« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月23日 (月)

エリアメール@さがみ 11月23日発行

Photo_10

2015年11月13日 (金)

パンメーカー パルブレッド直伝!手作りパン講習会

11月9日にソレイユさがみで地区くらぶ『橋本おあしす』主催のパルブレッドパン講習会を開催しました!
参加するみなさんが集まったところでパルブレットの講師松本さんのお話がスタート。まずはこねるところから始まりました。

Dsc_2738_2

パン種を小分けにしてそれぞれにこねていきます。はじめは手にべっとりと付いてしまい、はたしてまとまるのだろうかと思われたのですが、松本さんの指示のもと一度小分けにした種をまとめて、また小分けにしてみると、今度はあまり手につかない!これは驚きでした!!そのあと松本さんから「昨日の嫌なことを思い出して下さいね」と言われその思いをパンにこめてバシン!!パン種をテーブルにたたきつけるとグルテンを刺激してさらにまとまっていき、あっという間にきれいなまとまりに。みなさんテーブルにパンをバシバシとたたきつけて、気持ちもいくらかすっきりとしたような気がしますcatface

Dsc_2774_2

それから発酵するまでしばし休憩です。その間に松本さんからこだわり酵母食パンなどについてお話しをうかがいました。シンプルにつくられたパルブレッドさんの食パンは美味しくて体に優しいパンなんですねshine

発酵が終わりいよいよ成形に入ります。今回はクリームパンとツナ&コーンのカップパンとねじりパンを作りました。クリームパンは小判型に伸ばし、伸ばした方を外側にして包むときれいに包めるということでした。ねじりパンは三つ編みで編むときに少し隙間をつくるとかっこよくできあがるそうです。ツナ&コーンのカップパンは具がたくさんあったので盛りだくさんに。具をたっぷり入れるのも手作りならではですねnote

その後二次発酵へ。みなさん焼くのが楽しみでわくわくしながら発酵を待ちます。松本さんから「あまりみつめると膨らみませんよ!」といわれみなさんから笑いがsmile終始松本さんのお話しで場が和み和やかに進みました。松本さんのGo!がでてオーブンの中に。オーブンの中でパンがふっくらしているのをみなさん覗き込んでわくわくそうです。焼きあがったオーブンを開けるといい香りがぷ~んと漂ってきます。ぷっくりと膨らみこんがりと焼けたパンは本当に美味しそう!みなさん焼きあがったところで、さてさて待ちに待った試食タイムです。焼きたてのパンは香もよくふっくらでみなさん「美味し~い」という声が上がっていましたhappy01

Dsc_2790_3

Img_20151109_145722_2

松本さんから国産小麦のパンについてお話しを伺いました。現在産直小麦の食パンをパルブレットさんでも扱っているとのことですが、すべてのパンに使うには生産が少なく物理的に難しいそうです。しかしながら組合員の要望で変えていくことができるのではとのことで私もぜひとも国産小麦で安心して美味しい食パンを家族にも食べてもらいたいと思うので声を上げていきたいなと思いました。

後日自宅でもさっそく作ってみましたhouse
ふっくらとした焼きたてパンは家族に好評でした!みなさんも自宅でパンづくり家族と一緒に楽しんでくださいねnotes

Pb100693


2015年11月 8日 (日)

卵の簡単調理と里芋の収穫体験交流

11月7日、この時期にしては暖かすぎる晴天のもと相模センターにて里芋の収穫体験交流が行われました。

今回13家族の皆様にご参加をいただきました。
 
里芋(特に親芋)の大きさにびっくりhappy02
小川さんやパルの職員さんにシャベルで持ち上げていただいてやっと持ち上げられました。
しっかりと親芋にくっついているたくさんの子芋を収穫
皆さん袋いっぱいで重さも十分
さらに里芋より高級といわれる八つ頭も収穫 
八つ頭は親芋も食べられるそうで里芋に負けていないBigなお芋でしたhappy02

2015_1107_104046dsc04357_4

2015_1107_104804dsc04364_2

 

 

 
 
センターに戻ってゆで卵と里芋をつぶしてチーズをのせてオーブンで焼く簡単グラタンを親子で調理を
してもらいながら卵にまつわるいろいろなお話を聞かせていただきました
 
実は市販の卵はカビの生えたような飼料を与えられた鶏から生まれたものが多いということ
驚きでしたsign01
 
市販の卵と産直卵の黄身の部分につまようじが何本ささるかの実験ー
小川さんの卵は何本さされてもしっかりとつまようじが立っていましたが、市販の卵はしばらくすると
ようじが力なくたおれてしまいました。
小川さん達の産直卵のほうが殻が厚くしっかりとしている感触でした
 
たくさんの愛情をかけてもらって育てられた産直卵
お話を伺ってあらためておいしさを実感しました
 
ご参加をいただいた皆様もお帰り時にもたくさんのお荷物、お疲れ様でした。
八つ頭は茎の部分(ずいき)も食べられるということで皆さんお持ち帰りいただきました
各ご家庭でどのようなお料理に変身したのでしょうか?
わが家はお味噌汁や煮物にしてみました
クニャッとした食感がおいしかったですhappy02

2015年11月 5日 (木)

ひと足お先のおとなクリスマス会

10月20日(火)ユニコムプラザさがみはらにて、相模エリアと地区クラブ「ハッピーレインボー」の合同企画
「ひと足お先のおとなクリスマス会」を開催いたしました。

15名という沢山の方にご参加頂き、クリスマスに丁度いい!パーティー料理を作りました。

20151104222742

ちらし寿司の素と混ぜたご飯に、錦糸卵と『紅鮭スモークサーモンの切落とし』
『コア・フード野付のほたて』『北海道野付産いくら醤油漬』をのせたカップ寿司。

レタス・きゅうり・パプリカ・そして『鹿児島若鶏ローストチキン』を入れた生春巻き。

こちらの2品は参加者の皆様にも作って頂きました!


20151104222432

他にも
レタス・きゅうり・パプリカ・プチトマトに『米沢郷鶏スパイシーフライドチキン』をのせたサラダ。
『カニのトマトクリームソース』のパスタ。
『こんせん純生クリームロールケーキ』と『こんせん生クリームケーキ(チョコ)』に冷凍ブルーベリーを添えたケーキプレート。
カニの甲羅グラタン。
そしてコンソメと生春巻きで使った『鹿児島若鶏ローストチキン』の『骨』で出汁をとった卵スープ。

と盛りだくさんな内容でした!


そしてなんと!『鹿児島若鶏ローストチキン』はとっても簡単に骨から身を取る方法が!!
かぶりついて食べるのもいいですが、最初から骨と身を分けて使うときには最適です!

20151104222646

うまく説明ができず、画像だけでは伝わらないと思いますが・・・スミマセン^^;


全てのお料理が出来上がったら、スタッフも皆さんと一緒にお話をしながらの試食でした。
試食の料理のこと、パルシステムの商品のこと、子供のお話等々
時間が足りない位に盛り上がっておりました♪

Sisyokukai


最後はとろとろ石鹸を使っての後片付け。
皆さんにもお手伝い頂き、とろとろ石鹸の使い心地を試して頂きました。


皆さんに『とても楽しかった!』『お腹いっぱい食べられた!』『美味しかった!』
等々、嬉しいお言葉を沢山いただきました。
至らない点も多々ありましたが、皆さんに笑顔でお帰りいただけたのでよかったです。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart