2018年4月30日 (月)

ポップコーン 5月号

Kawasakikita_3 PDF版はこちらpopcorn_201805.pdf

2018年4月 2日 (月)

ポップコーン 4月号

Kawasaki_2 PDF版はこちらpopcorn_201804.pdf

2018年3月14日 (水)

冷凍食品の活用術

2月22日小雨sprinkleが降る木曜日。溝の口駅近くにある高津市民館にて、私たちF&Fくらぶは(株)東京コールドチェーンより講師をお招きして「~解凍方法でもこんなに違う!?~冷凍食品の活用術」と題して行いました。

始めに講師の方に商品の熱い思いを伺いear、その後調理スタートhappy012018222_4

今日のメニューrestaurant

「オクラとなめこのかき玉スープ」

「酸辣麺風サラダ」

「国産豚肉で作った肉まん」 

「マンゴースムージー」

「さくらだんごcherryblossom」でした。

調理は簡単にできるの??と思いましたが、「おくらとなめこのかき玉スープ」はカタログに載っている「おくらとなめこの山和え」を、チキンブイヨンを溶かし沸騰したお湯に入れ溶き卵を回し入れ、調味料で味を調えたらできあがり!というお手軽料理restaurant。他の調理も普段食事を作りなれている手際のよい主婦にかかればラクチンポン!!でした。

肉まんは「蒸し器で蒸した場合」と「電子レンジで温めた場合」の食べ比べをしました。温めてすぐはどちらもおいしくいただけますが、こちらの商品は保水剤などを使用していない為、時間がたつと皮が乾燥して硬くなりやすくなっているそうですdespair。調理の手間と時間はかかりますが、やはり蒸し器の方がおいしかったです。皆さまお試しあれ!です。

2018222_6 

写真は「酸辣麺風サラダ」です。大根とにんじんをピーラーで薄い麺状に切り水菜を添えて、その上にまたまたカタログに掲載されている「山芋とれんこんのシャキシャキ肉団子」を温めて乗せるだけnote。お好みで食べるラー油をかけて完成です。


手作りのマンゴースムージーもおいしかったです。

2018222_3

こちらが完成したお料理のセットです。

デザートの「さくらだんごcherryblossom」は今春デビューの新商品だそうです。中は白あんで春らしい雰囲気heart01一足先に春deliciousがやってきました!!

2018年3月 5日 (月)

ポップコーン 3月号

Kawasaki PDF版はこちらpopcorn_201803.pdf

2018年2月22日 (木)

~見て 聴いて 学ぶ~わたしの町の戦争の記憶 

11月30日(木)川崎市多摩区にある明治大学平和教育登戸研究所資料館に行ってきました。

バスを降りるとそこは秋が深まるちょっとした森の中。

キャンパス内は色とりどりの樹々の葉が迎えてくれました♪ちょっとした紅葉狩りの気分maple

今回で3度目の訪問となる私。夏の暑い中も涼を感じられて良かったし、立秋の頃のすがすがしさも良かったけれど、今回の晩秋の凛とした空気もまた良し!

外から見る資料館は変わらずだけど、館内はまた、様変わりしていました。

3回とも展示物が少しずつ変わっているし、もちろん館内の様子も違っています。説明して下さる資料館の職員の方も違えば、伝わってくる言葉のニュアンスもちょっと違う印象です。参加して下さった組合員の方々も違うので、色んな視点から質問されていて、改めて「ほぉ~」っという気づきもあり!奥が深いです!

館内には、第二次世界大戦で使用されていた「風船爆弾」の1/10縮尺模型や、実際に使用されていた原料や材料に直接触ってみることが出来ます。和紙をこんにゃく糊で張り合わせ強度を増すための加工を施された気球紙は、軽くて破れないしっかりとしたものでした。貼り合わせるのにこんにゃく糊とはびっくりですよね!日本ならではの製法!!

Photo_2

この気球に牛疫ウイルスを搭載してアメリカを襲撃しようとしていたのかと思うと、かなり恐ろしい気がします。実際には生物兵器の搭載はなかったものの、日本陸軍が水面下で行っていた生物兵器や毒物・スパイ機材などの研究も行われており、その名残が展示されています。映画のお話しにある「007」のような品々が現実のものとして使用されていたんだと思うと、ちょっと不思議な気分でした。

2

大学正門脇にある「動物慰霊碑」も見学したのですが、今回は何やら祀った跡があったのでお尋ねしたところ、毎年農学部が「動物慰霊碑」と「弥心神社(現:生田神社)」を祀られていることを伺いました。『もし、このキャンパスに農学部が入らなかったらこのように祀ることはなく、もしかしたらそれぞれの史跡も残されることはなかったかもしれない』と言われて、改めて登戸研究所の数奇な運命に想いを馳せずにはいられない気持ちになりました。think

来年3月10日には、この登戸研究所で働かれていた方のお話しが聴ける機会が設けられるとのこと。どんなお話しが聴けるのか、とても興味があります。お時間ある方、気になる方は、是非足を運んでみませんか? 一緒に秘められた戦争の裏側を見にいってみませんか?

Photo_3

2018年2月 5日 (月)

ポップコーン 2月号

Kawasaki PDF版はこちらpopcorn_201802.pdf

2018年1月 8日 (月)

ポップコーン 1月号

Kawasaki PDF版はこちらpopcorn_201801.pdf

2017年12月13日 (水)

めざせコーヒーマイスター! ハンドドリップコーヒー講座

5月23日、宮前市民館にて、小川珈琲さんを講師に迎え、ハンドドリップコーヒー講座を行いました。

最初に、講師の方から、コーヒーについて、スライドで勉強しました。(生のコーヒー豆を見せて頂いたり、コーヒーの産地と特徴、焙煎とブレンドについてなど。)その中で、小川珈琲さんのコーヒーの品質や焙煎へのこだわりも知ることが出来ました。

15131129372010_4


スライドの後、小川珈琲さんから、実際に美味しいコーヒーの入れ方を見せて頂きましました。
お湯の温度、フィルターのセット方法、入れ方を学びました。
きちんと入れたもの、適当に入れたものとの飲み比べ、同じ粉とは思えないほど、味に違いがありました‼️

講師のレクチャーの後、各テーブルに戻って一人一人、実際にコーヒーを入れました。今回、三種類のコーヒーを入れさせて頂きました。一度に飲み比べる機会はあまりないので、どんなテイストのコーヒーが自分の好みなのか見つける事が出来て良かったです。

内容が盛り沢山で、時間が押せ押せになってしまいましたが、パルのお菓子も試食として出し、コーヒーとお菓子を頂きながら、参加者の方と談笑の時間も取る事が出来ました。

ハッピーママは今まで親子企画をメインで行ってきたので
初の大人向け企画でしたが、コーヒーに対する知識を深められ、また参加者の方との交流出来、とても楽しく行う事が出来ました。また、このような企画も行っていきたいと思います。

3d5b5b1de589463c9c5d1ba7dbd0fb56


E3a09d4c1c6b4d6ab5f9d9a3ab7a5ce0


2017年11月 6日 (月)

ポップコーン リニューアル号

Kawasaki PDF版はこちらpopcorn_201711.pdf

2017年10月23日 (月)

JAみどりの 秋の交流

 10月7日~8日、JAみどりの秋の交流会へ参加してきましたhappy02

前日までは連日晴れが続いていたみどりのですが、初日は雨rainということで、

予定されていた一日目の稲刈りは、明日に延期と なりました。

 お昼前に予定通りJA古川駅へ到着。 駅には、JAみどりのの方々がお迎え

に来てくださいましたheart04

黄金色の田んぼが広がる中、JAみどりのの生産者の方々とお話をしながら、

お米の生産者のお宅へ向かいましたbus

Img_0251

飛来したばかりのマガンの群れも見る事ができました。

途中、民家に寄り添うように木が立っている光景が度々目に入りますhouse

これは「いぐね」といい、冷たい西風や北風から家屋を守る為に、 杉などの

高い木々を植えているのだそうですtyphoon

以前は、冷たい風が小枝を落とし、その枝を薪としてお米を炊いたり、 お風呂

を沸かしたりしたそうです。

これぞ一石二鳥ですねflair

話に夢中になっている間に生産者のお宅に到着bus

今日は雨のためハウスの中で用意してくださった農工具で脱穀体験ですhappy01

明治?!大正?!とにかくとっても古い貴重な農工具での体験となりましたshine

 Img_0238_2

とれたてのぶどうもご馳走になりました。 とっても甘くて美味しいぶどうでしたheart01

脱穀体験の後、お米の精米過程を見せて頂きました。

Img_0242_2

Img_0239 今年はカメムシが大量発生しているとのことで、食害された部分は米粒が黒くなって

しまいます⇑

こちらの生産者のお宅では、色彩センサー搭載の機械で、変色した米粒を選別し、

更に1.9mmの網を通してお米の粒の大きさも選別しているとのことでしたflair

今年は梅雨明け宣言と共に雨続きだったそうですが、1~2時間の晴れ間に稲はちゃんと

受粉をし、きれいなお米ができたそうです。

稲のすごさを感じましたsun

次にお米の備蓄センターを訪問しました。

 

Img_0262_2 

Img_0254_2

Img_0257_2

生産者からお米が届くと、一袋づつお米を取り出し、検査をするそうです。

1000粒の穀粒選別機という機械にかけて、形の良さや、ヒビが入ってい ないか、

被害のあるお米などの状況がパーセンテージで示されます。

また、食味計で美味しいお米かどうかなど、JAみどりのではすべて検査し データ化

しているとの事でしたpc

パルシステムのお米は、農薬や化学肥料などの使用状況も厳しとの事で、私達が安心・

安全な美味しいお米を頂けるのも、こうした生産者の方々のおかげだと、改めて感謝

の気持ちでいっぱいになりましたshine

続いて向かったのは、県内でも最大級のバラ園、(有)ハニーローズなんごうですnotes

Img_0267_3 

Img_0272_4

広大なハウスの中で、多種類のバラが栽培されていました。

今年の春頃の企画、バラの花束プレゼントのバラはここハニーローズさんのバラとの

ことでしたsign01 なんと、友人が当たり私はバラのおすそ分けをいただいていたのですheart02

嬉しいご縁でしたlovely

今度は私から友人へ、ハニーローズさんのバラのポプリをお土産にnote

次に、みどりのの皆さまのご厚意で生産者のお宅にてきゅうりの収穫体験をさせていただきましたhappy01

Img_0281_2

 

無農薬で育てられたきゅうりをその場でパクリ

甘~~い!

Img_0282_2

Img_0273_2

おやつには、女性生産者の方々がにぎってくださった新米の塩にぎりriceballをいただきました。

もう、その美味しさって言ったら・・・lovely

我が家では、みどりのの交流以降、おやつはおにぎりが定番になりましたhappy02

その後、いよいよ本日の宿泊場所、ロマン館へ。

子どもたちは餅つき体験もさせていただきました。

 

Img_0287_2

待ちに待った夕食交流会riceballbeer

つきたてのお餅と、女性生産者の方々の心づくしの郷土料理がずらりshine

Img_0293_3

Img_0294_4

どれも、本当に美味しくて、お腹いっぱいでしたshine

・・・ちなみに、私はおにぎり6個完食delicious

夜は、輝く月fullmoonを見ながら、温泉で温まりましたspa

Img_0315

JAみどりの秋の交流二日目は、見事な秋晴れsun

生産者の皆さまのご尽力により、稲刈り体験をさせて頂けることに なりました。

Img_0316

Img_0317_2

最初に訪れたのは梨園です。 大きな梨がたわわに実っています。

ただ、今年は台風で1000個ほどの梨が落下してしまったそうです。

梨は大きさに関わらず芯の太さは同じなので、実が大きい方が、 食べられる部分が

多いそうです。

大きいものを探しながら収穫note

Img_0320

Img_0333_2

3種類の梨の食べ比べ 甘さや、食感、酸味にそれぞれ特徴があります。

どれもジューシーでとっても甘かったですheart04

Img_0338

Img_0339

その後いよいよ稲刈り体験へsign01

春の田植えから組合員が関わっていた田んぼに到着 黄金色の稲が収穫期を迎えていましたriceball

稲を束ねる方法を教えていただきながら、子どもも私もとってもいい 汗を流すことができましたhappy02

Img_0343Img_0334

Img_0350

Img_0352

Img_0355

Img_0338_2

お昼は、加護坊山の山頂で、女性生産者の方が朝から準備してくだ さっていた

宮城の芋煮とおにぎり、手作りのお漬物をいただきましたriceball

Img_0358

Img_0370

青空の元、素晴らしい自然の中でいただく贅沢shine

山頂まで大きなお鍋を持ってきて、振る舞ってくださった生産者の皆さまに

感謝の気持ちでいただきましたheart02

Img_0368

Img_0369

二日間のJAみどりの秋の交流、本当に温かいみどりのの皆さまのお陰で、

素晴らしい貴重な体験をさせていただく事ができましたsun

子どもは、ごはんを食べるときに「これ、みどりののお米?!」と聞いていますhappy01

それほど、みどりののお米の美味しさ、生産者の方々の温かさが印象深かったのだと思います。

温かく迎えて下さった皆さま、本当にありがとうございましたshine

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart