2020年2月20日 (木)

小山田美女会お料理教室開催!

2月19日、横須賀の長浦コミュニティセンターにて、岩手から小山田美女会の三名にお越しいただき、お料理教室が開催されました。

スタッフが「何から始めたらいいのかな」という感じで準備を始めていると美女会のみなさま到着!

挨拶もそこそこにエプロンつけてそれぞれの担当ごとに作業が始まりました。

その手際のよさはさすがです。慣れていらっしゃいますね。

私たちスタッフにも「はい、次はこれね。」「一つ先に作って、一つ後でデモンストレーションしたらいいね」という感じ。そのすきにおしゃべりも絶えません。

「このくらいでいいわね」「ちよちゃん、これ味見してみて」。きっといつもこんな風にわいわい楽しく作っているのでしょうね。

P2190578

この日のメニューはひっつみ汁、がんづき、祭り寿司(つばき)、串団子です。

どれも花巻ではおなじみの料理。特にひっつみ汁は産地交流でいつも出していただいているものです。

下準備が整って、参加者の方々がそろったところで始まりました。

P2190582

お忙しい中いらしていただいたお三方です。左からあべさん、よしださん、みやかわさん。

まずは蒸すのに時間がかかるがんづきの作り方を教えていただきました。

P2190583

がんづきは農作業の合間のおやつとして食べられていた郷土料理です。

材料を順に混ぜていき、最後に酢を加えてふくらませます。これがコツだそうです。

みるみるうちにぷくぷくしていく生地の様子に参加者も「わあー」っと声をあげていました。

担当のあべさんはかぼちゃを入れたりするバージョンもお好きだそうです。

いろいろアレンジできそうですね。

次に串団子の生地つくり。これはあらかじめ作っておいた生地をみなさんに丸めていただきました。

簡単なようで意外と丸にするまで難しい。。。

担当のみやかわさんに「手のひらをまっすぐにして、ちょっと力いれて丸めるのがコツ」と教わりました。

P2190588

丸めたものは、こちらも蒸して冷水にとり、醤油たれにからめてしばらく置いておきます。

次はひっつみ汁のひっつみの作り方。

生地は少し寝かせたほうがいいのであらかじめ用意したものをみなさんに「ひっつまんで」いただきました。

耳たぶくらいの生地を親指の根本のあたりを使って伸ばして・・・。

これも慣れないわたしたちは「変な形になっちゃった~」と悪戦苦闘。

大丈夫、大丈夫と励ましていただきながら完了。

味を調えてひっつみ汁の完成です。

最後に難関?!の祭り寿司。

見た目は難しそう・・・!

まずはよしださんに一つ見本を作っていただきました。

P2190595

祭り寿司のコツは準備だそうです。ご飯をちゃんとはかっておくこと。慌てちゃいけないけど、手際よくやること。あとは度胸!

少しくらいずれてもあじわいがありますね。

一人一本作っていただきました。

よしださんに各テーブルまわっていただき、そばでレクチャー。

どうにかみなさんに仕上げていただき、切ってもらいました。

P2190603 おいしそうですね!

よしださんは花巻でも巻きずしの先生で日々お忙しくされているそうです。

そして牛とお米の生産者さんです。

P2190604 みんなで作ったはなまきの味を囲んで試食タイム。

話にも花が咲きます。

祭り寿司はレシピを見ていてもよくわからないのでやはり実際に一緒に作ることは大切ですね。

それにいつも花巻で食べさせていただきますが、どれもひと手間かかっていたんだな、とわかりました。

ひっつみ汁もていねいにだしをとってあり、ひっつみの生地も少し寝かせる時間が必要だったり。

あらためて産地交流でのおもてなしに感謝でした。

P2190607

小山田美女会のみなさんは普段は地元の行事のお弁当やデイサービスの昼食を作っているそうです。

必要に応じて資格も取ってがんばっておられるとのこと。

みなさんとお話して元気をもらったような気がします。ありがとうございました。

寒い中ご参加くださったみなさまも、ありがとうございました。

おうちでまたひっつみ汁など作っていただいたりして、花巻を思っていただけるとうれしいと思います。

 

2020年2月10日 (月)

まんまる 2月号(vol.137)

Yokosuka PDF版はこちらmanmaru_202002.pdf

2020年1月27日 (月)

「薬膳料理で不調をサポート」終了報告

1月23日木曜日、横須賀センターにて「薬膳料理で不調をサポート」企画を、くらぶ「ブロッサム」主催で行いました。

さぽねっと講師さま、参加者さまにはあいにくにも冷たい雨の中、足を運んでくださいました。

まずは、気の巡りをよくし、冷え症状によいお茶を頂きながら「薬膳とは」といった、考え方を教わり、今の自分の不調をチェックシートによって見つけ出し、その原因を考えつつ、身体に足りない栄養を補う食材を見つけ出す、座学を行いましたbook

2020123_2  

それから、身体を中から温めてくれたり、身体の中の巡りをよくする食材をふんだんに使ったスープとご飯、また、胃腸の働きを整え、冷え性の方にお勧めのお茶を添えて軽食をとりながら、歓談、質問タイムで、楽しく有益な時間を過ごしました。

ご飯のお供には、身体を温め、潤いを与えてくれる食材の入った「しそクルミ味噌」も。参加者に好評でしたdiamond

 

Img0868_2

気にはなっていたけど、特に読んだり調べたりしていなかったので、薬膳を知る良い機会となりましたconfident

2020年1月13日 (月)

まんまる 1月号(vol.136)

Yokosuka PDF版はこちらmanmaru_202001.pdf

2019年12月20日 (金)

JAいわて花巻 冬の交流に行ってきました!④

二日目です。

花巻といえば!

宮沢賢治!

ということで、今日は賢治三昧です。

その前に。

交流田を見に行きました。

Pc010459

秋の交流で稲刈りをして、また春までお休み、の田んぼです。

それから宮沢賢治記念館へ。

途中で花巻のおもてなし部隊「はなまきコンシェル」のガイドさん・たかはしさんと合流。

たかはしさんは花巻愛・賢治愛がすごい方で、休みなくいろんなお話をしてくださいました。

時間が足りない、足りない!

宮沢賢治記念館でじっくり資料をみながら学んだあとは、宮沢賢治童話村へ移動しました。

Pc010464

賢治の童話の世界を体験した後はたかはしさんによる紙芝居!

こどもたちに囲まれて、時には一緒にこどもたちとよんでもらった紙芝居。

花巻の空気とともに、とっても素敵な時間でした。

Pc010467

宮沢賢治の世界を堪能したあとはお昼ご飯です。

これも賢治ゆかりの天ぷらそばとサイダー。

このメニューは賢治がよく教え子にふるまったメニューだとか。

冷えた体にあったかいおそば。

おいしかったです。

Pc010472

おなかを満たしたら、農産物直売所「母ちゃんハウスだあすこ」へ移動して、花巻の旬を見て、買いました。

楽しい時間ももう終わりで、お買い物のあとは新花巻駅へ移動です。

駅前の広場で簡単なお別れ会。

生産者さんへ向けて各参加家族がお礼をのべて、またの再開を誓って

記念撮影しました。

Pc010475

この二日間ですっかり花巻のファンになったみなさん、またどこかでお会いしましょうね。

2019年12月16日 (月)

JAいわて花巻 冬の交流に行ってきました!③

しめ縄を作り(意外に力も使い疲れるんです(笑))、ホテルに戻って小休止。

それから・・・リピーターの方には一番のお楽しみ。

夜の交流会です。

忙しい中、小山田美女会のみなさまがいつもおいしい料理をふるまってくださいます。

この日も・・・!

Pb300451

てんぷら、あんこもち、もってのほか(菊)の和え物、漬物、かぼちゃのケーキ・・・などなどもりだくさん。

もちろん、郷土料理ひっつみも登場。外では男性陣がAランク和牛をじゃんじゃん焼いてくださって。

そのまわりをおなかを満たし、すっかり仲良くなった子供たちがゴム手袋風船を作ってもらって

大はしゃぎ。

Pb300458

 

寒さに弱い大人は中でまったり生産者の方といろんな話をして盛り上がりました。

料理の食べ方も地元ならではというものがありました。

あんこもちにくるみだれをかけるんです。

コクが出るとか。ひっつみにもいれてました。

私たち参加者はあんこもちは、あんこもちとして味わいたいね、と話していましたが、やってみると!

朱に交われば赤くなる。花巻流で最後は味わいました。

楽しい時間はあっという間です。

話はつきませんがお開きになり、みなさん、それぞれ東和温泉を楽しんだりで、一日目は終了です。

2019年12月14日 (土)

JAいわて花巻 冬の交流に行ってきました!②

カントリーエレベーター見学で私たちのもとに届いているお米について学習したあと、いよいよ

この冬の交流のメインイベント「しめ縄つくり」体験です。

場所をささやかに移動して、重要文化財である「旧小原家住宅」横の施設、谷内伝承工房館にて行いました。

しめ縄つくりをはじめとする稲わらを使ったモノづくりは、農家の冬の仕事の一つです。

お米を作るだけでなく、稲わらも大事に活用するというのも農作業の一つ。

そんな文化的な面を生産者の方を交えて、交流しました。

Pb300445

 

Pb300440 小分けにしてある稲わらから10本取り、それをしっかり結んでから半分にわけてそれをよっていきます。

これが慣れるまでとっても難しかったです。

すこし水でしめらせて、滑りすぎないようにして両掌でこすらせるように・・・。

これは説明では難しいですね。

いつかみなさんも、花巻で実際にやってみてください!

そうやってよったものを、三本つくり、それをさらによって(合わせる感じ)太い、立派な

縄へ作り上げていきます。

向きがとっても大事で右向きによったら、合わせていくときは反対方向にしてよって・・・。

うーん、これも難しいですね。

私はなんとか最初の段階のよったものを三本作る、まではわりとすぐにできたのですが、そのあとが・・・。

最後は先生に仕上げてもらいました!

先生も「私もよくわからないのよね・・・」といいながらひょいひょい、っとよってくださいました。

Pb300441 こどもたちも一生懸命作ってました。

できたらそれぞれ飾りつけをしてできあがり。

ついよくばってたくさん飾ろうとしましたが、バランスがわるくなって落ちたりするので、よくばってはいけないな、とおもいました。

世界で一つのしめ飾りのできあがり!

Pb300449 終わったらこびる(おやつ)を食べました。

てづくりのお団子!おかわりする子もいましたよー。

Pb300447 こびるを食べたら隣の「旧小原家住宅」の見学です。

実際に住んでおられた小原さんの案内のもと、見学させてもらいました。

旧小原家住宅については秋の交流で報告されてありますので、そちらをご覧くださいね~。

Pb300446 みなさん、お疲れさまでした。

ホテルへ戻ってのんびりしたあとは、夜の交流会です!

続く・・・

2019年12月10日 (火)

JAいわて花巻 冬の交流に行ってきました!①

こんにちわ。

JAいわて花巻のみなさんと交流してきて最後の冬の交流へ行ってきました。

花巻の寒さに備え厚着の我々参加者は、東京駅では「暖かくてよかったわねー」なんて言っていましたが、新幹線を降りたら!寒い!

「昨夜はちょっと雪が降ったんですよー」との生産者さんの言葉に迎えられて私たちでした。

一日目の最初の工程はカントリーエレベーター(お米の貯蔵庫)見学。

これは秋の交流でも行い、詳しく書かれているので写真だけ・・・


Pb300435

Pb300434

Pb300437

たくさんのコメ袋がきれーいに並んでいるのは圧巻でした。

見学が終わると移動してしめ縄つくりです。

続く・・・

続きを読む »

2019年12月 1日 (日)

JAいわて花巻 秋の交流 Part.5 旧小原家住宅、お別れ

9月29日

旧小原家住宅

そしてお別れ

 お昼になり、旧小原家住宅へ移動・見学し、そこでお昼ご飯をいただきました。

旧小原家は藩政時代の一般農家の住宅で、18世紀中頃に建てられたものと推定されており、「南部曲がり家」の発生過程を知ることができる民家です。曲がり家の左側部分では馬が飼われていたそうです。

Dscn1209

水車小屋が併設されており、見学しました。

Dscn1215

小屋の中には水車を利用した臼と杵があり、様々な用途に使われていたそうです。

Dscn1219

ここでお昼ご飯。小山田美女会の方々がご飯を炊いて下さいました。

お米を目の前でたき火とお釜で炊き、フタを開ける瞬間は大盛況でした。

Dscn1221_2

炊き上がったご飯と小山田美女会の方々心づくしの豚汁、おかずを旧小原家住宅でいただきました。貴重な体験でした。

Dscn1222

Dscn1223

小山田美女会のみなさま、ごちそうさまでした。ありがとうございました。

 

 

その後、産直ショップ「あおぞら」でおみやげを買い、新花巻駅でお別れ会をしました。

今回の秋の交流は他の交流にも参加された方が多く、自分が植え育てた米を収穫する貴重な体験ができた、という意見が多く感激でした。

Dscn1228


 

生産者のみなさま、参加者のみなさま、お疲れ様でした。

ありがとうございました!

JAいわて花巻 秋の交流 Part4. カントリーエレベーターの見学

つづいて、カントリーエレベーターの見学に行きました。

Dscn1182

カントリーエレベーターは生産者の方々が刈り取ったお米を乾燥調製し保管しておく施設です。保管する場所は常に15℃に保たれているそうです。

Dscn1200

Dscn1201

預かったお米は、コンピューターで適正に管理されています。そのようすも見学させていただきました。

Dscn1185

Dscn1196

Dscn1190

お米の検品の説明もいただきました。

Dscn1205

大規模かつ緻密な管理に驚き、収穫した稲がお米になるまでにたくさんの工程があることを実感しました。

カントリーエレベーターの関係者のみなさま、ありがとうございました。

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart