川崎エリア経営会議 Feed

2016年11月22日 (火)

わたしのまちの戦争の記憶〜見て 聴いて 学ぶ を開催しました

10月19日(水)、川崎エリア経営会議の平和企画、「わたしのまちの戦争の記憶〜見て 聴いて 学ぶ」を開催しましたconfident
参加者及び主催者計14名で、明治大学生田キャンパス内にある、明治大学登戸研究所資料館を訪問しました。

まずはDVD鑑賞ですtv
登戸研究所資料館が開館するまでのDVDを鑑賞しました。

次に、学芸員の方に説明していただきながら、各展示室を見学しました。

登戸研究所資料館では第1展示室から第5展示室までがあり、それぞれテーマに沿った資料が展示されています。

第1展示室では、登戸研究所の組織図など、登戸研究所の全容と歴史が概観できました。

第2展示室では、電波兵器や風船爆弾について紹介されていました。
こちらは実物1/10の模型。
偏西風に乗って北米大陸まで到達するための意外なハイテク技術についてパネルで解説されていました。

第3展示室では、スパイが使用する特殊インクや毒物・生物兵器について紹介。
戦争の恐ろしさを改めて痛感しました。

第4展示室では、偽札製造と中国における偽札使用について展示されていました。
戦争の裏側を垣間見る展示室でした。

第5展示室では本土決戦に備えて移転した長野県に残された実験器具などが展示されていました。

こちらは登戸研究所時代に暗室として使用されていました。

入口は光が入らないようクランク式になっており、電気を消すと真っ暗!でした。

そのご敷地内の登戸研究所の史跡を案内していただきました。

倉庫跡
湿気が多かったですcoldsweats01

消火栓
正面にある五芒星は、陸軍のマークです。

旧本館一体
ヒマラヤ杉並木・車寄せなどが当時の姿のまま残っているとの事です。

動物慰霊碑
裏には陸軍登戸研究所とありました。

弥心神社
当時は研究(知恵)の神をまつっていたとのことです。

展示資料館は、じっくり見るのであれば、時間がいくらあっても足りない内容ですが、学芸員の方がとてもわかりやすく解説してくださいましたshine

「2010年に設立された資料館になるので、研究はまだまだこれからです。新しく発見されたもの、展示にふさわしい状態にあるものを随時追加で展示していきます」
との事でした。

これからも、戦争という暴力の愚かさを忘れることなく平和を噛みしめることができるような活動を積み重ねていけたらと思います。

2016年8月16日 (火)

ブルーベリー狩り

8月6日金曜日、小田原までブルーベリー狩りに行ってきました。人生初のブルーベリー狩りで 前日からワクワクが止まらずなかなか寝つけませんでした。

最寄駅の下曽我駅からジョイファームまでは思ったよりも少し遠くて、暑さに負けそうになりました。

ブルーベリー畑に着くと、宝石のようなブルーベリーがドッサリ。毎日どんどん実っていくので、毎日収穫しないといけないそうです。赤い実がまだ熟していないもので、青い実が食べ頃のものです。2種類のブルーベリーが植えてあって、ホームベルとティフブルーという種類でした。

可愛いミノムシがたくさんいましたが、害虫のようです。

チームに分かれて収穫量の競争をしたり、勝ち残りのクイズ大会があったり、今までよりも生産者さんとの距離が縮まった気がしました。みなさんとても気さくな方ばかりで、親近感が持てました。


とれたてのブルーベリーは甘くてジューシーでとても美味しかったです。頂いたブルーベリーのババロアもとても美味しくて、子どもたちもまた行きたい!と言っているので、来年も参加したいと思いました。庭にも木を植えてみよう!という事になり、どの種類を植えようか調べています。

広島原爆記念日の日に、家族揃って美味しい食べ物を口にできたことを感謝しつつ、生産者さんみなさんがこれからも健康で長く美味しい作物を作ってくださることを願います。

2016年5月27日 (金)

小田原交流 〜みかんの花見編〜

5月27日に昨年度から交流させていただいている石井さんのお宅に「みかんの花見」で伺いました。
川崎を出たときにはポツポツと降っていた雨でしたが、小田原に着いたときには雨はあがりました!

「さあ、みかんの花見だ!」と息巻いていたのですが…「みかんの花を見るにはちょっと遅かったね。実がつき始めたよ」とのこと。
花を見られないのは残念ですが、ベビーみかんを見られるのもなかなかないチャンスです!

まずはみかんの前に農耕具を見せていただきました。

チェーンソーや剪定鋏は見たことのある道具ですが、緑色の機械はチッパーという剪定した枝を粉砕してチップにする機械だそうです。


箱の中に入っている機械は何かわかりますか?正解は受粉作業の際に使う花粉交配機です。
受粉作業というと、綿棒で地道に花粉をつけていくのかと思っていたのですが、この機械を使い花粉をシューッと噴射するそうです。この交配機の使用で、作業効率が上がったそうです。
このような農機具を見られることも、農家さんとの交流の魅力のひとつです。


いよいよ石井さんの畑に出発です!
まずはキウイ。

キウイの雌花です。雌花は3つの花が咲き、真ん中の花を残して左右を摘果します。

これはキウイの雄花。写真だとわかりにくいのですが、花の形が違います。

キウイの実が少し大きくなっているものもありました!
キウイのうぶ毛が見えますか?

石井さんのお宅には、いろいろな種類の果物が植わっています。こちらはレモンの葉です。トゲがあるので、収穫のときには気をつけないといけないそうです。
レモンの葉からはレモンの香りがするんですよ♫

小さいですが、レモンです!こんなに小さくてもレモンの形をしていて、とてもかわいいです。

こちらはゴールデンオレンジ。味見をさせていただきましたが、酸味が少しありますが、ハッキリとした味で美味‼️

よく見ると、上側の枝の二股に分かれた手前の部分に切ったような痕があります。これはみかんの木に少し切り目を入れ、そこに別の品種のみかんの穂をつけると、元々の木ではなく新しく付けた別の品種のみかんができる「接ぎ木」という技法のあとだそうです。
なぜこんなことをするのか?と不思議ですが、みかんの木の成長には10年かかります。その間に、みかんは次々と品種改良されます。もし、新しい品種の木を新たに植えたとしても、10年待たないといけませんが、接ぎ木をすると3年で収穫できるそうです。
ただ、接ぎ木は木にとっては大手術。うまくつかない場合もあり、下の枝のようになることも…。
なので、接ぎ木をしたら新しく苗木を植えるそうです。もし接ぎ木をした木がうまく育たなかったとき、新しく植えた木から収穫ができるためです。
うまくいくと、接ぎ木した木と新しく植えた木どちらからも収穫できることもあるそうです。

畑を見せていただいた後、石井さんのお宅で採れた梅で作った梅ジュースをいただきました。青梅で作った梅ジュースを飲んだことは何度もあるのですが、熟れた梅のジュースを初めていただきました。石井さんご夫妻のような優しいお味でした。

今回は平日の交流だったため、大人だけでじっくり石井さんのお話を聞くことができました。石井さん、ありがとうございました!

次回は来月のバレンシアオレンジの収穫になります。
どんな交流になるか、楽しみです!(K.K)

2016年2月16日 (火)

浜の母さん料理教室

2月12日(金)、てくのかわさきにて、
2015年度 野付漁協 女性部 『浜の母さん料理教室』を開催しましたhappy02


まずは、野付漁業協同組合と北海道漁業協同組合連合会の方達のお話しと、DVDを見ながら、漁業fishと植樹xmasの関係や取り組みなどを学習しました。

その後、料理室に移動して、いよいよ『浜の母さん料理教室』の始まりですnote
元気で明るくてチャーミングなお母さん達に、浜の母さんならではの数々のレシピを教えていただきましたhappy01

↑これは殻付きほたての開き方を教えていただいてる所flair
コツをつかめば、つるんときれいに貝柱を取ることができます。
プリプリの貝柱、美味しそう〜lovely

note本日のメニューnote

ほたてご飯
秋鮭汁
秋鮭のミニちゃんちゃん焼き
ほたてフライ
ほたての刺身
秋鮭スモークサーモンのサラダ



clover試食メニューclover

秋鮭の親子丼
北海しまえび
冷凍ほたての刺身

ジャジャーンsign01

テーブルごとにいただきま〜すhappy02

北海道では、ほたて自体の価格が上昇しているそうです。まるごとのフライはすごく贅沢でした。
とにかく甘くてほたての味が濃いshine

高級品のしまえびもたっぷり試食delicious

二種類のご飯もどちらも美味しくて、もうお腹も心も大満足でしたheart01


各テーブルごとに、生産者の方々とお話をしながら、北海道のお話や、お料理のお話などなど伺いながら、とても楽しい&豪華なランチタイムでしたhappy01shine

愛情たっぷりの浜の母さんのお料理を伝授していただいたことに感謝ですheart02

野付漁業協同組合、北海道漁業協同組合連合会の皆さま、

本当にありがとうございましたheart04

2016年1月22日 (金)

エリア交流会を開催しました!

1月18日に、今年度の川崎エリア交流会を開催しましたnote

当日はまさかの雪snowsign03 交通機関は大混乱の中、ガッツのある川崎エリアは遅刻しながらも開催場所の宮前センターに集まりましたrun

今回のエリア交流会のテーマは「防災」。とても真面目な交流会を開催したように感じられますが、そこはいつも楽しい川崎エリア、防災だって楽しんじゃいますshine
「防災」というと「何を備えればいいか、わからないsad」「いつ起こるかわかならいのに、お金をかけられないbearing」「子育てや日々の生活だけで精一杯crying」というイメージですが、「無理なく無駄なく備えるflair」と、それほど難しいものではありませんscissors 災害があっても、日常生活は続くのだから、家事をこなす主婦の目線はとても大事になりますshine

実際に自治体が出している避難グッズのリストmemoを見つつ、主婦目線で「これが足りない」「これは家の家族には絶対必要!」などをお話しました。



実際にエリアメンバーの避難バッグの中から、100円ショップのスグレモノや、「これあると便利!」などを紹介しました。




最後はおたのしみの試食heart04
炊飯袋で数種類の炊き込みご飯を作りました。
炊飯袋に米を入れて、水を入れ、好みの缶詰を汁ごと入れて、茹でるだけpaper 特別な材料はなにもありません!
「こんな缶詰があるの?」と、最近の缶詰の種類に驚くエリアメンバーもいました。様々な缶詰をスーパーで見つけるのも楽しいし、「どんな炊き込みご飯を作ろうか?」と子どもたちと一緒に考えて作るのも楽しいです!


開催日は阪神・淡路大震災から21年と1日経った日で、しかも首都圏の交通機関が大混乱いうアクシデントもありましたが、交流会をきっかけに、「我が家の防災を見直そう!」と思ったエリアメンバーもいて、災害を「自分ゴト」として捉える良い機会になったのでは?と、企画者としては嬉しく思いますhappy01

みなさんも、楽しいアイデアで災害に備えてみませんかsign02






2015年11月23日 (月)

ポップコーン 12月号

Photo_3

 

2015年11月14日 (土)

認知症サポーター養成講座

10月27日に高津市民館で認知症サポーター養成講座を行いました。

福祉事業部の方のお話と、DVDを見て、認知症の事例や声を掛けるとき、どのようなことに

気を付けたらよいのかを教わりました。

Photo

参加者の方からの質問や、講師の方の実例をお聞きしながら、なんとなくの認知症の

ことが、少しずつわかってきたように思いました。

その後は、2人1組で、一人の方が自分のことを話をする時に、相手は、顔を見たり、

頷かないで無表情のまま、話を聞くときと、相手が楽しそうに話を聞いてくれている

のとでは、気持ちがどう違うかを体験しました。認知症の方にとったら、知り合いの方で

も、身内の方でも、警察官と明らかに制服でわかる職業の方に話しかけられても、相手が

勝手にしゃべって、何をいっているのかわからない状態だそうです。

買い物に行っても、昨日と同じものを買ってきても気づかなかったり、お金の小銭がいっぱ

いあるのに、札を出したり。

Photo_2

参加者の方の父親、母親が、今、そのような状態になってきているそうで、どうかなと

わからなかったが、お話を聞いて、すでに認知症が始まっているんだとわかりました。

と、おっしゃっていました。近くに相談できるところがないか、これからどうしていけば

いいかなど、講師の方に聞いておられました。

これからの日本は、超高齢化社会になるそうです。認知症を正しく理解し、講師の方のお話

をしっかりと頭に入れて、私たちは、もっと、サポーターを増やして、認知症の方を支えて

いきたいと思いました。

2015年11月11日 (水)

川崎市消費生活展

10月11日(日)川崎市消費生活展がJR武蔵溝ノ口自由通路にて開催されました。
今年のテーマは「快適生活 楽しい暮らし 楽しいヒント」で、いろんな団体が様々なテーマについて展示していました。
川崎エリアでは「知ってお得!体にやさしいくらしのヒント」をテーマに菜種油について展示しました。
原料である菜種の94%が輸入され、その内の98%が遺伝子組み換えである事に驚かれる方が多かったです。
展示を通して一般の菜種油と圧搾一番搾り菜種油の原料や作る工程の違いについても多くの方に知っていただけたと思います。

Fullsizerender

2015年8月13日 (木)

小田原産地交流 すっぱぁ~いみかんジュース

8月2日(日)神奈川県小田原市田島のみかん農家の石井さんのお宅に、摘果みかん収穫&ジュースづくりに行ってきました。

この日も朝から気温はグングン上昇⇧

参加している子どもたちのやる気ももちろん上昇気流に乗って、山肌のみかん畑にいざ出陣♪みかんの樹も気にはなるけど、至る所に蝉の抜け殻が・・・

石井さんから摘果の作業手順の説明を受けながら、「えかき虫」の葉っぱを見つけたり、みかんの天敵「カミキリムシ」を見つけたり。

Dsc_0693

石井さんと同じ年のみかんの樹にたわわに実っている可愛らしい緑の実の摘果作業。

Dsc_0697

葉っぱ25枚に対してみかんの実は1個。ちゃんと摘んでいかないと秋の収穫の時に適度な大きさに育たないとのこと。一生懸命実をつけたのに申し訳ない気持ちを込めて摘んでいきました。(あとでちゃんとジュースにして頂くからねぇ~)

Dsc_0698_2

Dsc_0696_2

みんなで黙々と摘んで籠に4杯分でギブアップ。30分ほどしか作業していないのに暑い暑い・・・

こんな大変な作業を石井さんは奥様と二人でなさっているとのこと。気の遠くなるような地道な作業があるからこそ、私たちにとって「美味しいみかん」が届くんですねぇ~

こんな軽い言葉じゃ申し訳ないけど、本当にご苦労様です!!!

自分たちで摘ませてもらった可愛らしい実は、石井さんのお宅の冷たい井戸水のお風呂でジャブジャブ、子どもたちに丁寧に(?)洗われ、

Dsc_0709

年季の入った絞り機でぎゅ~っと絞られてジュースに。

Dsc_0713

皮ごと絞ることで爽やかな酸味のあるみかんジュースが出来ました。そのままちょっとだけ味見をさせてもらうと、すっぱぁ~い(+_+)

砂糖を入れて火を通して、水で希釈して美味しいジュースにしたり、製氷機で凍らせてシャーベットにしたり、牛乳を入れてラッシー風にしたり。色んな楽しみ方があることを教えていただきました。

普段立ち入ることがないみかん畑での作業、そしていつも見るみかんとは違う姿を見ることが出来、恵みのジュース作りまで体験させて頂き、楽しい一日でした。

この暑い夏、自分たちが摘果した樹からきっと美味しいみかんが取れることを期待しながら、すっぱいみかんジュースで喉を潤したいと思います。

石井さんありがとうございました。

次回の小田原産地交流は秋です。みかんの収穫、行きたいです!

2015年7月21日 (火)

「親子で学ぶ平和めぐり」を開催しました

7月11日(土)、親子で学ぶ平和めぐりの企画が開催されました。当日は暑い中、12家族が参加し、明治大学生田キャンパス内にある、明治大学平和教育登戸研究所資料館を訪れましたsun

Img_3037_2 

まず最初に朗読劇「ヒマラヤ杉は知っている」を観劇しました。今から約80年前、1930年代の多摩・

登戸地域は自然豊かな農村でしたが、戦争によって次第に変わっていったそうです。

陸軍の秘密施設が作られ、そこでどんな事が行われていたのかという事を劇を通して伝えて頂きました。

歌あり、音楽ありの本格的な朗読劇で、内容も大変わかりやすく、子どもも大人もすっかり見入っていましたnote

Img_3042

その後、2つのグループに分かれてワークショップを行ないました。

明治大学平和教育登戸研究所資料館の塚本さんと、明治大学大学院生の石井さんにご説明いただきながら、風船爆弾に使用された和紙についてび、接着剤として使用したこんにゃく糊の粉末に触れたりしました

1437001520739

次にキャンパス内の登戸研究所史跡を案内していただきました。

正面に陸軍のマークのある消火栓や、ヒマラヤ杉並木のある旧本館一帯、動物慰霊碑

を巡りました。

Dsc_0665_2

1437001517837_2

の後、登戸研究所資料館にて各展示室を塚本さん、石井さんに解説していただきながら見学しました。

Img_3099

風船爆弾が和紙で作られていた事、約1万発もの風船爆弾作られた事等は驚きの連続でした。

展示室には10分の1の模型がありましたが、実際の大きさの風船爆弾の写真にも驚かされました。

この風船爆弾を作る為、大勢の女子中学生が携わっていたとの事です。

Img_3052

Img_3053 

偽札製造と中国における偽札使用について紹介された展示室では、精巧に作られた偽札に子ども達も興味津々eye

国際法で禁じられていた偽札製造は、当時の登戸研究所内でも極秘だったそうです。

Img_3061

最後に、火気厳禁の薬品庫として使用されていた倉庫跡を見学し、実際に中に入れて頂くことができました。

Img_3066 

今回の平和企画を通して登戸研究所について知る事ができ、知らなかった戦争の裏側を親子共々学ぶ事ができ、平和に対して思いを馳せる一日となりましたshine

WEB版weeklyどりーむぺいじ

Powered by Six Apart