2018年7月11日 (水)

「卵のパック工場見学ツアー」

6月23日、パルシステム「産直たまご』の産地、神奈川中央養鶏農業協同組合へ卵のパック工場見学ツアーに行ってきました。

梅雨の週末、雨の降りだしそうな朝、川崎駅前に集合した参加者は、バスにて神奈川県の愛甲郡を目指しましたbus

バスの車内では、参加者全員で自己紹介karaokeをしたり、神奈川中央養鶏の紹介を聞いたり…あっという間に現地に到着。

雨のパラつく中でしたが、開会式では生産者の皆様とパック工場の方々のからご挨拶をいただき、2グループに分かれての見学のスタートですwink

私は最初に卵のパック工場を見学、その後バスに乗り込んで鶏舎の見学というグループでした。

パック工場は、GPセンターと呼ばれ、G=グレーディング(洗卵・選別)とP=パッキング(包装)の略です。

Photo

白衣とキャップ、靴カバーをして工場内部へ潜入です!

Photo_2

農場から運ばれてきた卵は、丁寧に洗浄され、傷や汚れのチェックを受け、計量しパック詰めされます。割れやすい卵ですが、これらの工程はスピーディに機械で行われているのです。さらにチェックする人の目も…。

Photo_3

ここのラインでは、パルシステムの産直たまごのパッキングの様子をみることが出来ました!見慣れたパックです!

3

パック工場を出るころには、雨もパラついてきましたが、バスに乗って鶏舎の見学へ向かいました。車窓からの見学でしたが、生産者の方からは鶏に負担をかけない開放鶏舎のお話や、徹底した衛生管理など、安全安心な卵を生産するための努力をうかがうことが出来ました。

Photo_4

その後、バスを降りて新しくできた「こっこのおうち」を見学eye

ここでは、平飼いで飼育されている鶏の様子を実際に見ることが出来て、大人も子どもも興味深々。案内してくれた生産者の方へ質問が尽きない様子でした。

Photo_5

見学の後は生産者の方々を囲んでの昼食交流ですdelicious

おいしい温泉卵とそうめんをいただきながら、話も弾みます。

4

グループごとに代表の方に感想を述べてもらいました。今回参加してくれた子どもたちがとても積極的で、どのグループも発表者はお子さんでした。それぞれ自分の感じたこと、思ったことを伝えてくれて、和やかなひと時となりました。

今回のツアーでは、普段見ることのできないパック工場の見学や、生産者の方との交流という貴重な景観ができました。卵は『一日に1個』と思い込んでいた私ですが、「毎食食べても大丈夫!」という生産者の方の話に、これからはおいしい卵をもっともっと食べようと思いました!

2018年6月25日 (月)

つる丸瓦版 6月号

Yokohamahigasi PDF版はこちらtsurumaru_201806.pdf

2018年5月28日 (月)

つる丸瓦版 5月号

Tsurumi PDF版はこちらtsurumaru_201805.pdf

2018年5月23日 (水)

エリア活動定例会

5月22日(火)エリア活動の定例会が行われました。
総代にもなっている方が、見学に来られ、メンバーの一員になってくれました。
2017年度商品開発チームのプレゼンから始まりました。
テーマが「朝ごはんにも海の幸!手軽にできる水産品」をコンセプトに考えられたそうです。
塩麹が利いていて柔らかい塩味。とても食べやすいです。

6月2回から注文ができます。
是非とも、食べてみてください。

これから、横浜東エリアは企画が目白押しです。夏休み親子企画も2つあります。
忘れずに、どりーむぺいじをチェックしてくださいね🎵
今日の試食は、「わかめどっさりうどん」
こしがあって、モチモチして美味しかったです。「ヨーグルト」あっさり食べやすいです。

エリア定例会では、イベント情報など先取りで、解ります。
次回、6/14(木) 10:30~12:30
7/12(木) 10:30~12:30
鶴見センター会議室です。
(JR鶴見線〰️安善駅から徒歩3分)

見学希望の方は、エリア活動課まで、お電話で申し込みの上、ご参加くださいね🎵
申し込み先お電話↓↓↓
045-470-6863
「エリア定例会の見学したいです。」とお伝えください!

Lucky!!ミーティング

5月16日ミーティングを行いました。
4月からお仲間2名が増え総勢7名になりました。
昨年度、お願いしていた講師の方がお忙しく行えなかった「思春期講座」今年度9月末に行えるよう手配中です。マッチングが上手くいきますように…楽しみにしていてくださいね🎵

今回は、ハーバルリュウムを作りました。とっても簡単!でも、センスと個性が出ます。
個性様々の作品になりました🎵

お腹もすいたので、お昼の試食タイム!
3日時短レシピから…

お腹も満たされ、そろそろお開き!
次回、6月20日(水)10:00頃~13:00頃
鶴見センター会議室または、保育室
見学は、どなたでもOKです。お子さま連れでも、大丈夫ですよ😃
まずは、お電話で
「くらぶミーティングの見学がしたいです」
とお伝えください。
電話↓↓↓
045-470-6863 エリア活動課まで
お待ちしています。

2018年5月 2日 (水)

GWの連休前半の4月29日(日)に

毎年恒例の多摩川河口干潟観察を行いましたwink

当日はお天気にも恵まれ(暑いくらいcoldsweats01)、たくさんの方にご参加いただきました。

場所は『大師河原干潟館』、『正式名称は大師河原水防センター』といって、

非常時には災害拠点となる場所です。

そこを平常の活用として大師干潟館は地域の方々に親しまれています。

↓↓↓大師河原水防センター(大師河原干潟館)↓↓↓

https://www.tamagawahigata.net/

まずはじめに干潟のこと、干潟での注意事項、

そして実際の観察場所までの道のりでぬかるんだところを歩くので、

そこでの歩き方のレクチャーなどを受けました。

_2018_19_2

さぁ、いよいよ観察場所へ向けて出発します。

青空が本当に清々しいですsun

_2018_18

川岸まで来たところで、奥の方に今回の観察場所である中洲のような場所がありました!

干潟館のスタッフの方が先導してくださり、

『よし!じゃ行こう!』と足を踏み入れた途端・・・、

ズボズボと、どんどんぬかるみにはまっていきますwobblysweat01

小股でサクサク歩くと教えてもらいましたが、なかなかうまくいきませんsweat02

その様子を写真に収めたかったのですが、実は一緒に来ていた4歳の息子が転んでしまい、

それにつられて私も転んで、観察前にすでに泥まみれになってしまい、

カメラを出せる状況にありませんでした(笑)crying

ちなみに一緒にきていた8歳の娘は組合員理事に手をつないでもらい、

涼しい顔で観察場所の中洲に早々と到着していましたcoldsweats01

体重が重いとどんどんはまっていくそうで、

意外と大人、特にお父さんたちがぬかるみと戦っていらっしゃいましたbearingsweat01

そして長い道のり(!?)を経て、観察場所へ到着しました。

_2018_1_2

_2018_2

_2018_17_2

_2018_10

_2018_16

_2018_9

みんなで探して、カニやチチブ(ハゼの一種)などを見つけましたhappy02

それぞれバケツや虫かごなどにいれて、じっくり生き物観察をしました。

そのあと、見つけた生き物たちを観察しながら干潟での学習会も行いました。

_2018_7

カニの名前や、オスとメスの見分け方、ハサミの特徴などを知ることができましたhappy01

こどもはもちろん、おとなの方も楽しんでいる様子でした!

捕まえた生き物たちは干潟の大切な住人です。

ここで生き物たちを干潟へ返しましたconfident

このあと、詳しい学習会を干潟館の会議室で行う予定でしたが、

みなさん、ぬかるみとの戦いで、泥だらけになってしまったので、

急遽『青空教室』となりましたhappy01

_2018_20

日陰を通り抜ける風と新緑の中での学習会は、とても気持ちよかったですsun

干潟に住む生き物を知ることで、ヒトと共存していくために、

環境に良い暮らしについて考えてもらうきっかけになればと思いました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

<参加者のかたの感想(一部抜粋)>

・日頃体験できない干潟のぬかるみに四苦八苦しましたが、

 子どもと一緒に楽しめました!

・想像以上の泥でしたが、子どもたちもとても楽しんでいました。また家族で来たいです!

・さかなをさわっておもしろかった。

 どろんこがべちゃべちゃできもちよかった(お子さんからの感想)

2018年4月23日 (月)

つる丸瓦版 4月号

Yokohamahigasi PDF版はこちらtsurumaru_201804.pdf

2018年3月26日 (月)

つる丸瓦版 3月号

Tsurumi PDF版はこちらtsurumaru_201803.pdf

2018年3月10日 (土)

Lucky!!ミーティング

3/6(木)ミーティングを行いました。
そして、味噌作りを行いました。
2月の企画の反省行うのすっかり忘れてます😱
➰本日の試食➰

急遽、見学に来られた方いらしたので、中華丼とカレーライスになりました。
そして、2名が私たちメンバーの仲間入りをしてくれました👏👏👏👏👏
ますます楽しくなりそうです🎵

どなたでも、活動に興味のある方はお問い合わせください。
「blogを見て見学希望です。」とお伝えくださいね🎵
お問い合わせ:045-470-6863
エリア活動推進課迄、お待ちしています(☆∀☆)

味噌作り

3/6(木)鶴見センターにて、味噌作りを行いました。
大豆は前日にセンター長に水に浸しておいて貰いました。
圧力鍋で茹でると、あっという間!

子どもたちも楽しそうにお手伝い♪

麹と塩を混ぜて…
潰した大豆と麹と塩を混ぜたものをさらに混ぜ合わせて、味噌だまを作りました。

これで仕込み完了👍
6月に天地返しを行うまで、センターの片隅にしまっておいて貰いました。

出来上がるのが待ち遠しいです🎵

Powered by Six Apart

WEB版weeklyどりーむぺいじ