« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月25日 (月)

はあと to はあと 5月25日発行

528hiratuka_2

2015年5月17日 (日)

小田原果樹の学校:みかんの花見に行ってきました♪

とってもよく晴れた5月17日(日)sun小田原果樹の学校スタートですshineshine

今年1年間、生産者の石井さんと、横浜北エリア&川崎エリア&平塚エリアのメンバーで交流していきます。

果樹の学校もいろいろなコースがありますが、エリアは「みかんコース」です。

今回は、みかんの花見でした。みかんといっても、冬に出回る一般的なみかんだけではありません。

石井さんの畑にはいろいろな柑橘類が植わっていますhappy02

そして今日は、その柑橘類のお花がきれいに咲いていましたup

P1030681 上の写真はレモンの花。初めて知ったのですが、葉っぱまでレモンの良い香りがしますhappy02

下はバレンシアの花と実。

P1030682 お花見をしながら、石井さんのお話をうかがいますconfidentear

この綺麗になった見事な実も、山に住む動物たちのエサとなってしまうこともあるのだとかsweat01

上の方はカラスから狙われ、美味しそうな実からつついて食べてしまうそうですimpact

他はハクビシンなどの小動物にも狙われますdash収穫しようと思ったら、食べられていて収穫できなかったこともあるそうです。

農薬散布が1回とのことなので、動物にとっても、きっと美味しいのでしょう。

でも、丹精込めて育てた作物が実にならないとは悔しいですよねpout

ネットをかけてある木もありましたが、脚立で登ってかけるのも大変そうな高さの樹も多かったです。

そして、「ネットをかけたは良いけど、収穫もしづらくなったんだよね~down」とつぶやかれていました。

ほぼ石井さん一人で作業されているそうなので、大変さがうかがえますwobbly

P1030683 みかんの樹の赤ちゃんですdownwardleft

P1030684木も年を取るので、新しく植えていかなければならないそうです。

でも、ある程度大きくなって実がなるまで5年位かかるようで、絶対になるとも限らず・・・。難しいですねsweat01

P1030678 上はキウイの花。下の摘み取った雄花と受粉させます。

キウイの花を初めて見ました!結構大きいですflair

P1030686 キウイも収穫してから追熟しすぎてしまうと、お届け時に柔らかくなりすぎてしまうそうで、クレームとなることもsweat02

その年によっては全く収入にならず逆に廃棄代がかかることもあります。

今年は気温が高い日もあったため、早く柔らかくなってしまい、2tほど廃棄したそうですcrying

食べられる物を廃棄なんてもったいないと感じました。

柔らかいだけなら、柔らかいのが好きな方用&ジャム用として売れるのではと思いましたが、感じ方は個人差があって難しいようですdash

消費者として、生産者のリスクを半減できるよう買い支えていきたいと思いますshine

いろいろお話をお聞きしたのですが、天候・気候・動物相手で大変なことが多いので、石井さんに「農家をやめたいと思ったことはありますか?」と直球の質問をしてみましたimpact

「ないね。」と即答。

「サラリーマンやったことないからわからないけどさ~」と明るく答えていましたが、その表情には農家としての自信や誇りもうかがえましたheart01happy02素敵ですねnote

交流をしながら、私たちに出来ることがあれば新しく始めていけたら良いなと思いましたshine

また次月も交流報告をしますので楽しみにしていてくださいねsign05wink

2015年5月10日 (日)

オニオン祭に行ってきました!

5月10日(日)ジョイファーム小田原主催の「オニオン祭」が開催されました。

今年度の平塚エリアは、ジョイファーム小田原と交流していきますhappy01

私は初参加でしたが、行ってみて参加者の多さにびっくりしましたsweat01

東京・山梨から来ている方もいましたtrain

開会式のあと、玉ねぎ畑へ向かいます。

P1030657_2

今日はお天気が良く、山の緑がとてもきれいに見えましたclover

P1030660生産者の方より玉ねぎの収穫手順の説明があり、その後収穫ですup

写真に写っている、倒れた緑のねぎの下に玉ねぎが埋まっていますhappy01 

P1030659

P1030661 根元を持って抜きます。

P1030663 抜けました~sign01やってみると結構面白いですnote

P1030665 抜いた玉ねぎの茎を3㎝ほど残して切り落とします。

P1030664 根っこも切り落とします。切り残しのないように丁寧にflair

P1030667 収穫した玉ねぎupwardrightもっとたくさんのコンテナに一杯入っていました。

この後、袋詰めしてテープで留めて作業終了です。

今回は大勢で作業したため、そんなに長い時間はかからなかったのですが、

中腰で作業したり、玉ねぎを詰めたコンテナも重いし、袋詰めして出荷する準備等、

体力勝負なところもありました。

(参加者は作業していませんが、切り落とした茎やマルチシートのお片付けもありますdash

普段生産者の方が少人数で作業されているかと思うと感謝の気持ちでいっぱいですupshine

P1030668 お昼は女性生産者の手作りカレーをいただきますhappy02

カレー粉はパルシステム「使えるカレー」でしたcatface

気持ちの良いお天気の中、外で食べるカレーはさらに美味しい!heart04

カレー(ライスは持参)はおかわりが出来るということで、近くに座っていた子は

何回かおかわりに行っていました。私はそんなにたくさんご飯を持っていかなかったので

残念ながら何回もおかわりというわけにはいかず・・・(涙)sweat02crying

来年は多くごはんを持って行きたいと思います!

P1030672

昼食後はイベントタイムbell

写真は玉ねぎ早食い競争(低学年の部)です。

生のスライス玉ねぎを早く食べ終わったタイムを競いますwobbly

子供なのに大丈夫なのかなぁと半ば不安な気持ちで見ていましたが、みんな早い!

びっくりですsign03

大人の部は女性も男性も周りの目を気にせず大きな口でかきこんでいましたが、景品を見て納得sign03

大きな段ボールにフルーツがたくさん入っていましたlovely

私も来年は参加できるように頑張りますnote

他には、生産者を探せスタンプラリーや、玉ねぎの個数当てクイズ、○×クイズなども行われました。

P1030676 玉ねぎの収穫体験もでき、イベントもあり、収穫した玉ねぎのお土産も付いてくるなんて

とっても楽しいオニオン祭でした。また来年も参加したいですheart01

平塚エリアでは、今年度はジョイファーム小田原「果樹の学校」に入学し、

みかん生産者の方と交流していきます。

交流の様子や企画などは、エリアニュースやブログなどでご報告しますupnote

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart