« 2018年11月 | メイン | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月26日 (水)

おとな限定バスツアー開催しました!

12月14日(金)「おとなのバスツアー 三浦の冬野菜を収穫しに行こう!」を開催し、25名の組合員さんが参加しました。
バスの中では一人ずつ自己紹介。
「お名前」「お住まい」(今日は大根の収穫&キャベツのお土産があるということで)「大根やキャベツを使ったおすすめ料理」を披露。
「おいしそう!」「どうやって作るの?」とすでに和気あいあいの雰囲気でした♪
Img_20181214_101721
1時間ほどで、三浦市の大根畑へ到着。
前日までの曇り空から一転、青空が広がり、富士山や海がキレイに見えました。


Img_20181214_103025
畑では、“三浦半島EM研究会”の生産者石渡さんから、“EM”についてのお話を伺いました。
EM(有用微生物群)とは、自然界の役立つ微生物(乳酸菌、酵母、光合成細菌などの善玉菌)を組み合わせて共生できるように開発された「微生物の集合体(液体)」のこと。
それと米ぬか等の有機物を活用し、「おいしく健康に良い野菜作りは、土づくりから」をモットーに長年土づくりにこだわり生産に取り組んでいらっしゃるそうです。
また、EMは農業だけでなく、環境やくらし、畜産などにも役立てられているそうです。
東京の日本橋川では、「EM浄化プロジェクト」として2005年から「橋洗い」イベントで、生態系に負荷をかけない「EMせっけん」を採用し、水質浄化に取り組んでいるそうです。その結果魚介類などの生き物と種類が増えてきているそうですよ。

EMは液体で、すこし酸っぱい香りしました。
家庭菜園でも活用できるので、できるだけ農薬を使いたくない方にお勧め。
ネット購入も可能だそうです。

Img_20181214_103153
大根の収穫を前に、今朝とりたての大根のスティックを頂きました。
びっくりするほどの甘さで、ますます収穫が楽しみに☆

そしていよいよ収穫です!!
好きな大根を選んだら、葉っぱの付け根をつかみ「スポッ!」っと意外と簡単に抜けました(笑)
自分で収穫した大根は今日のお土産に。
Img_20181214_103853
さらに嬉しいことに、赤色大根の「レディサラダ」も一人一本いただけることに!季節外れの暖かさで、規格外のビックサイズになってしまったそうです。
Img_20181214_103750
バスに乗って移動し、石渡さんのキャベツ畑の見学をしました。
Img_20181214_110939
種を植える前に、EMと米ぬか有機物で土をならし、化学肥料は通常の半分以下におさえているそうです。
有機物だけでは生育が遅くなったり、化学肥料をあげると葉が青くなったり・・・とそれぞれの成分をしっかりと確認し、使い分けているそうです。
化学肥料だけでは病気になりやすく、作物に力がでないため、虫がつきやすくなるそうです。
(「野菜に虫がいる=新鮮でおいしい!」 と思っていた方も多いと思いますが、虫は弱い所につくそうです💦)
それでも、EM研究会の生産者のみなさんは、化学肥料使用量を5~10%くらいに抑えて、有機栽培を目指して頑張っているそうです!!!
Img_20181214_111925
昼食会場に移動し、EMジャパンの方からお話を伺い、質疑応答タイム!
参加者の方も積極的に質問されていて、みなさんとても熱心にお話を聞いていらっしゃいました。

そのあとは、昼食交流を行いました。
各テーブルに、生産者・EMジャパンの方にお座りいただき、お話をしながらの昼食タイム。
お弁当は、EM研究会の生産者の方が提供したお野菜&長野県で田んぼにEMを使用して作られたお米で、今回特別に作っていただきました。
お野菜も甘みがあり、白米も冷めていてもとてもおいしかったです。
Img_20181214_123113
そして最後に生産者さんとのじゃんけん大会!
勝った方には「箱根山麓紅茶ティーバッグ」をプレゼント!&今日の感想を言っていただきました(笑)
Img_20181214_130621_2


バス乗車時にお土産のキャベツをいただき、帰路につきました。
帰りのバスの中では、行きの車内で披露した「大根&キャベツ料理」を詳しく聞きたい方への情報交換を行いました!
「大根餅」「ゆず大根」「豚バラ大根」・・・きっとみなさん、今日の夕飯は何にしようかな~と考えていたことでしょう(笑)


お天気も良く、自然いっぱいの三浦半島で、旅気分で楽しい一日を過ごさせていただきました。
参加者の方からも「生産者のご苦労を知り、大事においしく野菜をいただきたい」とのお声が多数ありました。
生産者のみなさま、EMジャパンのみなさま、どうもありがとうございました。


三浦半島EM研究会のお野菜&(じゃんけん大会景品の)紅茶は、「いいね!かながわ」で不定期に掲載しています。
ぜひお見逃しなく!!!

K.M.

2018年12月 8日 (土)

私たちも楽しめる『あおばを食べる収穫祭』

今年も毎年恒例の『あおばを食べる収穫祭』が11月23日(金・祝)に開催され、横浜北エリアも出展してきました。

Photo


このお祭りは、『地産地消&エコロジー』をテーマに東急田園都市線の藤が丘駅前公園で開催され、地域を盛り上げるのはもちろん、ごみの持ち帰りやマイ食器・リユース食器を利用するなど、環境にやさしいお祭りをテーマとしています。

昨年は朝だけどしゃ降りで、準備しながらお客さんが来るのか不安でしたが(お祭りスタート後は快晴に)、今年は朝からいいお天気sunヤッター!!
私たちは、粉石けんのおすすめとお菓子入りお魚釣りで出展してきました。

Photo_2


今年は初めて、普段石けん講座を開催したり、センター祭などに出展されているPLA(パルシステムライフアシスタント)の方々にも一緒に協力していただきました。
おかげさまで粉石けん(やっぱり石けん!粉石けん)のサンプル配布、石けんクイズ、蛍光増白剤が目で見てわかるPLA手作りの装置(?)で、しっかり石けんのアピールができたと思います。

Pla


お菓子入りお魚釣りは、大好評で、お昼ごろには完売してしまいましたcoldsweats01
いつも、もっとたくさん用意したいと思うのですが、なにしろ当日のお天気次第なので悩みどころなのです。

Photo_3


お魚が完売したあとは、みんなで石けんをアピール。私は主に親子連れに「クイズやらな~い?」と声をかけていました。
このお祭りは、来場者もエコロジーへの関心が高く、みなさん足を止めてくださるので私も楽しくお話しできてうれしいのです。

また、私たちもおいしい料理やお菓子、無農薬の野菜、ちょっとステキな植物、手作りのいろいろなどを食べたり買ったりで、今年もお祭りを楽しむことができました。

来年も出展予定ですので、ぜひ遊びにきてくださいね。こんな兄弟にも出会えます・・・・!?

Photo_4


nato

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart