2018年10月14日 (日)

リラックス&リフレッシュヨガ〜身体が硬くても大丈夫♬〜

9月13日新横浜本部にて、講師・三崎玲子先生をお迎えして、リラックス&リフレッシュヨガを開催しました。
当日は、15名の参加者が、部屋いっぱいに広がり、穏やかなBGMを聴きながら、三崎先生の優しい掛け声のもと、スタート!

まず始めに、呼吸を整えながら、ゆっくりと身体を動かしていきます。
呼吸法は、息を吸うことよりも吐くことの方が大切だと教わりました。
あぐらをかく、足を真っ直ぐに伸ばす、手を伸ばして身体に反うなど、普段の生活では、意識しないと、なかなか出来ないことです。
筋肉をほぐすようにゆっくりゆっくりと身体を動かして行きながら、軽く汗をかく程度のレッスンがちょうどいいですね!

前半は、座ったままでも出来る動きがメインでしたが、後半は、うつ伏せになって足を後ろに伸ばしたり、仰向けになって手足を動かしていきました。
呼吸法にプラスして、短時間の集中力も併せ持つヨガは、初心者の方も始めやすい、とてもいい運動だと思いました。

ひと汗流したあと、三崎先生を囲んで、パルシステムの試食をしていただきながら、ティータイムを持ちました。
今回は、小さいお子さんを連れて参加してくださる方が多く、ヨガは、お母さんのリフレッシュ方法に選ばれているのだと気付きました。
またぜひ、楽しい企画を考えて、たくさんの方々に参加していただけましたら幸いです!

M.M

2018年10月 8日 (月)

はまきた夢通信 10月号

Yokohamakita PDF版はこちらhamakitayume_201810.pdf

2018年9月28日 (金)

おうちでカフェ気分☕

9月27日(木)新横浜本部で(株)ユニマットキャラバンから講師をお招きし
「自宅でカフェ気分♪おいしいコーヒーを入れよう!」を開催しました。
当日は小雨の降る中、16名の組合員の方が参加してくださいました。
(コーヒーの企画はいつも大人気で、今回も厳正なる抽選の結果、16名の方を当選とさせていただきましたshine

1538144074603


まず初めに、コーヒーについてのお話から。
コーヒー豆は産地にもよりますが、年に1回か2回収穫できるそうです。
産地は、①標高800m~1000m ②昼夜の寒暖差が大きい ③降雨量が多い
環境が適しているそうです。

収穫した実(豆)は、精選(水洗、乾燥など)後、選別してから各国に輸送されます。
輸送する際は“麻袋”と呼ばれる袋に入れて出荷されるのですが、
ブルーマウンテンだけは“木樽”に入れて輸送するそうですsign01さすが最高級コーヒーですねsign03

1538144135984


おいしいコーヒーを入れるためのポイントflair
 ●新鮮なお水がベスト!浄水器などの水でOK!臭気のある水や不純物の多い水は避ける。
 ●使う器具(ドリップ、サイフォン、パーコレーターなど)によって、粉の粒度を変える。
 ●人数分を入れて飲み切る。メモリのある容器で、人数分のメモリに達したら、ドリップ部分をすぐに外す。 
 ●入れたコーヒーは30分程度で飲み切りましょう。時間がたつほど味は落ちてしまいます。
 ●コーヒー(豆、粉)を開封したら、袋の封を閉じ、密閉容器(瓶や缶)にいれて常温で保存。
  この時、ジップロックなどで小分けにしたらなお良いそうです!
  とにかく酸化させないことが重要だそうです!

1538144176611


それではいよいよ実践ですsign01
講師のデモンストレーションの後、各グループでペーパードリップ式で入れてみました。
まず、
  ① 器具とコーヒーカップをあらかじめあたためておく。
    ペーパーフィルターのシール目を折り曲げ、ドリッパーにセットする。
  ② 定量分の粉(1杯あたり10gが目安)を入れ、平らにする。
  ③ 沸騰したお湯を少し落ち着かせてから、粉全体にゆきわたるようにゆっくりと注ぎ、20秒蒸らす。
お湯は粉の中心から外側へ向かって渦巻き状にそそぎ、外側までいったらまた中心へ向かって渦巻き状にそそぐ。
8割ぐらい注いだら、一旦ストップ。
  ④ お湯がポットに落ち切らないうちに2回目ドリップ。人数分のメモリに達したら、ドリップ部分をすぐに外す。
すべて落とし切ってしまうと、不純物が混ざったり味が薄くなり、イマイチな仕上がりになってしまうそうですsad

1538144214219


コーヒー豆はマイルドブレンドとゴールデンキャメルの2種類を用意。
各グループ、納得のいくまで(?)コーヒーを入れて試食と主に堪能していただきましたhappy02

実際に教えてもらった通りに入れてみると、普段自分が飲んでいたコーヒーは何だったのか?!
と思うくらい別物にsign03
入れ方ひとつでこんなに変わるものなのですね。(もちろん粉の種類も違いますが・・・)
コーヒーショップはもちろんおいしいけれど、おうちでのんびりコーヒーを入れていただくのも良いですねcafe

1538145657043


(株)ユニマットキャラバンの商品は、カタログ「きなり」「コトコト」「珈琲屋さん」などで
購入することができます!ぜひお試しくださいcafe

ご参加いただいたみなさま、どうもありがとうございましたhappy01


2018年9月10日 (月)

はまきた夢通信 9月号

Yokohamakita PDF版はこちらhamakitayume_201809.pdf

2018年8月 6日 (月)

はまきた夢通信 8月号

Yokohamakita PDF版はこちらhamakitayume_201808.pdf

2018年7月26日 (木)

伸び伸び楽しい子育てとは?

<7月5日(木)横浜北センターにて>

未就園児~中学生の子を持つ、横浜北エリアメンバーの悩み「毎日イライラしちゃう!」「子どもを叱ってばかり」「ストレスたまりまくり」・・・
そんな悩みを解消すべく、「イライラの原因って何だろう?ストレス解消で楽しい子育て♪」を開催しました。

当日は、0歳児から中学生のお子さんを持つ、毎日育児に奮闘している10名の組合員の方が参加されました!

講師は、昨年「子どもを伸ばすほめ方&しかり方」でお世話になった心理カウンセラーの manaレインボー代表 松尾直子先生です。

「自分を責めるともっとイライライラする」…子どもに対してイライラして自己嫌悪に陥る事ありませんか?

”イライラ”は自分の中で抑え込んでいる力・豊かさ・感覚に気づくためのサイン。
”イライラ”する自分を分かってあげて癒してあげることが大切!
”イライラ”の根っこには何があるのか…?

ネガティブな思いも、ポジティブな思いも、『期待』から生まれるそうです。
勝手に期待して、それが満たされないから「イライラ」してしまうこと、ありますよね。
『期待』は相手に伝えなければいけません。(子どもには優しくね!)

そんなお話からセミナーが始まりました。

Img_20180705_100638


まずは、ペアになって先生からの質問にお互い答えるワークショップから始まりました。
質問は「自分の子にイライラするのはどんな時?またそのパターンはあるのか?」「その気持ち(感情)の裏にある期待は何?」など5項目。
そうすると、全ては自分が子どもの時に親からされていたこと、思われていたことと関係があることが分かりました!

親からされて嫌だった同じことを子どもにしてしまうパターン、逆に、自分は小さいころできていたのに、どうして自分の子はできないの?というパターン。
自分の子どもの頃を思い出し、自分の子どもの行動と照らし合わせることで、色んな感情が沸き起こります。

続いて、イメージワークです。
部屋を暗くして目を閉じ、ゆったりした音楽の中、先生の優しい声から誘導される質問に答えていきながら、本来の自分自身(インナーチャイルド)と向き合う時間に。
質問が終わったころには涙する参加者もちらほら…


このセミナーのでの気付きを実践すると、3週間程でイライラが改善されるとのお話し。
忙しい実生活の中で、なかなか難しい場面もあるけれど、この日の想いを忘れずに子どもと接していこうと思いました!
毎日接する子ども達。伸び伸び楽しく子育てしていきたいですよね♪


<参加者の声>

・自分の思いと向き合う時間になってすごく良かった。子どもの頃の思いが子育てに深くかかわっているのだということが分かって良かった。
・自分では思ってもいないところが関係しているものなのだと考えさせられた。
・子どもの問題が、自分の中の欲求を抑えていた問題と言うことなど考えたこともなかったので、目からウロコで非常にためになりました。
・とても勉強になった。日々に活かせそうな内容だった。
・自分がとても興味のある内容で、自分を見つめ直すきっかけ作りができたと思います。
・勝手に涙が沢山流れました。自分の中の知らなかった感情、思いに気付けることができ感動した。
・毎日の事なので本当に悩んでいたのですが、今回のセミナーを通して子どもの見方を変えるきっかけを与えて頂いてとても感謝しています。とても良い企画だと思った。
・まさかこんなに泣いてしまうとはびっくりしました。


当日は、先生の執筆本やイメージワークのCDの販売もしていただき、数名の参加者が購入されていました!

Img_20180705_130149


次回は子育て企画第2弾 9月3日(月)「キレない子どもに育てるには?」を開催します。
詳細はどりぺに掲載予定ですので、ぜひご覧ください♪

2018年7月 9日 (月)

はまきた夢通信 7月号

Yokohamakita PDF版はこちらhamakitayume_201807.pdf

2018年6月11日 (月)

はまきた夢通信 6月号

Yokohamakita PDF版はこちらhamakitayume_201806.pdf

2018年6月 2日 (土)

おいしい!おすすめ!『までっこ鶏むし鶏』

2018年度の横浜北エリアおすすめ商品は『までっこ鶏むし鶏(ペアパック)』
これからいろいろな形でおすすめしていきますので、ぜひぜひご注目ください。

まずは商品について知ることから始めようということで・・・
5月22日に横浜北センターにて「むし鶏を使って手軽にいっぴん♪」を開催しました。
パルミートとパルシステム連合会から女性の方がおひとりずつ講師としていらしてくださいました。

20180522_103822155_20180530074314


資料を見ながら、まずはパルシステムの産直鶏肉全般についての説明がありました。

パルシステムの目指す「日本型畜産」や「産直四原則」の基本的な内容から、
鶏肉のお話しへ。パルシステムの産直鶏肉、何種類あるかわかりますか??

までっこ鶏・米沢郷鶏(山形&宮城)・鹿児島若鶏、産直鶏(北海道)=一般的なブロイラー
コア・フード 地鶏しゃも(茨城)=しゃも

これらの種類を、以下のこだわりをもって育てています。

one飼料への抗生物質無添加(通常は出荷7日前までの添加が一般的)を鶏の健康を
第一に考えた飼育によって実現chick
two自然の環境に近い光と風の入る鶏舎で飼育sun

までっこ鶏は岩手の十文字チキンカンパニーが産地。までに=丹念に・丁寧に、育てた鶏です。
先ほどのこだわりに加え、飼育後期の飼料には動物性たんぱく質を使わないため、
あっさりしてくさみがない鶏になっています。また、きれいな地下水を飲んでスクスク育ちます。

までっこ鶏「むし鶏」は20年ほど前からスタートした商品。今でこそムネ肉流行りですが、
以前はモモ肉が人気で、一頭まるごと買い上げるシステムではムネ肉が余りがちでした。
そこで誕生したのが『までっこ鶏むし鶏』なのです。いま流行のサラダチキンの大先輩sign02

もちろん化学調味料やリン酸Naなどは不使用。調味液をしっかりと浸透させてから、
皮付きのままで蒸し上げることで、パサパサせず、しっとり~と仕上がっていますhappy02

までっこ鶏むし鶏のお話しのあとには、までっこ鶏産地もバイオマス発電の産地を担っている、
パルシステム電力の方から詳しいお話しもありました。毎日400tも出る鶏糞を、たい肥以外に
利用できないか、東日本大震災をきっかけにスタートした取り組みです。
発電するために燃やした鶏糞の灰も、ちゃんと肥料原料にして循環していくんです!!

商品について詳しく知ったあとは・・・もちろんみんなでおまちかねの試食restaurant
今回は、むし鶏そのままと、だいどこログからのレシピを2つ、試食していただきました。

20180522_114558712_20180530074212

20180522_120505122_20180530074140


むし鶏と新人参のジェノベーゼサラダ https://daidokolog.pal-system.co.jp/recipe/4294
までっこ鶏むし鶏のお手軽ごまだれ丼 https://daidokolog.pal-system.co.jp/recipe/1170

どちらも好評で、とても手軽にできるので、ぜひご家庭でも作ってみてください!
ジェノベーゼソースはレシピよりも少なめでOK。ごまだれ丼のたれはマヨネーズがきいていて
おいしかったです。

これからの季節、サラダはもちろん、冷やし中華などの冷たい麺類にのせてもちょっと豪華になる
『までっこ鶏むし鶏(ペアパック)』。ぜひ冷凍庫に常備してくださいねflair

最後にパルミートおすすめのレシピをご紹介。

【エリンギとむし鶏のあえもの】
エリンギ 100g・ むし鶏 100g(1パック)・ 冷凍枝豆 60g・ 酒 大1/2
A : おろししょうが 小1・ しょうゆ 大1・ 酢 小1・ 砂糖 適宜
①枝豆は解凍し、さやから取り出す
②エリンギはオーブントースターで軽く焦げ目がつくくらいに焼く
③ボウルにAを合わせ、解凍して水気をふき取ったむし鶏、枝豆、食べやすい大きさに切った②をあえる

ほかにもきゅうりやハムと合わせて中華風サラダにも!
【簡単ごまだれ】・・・すりごま 大3・ 便利つゆ 大2・ 酢 大1・ ごま油 小1
生姜のみじん切り 1かけ分・ ねぎのみじん切り 5cm分

nato

2018年5月 7日 (月)

はまきた夢通信 5月号

Yokohamakita PDF版はこちらhamakitayume_201805.pdf

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart