« 2017年5月 | メイン | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

梅干し袋漬けをおこないました!

2017年6月21日(水)に平塚センターにて梅干し袋漬けをおこないました。

ここのところ晴天が続いていたのにこの日は生憎の雨に強風まで吹きちょっとした台風のようなお天気でしたrain
実はメンバーにとって梅干し袋漬けの作業はほぼ初めて!
レシピを片手にドキドキしながら作業を開始しました。
梅は先日、ジョイファーム小田原の長谷川農園さんにて収穫された梅を使用。
まずは梅を水で洗い、ざるにあけて水けをきります。

Image_21

次に竹串(つま楊枝)でなり口をとり、キッチンペーパーで水けをとります。

Image_22

Image_26

最後はジップロックに梅を移し塩を入れ、全体を平らにし空気を抜きながら口を閉じ、密封状態にして冷暗所で保管して完成!

Image_24

Image_25

かなり気合を入れて作業を開始しましたが、意外と簡単でホッと一息。
この袋漬けされた梅がどうなるのかとても楽しみです♪

みそ作り企画で仕込んだみその天地返しをしました!

2017年6月21日(水)に平塚センターにて、今年1月に平塚公民館で開催された"なんてん主催みそ作り企画"で仕込んだみその天地返しをしました。

Image_9

新聞紙の蓋を外し、容器あけたら、表面に白いカビ。そのカビを丁寧に取り除く。

Image_19

Image_20

みそ団子をつくり、きれいにした容器に叩きつけいれる。
ストレス発散!

Image_10

Image_12

Image_13

表面をきれいに整えて、ラップをして、塩の重し。おいしくな〜れ!

Image_15

Image_17

Image_18

2017年6月27日 (火)

やっぱり石けん!洗濯用粉石けん

6月の定例会議で、リニューアルした「やっぱり石けん!洗濯用粉石けん」のプレゼンを聞きましたhappy01

今回新しくなったポイントは↓

1.粉末を細かい粒状にしました(写真下の右側がリニューアル後のせっけん、左側は旧品)

 flair造粒機で石けんにグリセリンを混合し粒を整えたので、粉とびしにくくなりましたsign03

 club使用感想:旧品は粉舞いして、くしゃみが出ていたのでなるべく吸わないように使っていましたが、リニューアル後は粉舞いしなくなりましたuphappy02とっても嬉しいです。

----------------------------------------------------------------------------

2.冷たい水でも溶けやすいので、洗濯槽に直接振りかけて使えます

 flair融点の低い脂肪酸原料を厳選し、水に溶けやすくなりましたsign03

 club使用感想:ドラム式洗濯機を使用していますが、洗濯槽に直接入れてガラガラ回しました。

 特に石けんカスも出ずに、色柄物も洗えましたwink

----------------------------------------------------------------------------

3.泡立ちは少なめでも汚れ落ちはしっかり!すすぎも楽になりました

 flair融点が低いラウリン酸・オレイン酸といった水に溶けやすく、洗浄力が旧品と同等な単体脂肪酸を選別配合しています。

 club使用感想:使用分量を守り、すすぎは2回はすることを気を付けて使いました。石けんの溶け残りもありませんでしたshine

柑橘系のさわやかな香りがほのかにするので、前よりも石けんの匂いが気にならなくなりました。

Img_20170616_102541 

水温が低いときは、お風呂の残り湯を入れて洗い時間を少しだけ長くしました。

合成洗剤を使用すると肌がかゆくなってしまうので、今回のリニューアルは私にとっては嬉しいリニューアルでしたnotehappy01

(ひまわり)

2017年6月26日 (月)

はあと to はあと 6月26日発行

Hiratsuka_3 PDF版はこちらhearttoheart_201706.pdf

2017年6月14日 (水)

「圧搾一番しぼり菜種油を知ろう」(菜種油学習会)を開催しました!

5月31日(水)に平塚市中央公民館にて、「圧搾一番しぼり菜種油を知ろう」を開催しましたsun

福岡県の平田産業(有)より講師をお招きし、圧搾一番搾り菜種油と市販油の比較を行いました。

ちなみにパルシステムの人気商品である『圧搾一番しぼり菜種油』は、1,250g、600g、180gの3つの大きさがありますclover

Img_5533

まずパルシステムの『菜種油』の商品DVDを鑑賞しましたshineImg_5507

短いDVDですが、『圧搾一番しぼり菜種油』の製造方法や商品づくりのこだわりがわかりやすくまとまっていますeye

「生協の宅配パルシステム公式YouTubeチャンネル」でご覧いただけますので、

ご興味がおありでしたらどうぞ下記のリンクからご覧くださいhappy01

https://www.youtube.com/watch?v=vJAzleNkOhM

Img_5508

講話では製造過程や遺伝子組み換え問題についてもお話がありました。

遺伝子組み換えとは生物の細胞から有用な性質を持つ遺伝子を取り出し、植物などの細胞の遺伝子に組み込み、新しい性質を持たせること言います。科学の力で直接遺伝子をいじるため、自然界に本来存在しないものを作り出すことになります(例:味の良い品種+乾燥に強くなる遺伝子→味が良くて乾燥に強い品種)。菜種の場合は、特定の除草剤で枯れないという遺伝子組み換えなたねがあります。

組み換えで効率的な改良が行えるのですが、「本当に大丈夫?」と安全性を気にする声が高まっています。

遺伝子組み換えは従来の品種改良(掛け合わせ)とは、似ているようで全く違います

品種改良(掛け合わせ)は、育種目的にかなった個体を選択し、さらに交配を繰り返して安定した種として確立させるものです(例:味のよい品種×乾燥に強い品種→味が良くて乾燥に強い品種)。交配でよい性質同士が結びつくとは限らず、何代も交配が必要なため時間がかかります。

「パルシステムの圧搾一番しぼり菜種油はどうして市販品よりも値段が高いの?」とよく聞かれるので、なぜ圧搾一番搾り菜種油がこの価格なのかを分かりやすく説明していただきましたgood

1.原料が違います。
原料へのこだわり:原料は南オーストラリア・カンガルー島産のNON-GMO(遺伝子組み換えしていない)菜種のみを使用しています。カンガルー島は南極からの南風が常に吹いているので、よそからの種子が飛散してくる心配がありません。平田産業の菜種油はNON-GMOだけの工場で製造しているため、安心してご利用いただけます。
※日本国内で流通している菜種の多くは、遺伝子組み換えが不分別の状態で製造されています。


2.搾油方法が違います。
しぼり方のこだわり:搾油方法は圧力を加えて絞る「圧搾一番搾り」。
タオルを手でしぼるような、昔ながらの製法です。
※一般的なサラダ油は、ヘキサン(抽出溶剤)をかけて油を根こそぎ抽出します。


3.精製方法が違います。
精製のこだわり:しぼった原油を食酢とお湯で洗います。薬剤を一切使いません!
油がきれいになるまで何度もていねいに繰り返すので、出来あがるまで最短で1週間かかります。
※一般的なサラダ油は、薬品を使用して不純物を取り除くので、短時間で出来あがります。

Img_5512

参加者からの「繰り返し使えると聞きましたが、何回くらい使えるのですか?」という質問に対し、

「回数ではなく、泡を見て判断してください」という回答をいただきましたyacht

ブクブク~と泡が出てきてはじけるようならあと3回くらい使えるそうです。

泡の状態が、カニが口から出すようなはじけない泡になったら炒め油として使うのが良いそうです。

揚げ物をした後の油はきちんと濾してカスを取り、ふたをして保管するのがよいとのことでしたscissors

おすすめとして、平田産業のメープルシロップと菜種油を使った大学芋のレシピ紹介がありましたsagittarius

圧搾一番しぼり菜種油:メープルシロップ=1:1の割合でフライパンに入れ、一口大に切った生のさつまいもを炒めるだけscissors

とっても簡単で大学芋みたいになるそうですtaurus

ごまをかけてもおいしいとのことmoon3

Img_5518_2

写真:左は新品の市販油なのですが、すでに酸化が始まっているそうで泡がはじけません。

写真:右は新品の圧搾一番しぼり菜種油ですが、泡がはじけています。

フライパンの大きさ・火加減・加熱した時間はどちらも同じにして揚げ比べしました。

市販油と圧搾一番しぼり菜種油を使って揚げたてを食べ比べるのもよいのですが、

鶏のから揚げを作って翌日冷めたものを食べ比べると油の違いがよくわかるそうですscissors

Img_5494_2

このとき揚げたのは、ジョイファーム小田原で生産された玉ねぎですconfident

甘くておいしい玉ねぎでしたhappy01

玉ねぎの揚げ比べ&食べ比べをした後は、グループに分かれて調理ですsign03

にんじんを揚げたり…capricornus

Img_5523

ちくわを揚げたり…fish

Img_5526

おしゃべりをしながら楽しく調理しましたwink

Img_5527

みなさん手際がとっても良かったですnote

「普段こんなに揚げることないよねcoldsweats02」などと話しながら、たくさんの天ぷらを揚げましたsmile

Img_5535

平塚エリア経営会議が作ったエリアみそを使ってみそ汁も作りましたshine

具は油揚げと葉ネギと玉ねぎですdog

Img_5538

おいしそうな天ぷらのできあがりheart04あじとちくわ、大葉、にんじん、玉ねぎeye

ごはんとみそ汁とあわせて天ぷら定食にして食べましたchick

Img_5542

試食しながら交流note

今回は平塚センターから1名の配送員さんがお手伝いとして参加してくれました。

このような組合員活動に参加するのは初めてだったそうで、参加者とともに有意義な時間を過ごすことができたそうです。Img_5545

普段食べている商品や、住んでいる地域の話、学習会の内容についての話などいろいろおしゃべりしましたriceball

Img_5547

講師の方も各テーブルを回って下さいましたclub

「大勢の人の前では聞けなかったことも、テーブルでなら気軽に聞ける」ということで、みなさんはさまざまな質問をしていましたapple

Img_5548

banana参加者の感想(一部紹介)banana

・菜種油の良さ・こだわりが分かって良かったです。

・菜種油の良さを教えていただき使い続けていきたいと思いました。

・油はやはり揚げ物等で試食してみなければ分からないことが沢山あった。

・平田産業(有)中村様に直に聞けていろいろと考えさせられた。食の裏側を考えます。

・平田産業さんの菜種油のこだわりを知れて良かった。高くても買いたいと思った。

・油の事が良く分かりました。主人が外で揚物を食べると気分が悪くなることが多いのですが、家のは大丈夫と言っていたのが納得です。

参加者のみなさまにも「ほんもの実感」していただけた企画となりましたheart

学習会に参加して商品づくりへのこだわりや遺伝子組み換えなどについて学び、食には裏側があること、怖い一面もあるということも知りました。

世の中に安いものはたくさんあります。なぜ安いのか?高いものはなぜ高いのか?その理由や背景も考えなければならないのだなと感じました。

安いものには安いだけの理由があり、高いものには高くなる理由があるからです。

値段の安いものをみんなが選択していくと、こだわりをもって手間暇かけて作った商品が売れなくなり、「売れないから作らない」という状況を招いてしまいます。

安全・安心できる「ほんもの」の商品が消えてしまわないように、私たちが買い続けていく必要があると思います。

安いのがいい、安全性の高いものがいい、国産のものがいいなど、商品を購入する時に消費者は都度選びます。

私は値段が少し高くても、安全性が高いものを自分と家族のために選びたいです。

今まで自分は「なんとなく」圧搾一番しぼり菜種油を購入していたのですが、これからは「きちんと選んで」圧搾一番しぼり菜種油を購入したいと思いました。

(もっちー)

2017年6月12日 (月)

ぼくのわたしの梅干しづくりin小田原

6月11日(日)小田原市上曽我にある曽我みのり館にて開催された、

「ぼくのわたしの梅干しづくり♪」にお手伝い参加してきましたhappy01

当日はちょうど良い涼しさの曇り空cloudsun

21家族・60名近くの方が参加されました。

P1050047


P1050048

ジョイファーム小田原の長谷川農園の梅畑にて梅を収穫後に、梅干しを漬けますshine

今日の講師は、生産者の斎藤さん。

説明や注意事項を受けた後に、梅畑へ移動します。

今回は落ちている梅は拾わないでくださいとのこと。

梅干しは落ちている梅で作ると思っていたので意外でしたsweat01

ジョイファーム小田原では、もいだ梅を使って梅干しを作っているそうです。

P1050052


P1050054

畑へ行くと、すでに生産者さんが梅の実を収穫しているところでした。

大人の背よりもずっと高い梅の木に登って収穫しています。

(参加者は古い枝に乗ると折れて危ないとのことで、樹には登りませんでしたcoldsweats01

梅にもいろいろな種類がありますが、今回収穫するのは小田原の品種「十郎梅」。

P1050058

P1050057

分かりやすく、梅の木の下にスプレーで品種ごとに色分けされていました。

収穫に適した実は丸くてぷっくりした方が良いとのことで、脚立を使ったり肩車してもらったりして大きな実を探していましたhappy01

P1050066  P1050071

収穫した梅の実の汚れやうぶ毛を取るために、大きなたらいでゴリゴリ洗います。

これは子どもたちが喜んで洗ってくれました!happy02

たらいの大きさに対して、子どもの人数が多くて片手しか入らない子も・・・sweat01

 

P1050073

P1050074

3回ほど洗ってきれいにしたら、ざるにあげて梅を漬ける作業ですflair

P1050078 違う品種が混ざっていたのも・・・?!私には見分けが付きませんcoldsweats01

P1050080

P1050079

今日は1家族1㎏の梅を袋に漬けます。

P1050081

写真が取れませんでしたが、梅のなり口を竹串できれいにした後、

布巾で拭いてジップロックに詰めます。塩を入れて空気を抜いたら終了ですupcatface

初めて漬けましたが、意外に簡単でした!

P1050082               

この後、ジョイファーム小田原で販売されてりる梅干しやみかんジャムなどを試食しながら

子どもたちから斎藤さんに梅についての質問コーナーがありました。

梅の花は何色ですか?梅の効果は?など簡単な質問から、

外国の人は梅干しを食べますか?梅の木には何個梅が出来ますか?など

斎藤さんも返答にちょっと困ってしまう、子どもながらの素朴な疑問が多く出ましたhappy01

P1050086P1050085

試食に出たみかんジャムや、あおみかんシロップの販売などもあり、充実した2時間でしたnote

1日経った梅干し↓

P1050093_2塩が浸透し、梅のエキスが出ています。色も緑から黄緑に変わっています。

天日干しするのが楽しみですheart04 

購入した青梅で漬けた梅シロップ↓

P1050091 梅仕事、はまりそうですnotelovely

(ひまわり)

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart