみ渡りましたhappy02

1時間ちょっとの作業でしたが、30分もやると滝のような汗sweat01
お二人で広い畑を作業されるのは大変だと感じました。
傷が付いただけでクレームになったり(中身は変わらないのに)するそうです。

甘夏、オレンジの収穫、摘果を体験し、作業の大変さと傷などの見た目関係なしに美味しいこと。
そして何より園主が「美味しい」と太鼓判を押す時期に収穫した実の美味しさを味わえたことに感謝です。

いただいてきた摘果みかんで絞ったジュースにはちみつを加え、ジュースにしてみました。
サッパリとしていて、レモンはちみつとまた一味違った夏のドリンクでしたheart04

他の参加者のみなさんの感想は「果樹の学校 活動ブログ」をご覧くださいhappy01

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart