2018年10月29日 (月)

かもめ 10月号

Yokohamaminami PDF版はこちらkamome_201810.pdf

2018年10月26日 (金)

10月エリア会議

10月19日横浜南センターにてエリア会議を行いました。

今日の議題は主に前回の『年末年始商品試食会』の報告と、2月に開催する『JAみどりのお料理教室』の役割分担などです。お料理教室はおいしい郷土料理を作って食べられる、毎年人気の企画です。2月にむけていまから準備を始めます。ご案内をお楽しみに!!

riceball10月のJAみどりの秋の交流で稲刈りに参加したメンバーの報告もありました。天候に恵まれ、おいしいものをたくさん食べてきたようです。お土産にお米を各種いただいたとのことでお留守番メンバーにもおすそ分けを配ってくれました。

Dsc_1265

宮城のスター銘柄のお米がズラリsign03運んでくるの重かったでしょ?ありがとうlovely

『元気つくし』はメンバーのふるさとのお米で、無農薬のプレミアム米なんですって!

これもおまけでいただきました。(宮城米ではないヨ)

Dsc_1263

delicious本日の試食smile

「直火炒めチャーハン」と「ミルク焼きドーナツ」

香ばしい醤油味のパラパラチャーハンと、油で揚げていないのでカロリー控えめなしっとりフワフワドーナツでした。

2018年10月25日 (木)

年末年始商品試食会

10月11日 横浜南センターにて、パルシステムがおすすめする年末年始商品の試食会をしました。

Dsc_1243_horizon

今年はぱっくん隊の方にお正月にふさわしい華やかなしつらえを教わり、簡単な調理をしてからの

試食会になりました。

Dsc_1247_center

甘酢大根のスライスとスモークサーモンを巻いて昆布で結んだ「奉書巻」

1540367407464

かまぼこの飾り切り2種

Dsc_1250_2

こんな感じに個々で盛り付けるとおもてなしにぴったりshine

restaurant上段左から「黒豆のパンナコッタと黒豆」「ローストチキン」、「さば寿司2種」

restaurant真ん中 かまぼこの飾り切り

restaurant下段左から 「サーモンの奉書巻」「ホタテの二色ソース(トマト・キウィ)」「イクラの甘酢おろし和え」

1540037844835

試食用はこちら↑ 同じメニューだけど、おもてなしとなると器は大事だなあと思いました。

shine肉厚で大粒の野付のホタテは甘くて旨味がたっぷりで、参加者みんな絶賛の味でした。

奉書巻きと、かまぼこの飾り切りは、自分の試食分は自分で作るので、みんな真剣に取り組みました。

黒豆入り豆乳パンナコッタはクリーミーで甘さ控えめ。黒豆の煮汁を煮詰めたソースがおいしさの秘訣でした。

1540250760611

一足早くお正月が来たような豪華な試食で、どれもとてもおいしくいただきました。

2018年9月24日 (月)

かもめ 9月号

Yokohamaminami_3 PDF版はこちらkamome_201809.pdf

2018年9月14日 (金)

9月エリア会議

9月13日横浜南センターでエリア定例会議がありました。

今回は主に10月11日に行われる「年末年始試食会」の企画進行について話し合いました。

おいしいものが色々食べられそうなので、これをご覧の皆さまも参加していただきたいです。

pencilお申し込みはこちらから↓ 締切:はがき 9月21日(金)消印有効・WEB・FAX 9月25日

http://www.palsystem-kanagawa.coop/event/20181011nenmatushisyokukai

riceballさて、定例会の一番のお楽しみはなんといっても試食で、

毎回、何が食べられるのかとても楽しみなのですが、

今回のおたのしみはランチもかねて「紅あずま」で作ったさつまいもごはんと、

「産直鶏と野菜の大葉焼用(和風味)」、「わ~い!さんま 味付け」でした。

Dsc_1206

さつまいもごはんは甘くて程よい塩加減で、おかず二品もご飯がすすむおいしい選択でした。

自分では選んだことがなくて、あらこんな商品もあったのね!

と新たな発見があり、みんなでおいしさの確認ができるのは定例会の試食の

良いところだなあと、さつまいもごはんを食べながら思いました。

Dsc_1209

notes今日はセンターに「キッチンカー」が駐車していました。

今週末のイベントで活躍するために来たそうで、神奈川県に1台しかないらしいです。

小さくてかわいいレアものです。ぜひ運転してみたい!

2018年8月27日 (月)

味噌の天地返しをしました!

7月27日 たまごの学習会の後、

1月に仕込んだ味噌をいよいよ天地返しをすることになりました。

半年間横浜南センターの調理室の片隅に放置したままだった味噌樽です。

わりとやっつけ仕事で仕込んだ味噌です。

それでもカビだけは生えないように慎重に消毒したつもりでしたが、

今年の夏は非常に暑く常温で放置した味噌樽なのでとっても心配です。

カビで真っ青だったらどうしよう~sweat01

coldsweats01

ドキドキの開封です。

bearing

いざ、開けてみるとなんとも美しい出来栄えでした。

カビ大丈夫だった!

すでに味噌のおいしそうなにおいが漂います。

Dsc_1050

まず1月にやったようにこぶし大の味噌玉をつくり別容器に並べます。

Dsc_1056

樽の上部分だった味噌玉は今度は底にいくように空気を抜きながら

樽に敷き詰めていきます。

底のほうにあった味噌玉はなるべく上になるように、

熟成が均等になるようにします。

Dsc_1057

ちょっと味見してみたら、もうすでに味噌の味がしましたが

まだまだでした。でも味はなんとなくいい感じ。

カビが生えないようにアルコールで樽を拭いて

再び封をして、冬まで熟成を待ちます。

Dsc_1051

今度開けるときはおいしく食べられることを祈り

また半年後~!!

かもめ 8月号

Yokohamaminami PDF版はこちらkamome_201808.pdf

2018年8月25日 (土)

夏休み 親子でたまごクッキング

7月27日chick親子参加のたまご学習会を開催しました。

1533798597087_3

神奈川中央養鶏、パルシステム連合会のたまご担当者、配送責任者さんに

たまごが家庭に届くまでの過程や、仕事の苦労、工夫などを聞きました。

クイズや貴重な産卵シーンの鑑賞など、親子共に興味をもって参加できました。

1533798622471親鳥の餌

その後は『産直たまご』とパルシステムの食材を使った『おにぎらず』と

『たまごボーロ』作りに挑戦しました。

1533798676684_2

たまごの具材を使ったおにぎらずは、野菜と挟んで半分に切ったらキレーイ!

と歓声が上がりました。

たまごボーロもみんなで慎重にコロコロと丸めてオーブンで焼くこと10分!

サクサクに出来上がりました。

中央養鶏さんから温泉たまごの提供もあり、おなかいっぱいのランチ会になりました。

restaurantrestaurantrestaurantrestaurantrestaurant

pencilたまご学習会を通じてパルシステムの安心安全なもの作りを「知る」ことで

商品の背景を「意識する」ようになったので、

これからももっと本当に良いものを「選んで買う」ことにつなげていきたいと思いました。

2018年7月23日 (月)

かもめ 7月号

Yokohamaminami PDF版はこちらkamome_201807.pdf

2018年7月22日 (日)

JAみどりの産地交流会「田んぼの体験!草取りと生き物観察」二日目

二日目の朝を迎えました。

「これは、ちょっと痛いかも(?)」と、昨日の数分の草むしりでダメージをうけたふくらはぎと腰を

トントン叩きながら朝の支度をしていると、はやくも子供達は廊下に集結。

朝から元気な声が飛び交っていました。乗り込んだマイクロバスでも子供達は一緒に座り、

とても楽しそうでした。

途中、マイクロバスに迷い込んだ虫を丁寧に解説して下さるこうへい先生。

子供達も驚きの巧みな網さばきで虫をつかまえ、バスの外に逃してあげていました。

とても良い雰囲気で、涌谷町にある「崑峯寺」へ。

崑峯寺は、今から1200年以上前に坂上田村麻呂が建立したと言われています。

本尊の十一面観世音菩薩は、あの京都の清水寺から勧請されたそうです。

観音堂手前の仁王門に安置されている仁王像は、今まで見たことのないクリクリお目々の愛らしい顔。

「微笑み仁王」と言われているのが納得です。

恐る恐る仁王像を覗き込んだ息子に、「ママ、これは女の子なの?」と聞かれました。

さて、境内にあった「寛文の鐘」。音色が美しく、NHKの「ゆく年くる年」に登場したこともあるそうです。

一度近くで聞いてみたいものです。

見学途中、息子が境内で捕まえたのは、なんと!ホタル!!いとも簡単に捕まえていました。

日が出ている時間のホタル、私は図鑑以外ではじめてみました。夜になると、あの美しい光を放っているとは

想像し難い見た目ですが・・・。この土地の自然の豊かさを改めて実感しました。

Dscn5061

Image3

崑峯寺見学の後は、高台から美しい田園風景を見下ろし、その中に点在する「居久根」

について学びました。

Image1_2

居久根は、冬の寒さや山背から家屋を保護するために、屋敷の周囲に作られた屋敷林をさします。

200種程度の樹木で作られていることが多いそうです。食すための果樹、薬として用いるられるもの、

家屋の建て替えのための資源・・・。その中で暮らしが成り立つように育まれてきたそうです。

もちろん、生き物が生息する場所にもなっています。

居久根がより美しい景観を形作っていました。

こうして世界農業遺産をめぐり、この地域の農文化を学んだ後、「加護坊山」でBBQを行いました。

産地でとれた野菜やお肉を焼いて頂きました。

ここでも宮城ひとめぼれの美味しいおにぎりが振る舞われました。

Image6

どれもこれも美味しかったのですが、参加者が美味しさと見た目に驚いていたのが「ナス」。

と〜っても長い。そして、と〜〜っても美味しい。

Image4

お腹もいっぱいになり、帰り時刻まで子供達を中心に芝すべりを楽しみました。

連日の雨で芝が湿っていたため、「ビューーー」っとはなりませんでしたが、

お尻を濡らしながら「ズ、ズズーー」。

この土地を全身で噛み締めるように、滑っていました。

Image5

生産者さんのあたたかさ、この地域の農文化・食文化や自然を知ることのできた2日間。

子供と一緒に楽しく良い経験ができました。

秋の交流、冬の交流・・・、ブログ読者の皆様にも是非JAみどりの産地交流に参加して頂きたいです!!

Image7

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart

アクセスランキング