てまりばな Feed

2018年1月14日 (日)

JAいわて花巻 【冬の交流】

2017年12月2日(土)~3日(日)に花巻に行ってきましたhappy02

やまびこ45号で新花巻駅に到着!JAいわて花巻の生産者の方々のお出迎えで、「花巻に来たんだ!」と実感しながらバスに乗り、最初は「谷内カントリーエレベーター」へ出発!

【カントリーエレベーター】

Img_1983_3この建物は、貯蔵庫と大型乾燥機をエレベーターでつないだ倉庫で、生産者の方が「もみを持ち込み」→「もみを乾燥させ」→「サイロに入れ保存」→「出荷時にもみすりをしてから袋詰め」、簡単な説明ですが…こんな感じの工程をする所だそうです。

downJAいわて花巻東和町支店の職員の方から説明をしてくださりましたbleah

Img_1970_2Img_1972Img_1975_2

Img_1974_5 貯蔵庫内のお米。今年は、天候不良により5段積みだそうです。(普段は6段)

Img_1976Img_1978_5 1つ丸は、一等米の印

Img_1979_5 up丸2つは、二等米

Img_1981_2 up丸3つは、三等米。

【小原家住宅(南部曲り屋)】

Img_1985_2再びバスに乗り、『国指定重要文化財 旧小原家住宅』へ。18世紀中旬(江戸中旬)頃に建設と推定されている古い茅葺家の民家を見学。 「曲り屋」とは?と調べてみると字の通り 「L字型に曲がっている家」 だそう。

Img_1986_2Img_1988_2 30年前まで、ここで生活をされていた10代目小原さんからお話をききました。

Img_1987_2 ここは、「にわ」:家の中で農作業をする場所。普段は土間となっているそうです。そして、この隣には、「まや」という家の中で家畜が飼われていた部屋がありました。南部盛岡藩が馬産が盛んで「南部曲り屋」が一般的な農家の家だったそうです。

Img_1989Img_1991 釘は不使用建築。脱帽です…

Img_1990_2 農作業の閑散期に作業をされていたのでしょうか?薄暗い部屋の中のお面は少々驚きました…coldsweats02

Img_1994_2 今も室内の「いろりの火」を絶やさないのは、茅の持ちを保つためにの防腐剤になっているそうですsign03先人の知恵ですcatface

【しめ縄作り体験】

Img_1998_3フォルクローロ花巻東和に到着!その後、しめ縄作り会場へ。

Img_2001_2 しめ縄作り名人の2人に説明をききました。

Img_2002_2Img_2003_3

Img_2004_2小山田美女会の方々から甘酒とがんづきをいただきましたhappy02ひと仕事?の後のおやつは格別ですhappy02おいしかったですhappy02

Img_20171202_155842_3 これが私の初shineしめ縄shine

Img_2006_2 これが、名人のしめ縄shineさすがですlovely

【交流会】

Img_20171202_192409 お待ちかね!交流会です!小山田美女会(女性生産者)の方々特製のおいしい料理に舌鼓heart03shine ホント、自分の胃袋が小さいのを悔むぐらいにたくさんの料理が並び、特に干し柿の天ぷらは意外や意外!美味しさにびっくりでしたwink

後ろ髪惹かれましたが…交流会も終わり、お隣にある温泉にゆっくり浸かって明日への英気を養って本日終了~moon3

【2日目】

朝食を終えた後、宿泊施設「フォルクローロ花巻東和」を出発!ここのフロントの方が最初から最後まで、とても気持ちの良い対応をしてくださり、最後も気持ち良く出発ができましたhappy01ありがとうございましたhappy01

Img_20171203_075821 やぎさんたちもいましたcapricornusまた会いにいきたいですねcapricornus

さて、バスに乗車し向かったのは春~秋の交流田を見学。

Img_2012Img_2008来年度もここで多くの組合員さんが稲作を体験するんですね。よろしくお願いしますconfident

【宮沢賢治記念館】

Img_2018 宮沢賢治記念館に到着。宮沢賢治が好きな方(作品を読んだことがある方も)は、一見!彼のバックグラウンドを知れば、もっと好きになるはずgood 

Img_2021 ご存知「注文の多い料理店」catface (お土産ショップでした(笑))

【宮沢賢治童話村】

Img_2029 『賢治の学校』5つの部屋に分かれて、変わった世界を見ることができて、賢治の世界が好きな方は必見!

Img_2024 私のお気に入りの作品「月夜のでんしんばしら」!

Img_2027 ボランティアの方に読み聞かせをしていただきました。「セロ弾きのゴーシュ」

【やぶ屋 花巻総本店】

昼食は、創業当時、宮沢賢治も足繁く通い「天ぷらそばと三ツ矢サイダー」を食していたという、おそば屋さんへ。

Img_2034Img_2035

ボリューム満点な天ぷらそばは美味しかったですhappy01 当時のサイダーは天ぷらそばよりも価格が高く、教え子におごっていたよう。さすが先生!?

お腹もいっぱいになったところで、最後に訪問する「産直だぁすこ」へ。ここでは、地元の野菜などの食材が売られていました。本当は、りんごを買って帰りたかったけれど…重くなるので…断念…。美味しそうだったなぁ……catfaceそして、新花巻駅へ。

今回、農作業はなかったとはいえ、JAいわて花巻の方々のこれでもか!というぐらいに熱~いおもてなしに感激しました。とても有意義な2日間を過ごさせていただき、ありがとうございましたhappy01 リピーターになるのもうなずけます!来年度も参加出来たらいいなぁ…。

2012年3月26日 (月)

横須賀エリアニュース まんまるVol.44

Yokosuka387

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart